モンベルのKAMICOトラベルソックスは革靴を履いたビジネスマンにオススメ!

ソックス
スポンサーリンク

こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。


5月も後半に差し掛かり、新卒で企業に4月に入社した人もそろそろ2ヶ月が過ぎようとしています。


いわゆる5月病を乗り切れたのか?気になります。ゴールデンウイークも挟みますし、疲れもあって、身体がすぐれない、なんてこともありますよね。


慣れないスーツとワイシャツ、ネクタイを締めて、満員電車に揺られて出社。足元は、履きなれない革靴。わかります。その大変さ!


わたしも何年も前に入社した時は、この時期とても疲れていたのを思い出します。まぁ、今も疲れていますけどねw


疲れはどこから来るか?色々あるとは思いますが、外回りをやられているビジネスマンなら、特に足元が疲れますよね。


わたしなりにその理由、2つあると思っています。


1.慣れない革靴で歩き回っているから

2.革靴に靴下があってない(足も汗を掻くと気持ち悪い)


特に、革靴だと蒸れが気になります。不潔にしていると水虫の温床にもなりますしね。水虫になったら最悪です。


ま、水虫は置いておいて、ちょっと考えなきゃいけないのは、足元の環境を快適に保つというのが、結構重要です。


慣れない革靴で歩き回るのは結構骨が折れる。痛いし。でもずーっと履き続ければ、馴染んでくるし、足も慣れてくる。


モンベルのアーバンクルーザーを履き始めた時は、足が慣れていなくて、とっても辛かった。今では全く問題ありません。

モンベルのアーバンクルーザー500|ビジネス&カジュアルでイケる靴はコレ!

これに限らず、革靴の履き始めは慣れていないので、ちょっと苦労します。


革靴に履きなれるまで、時間はかかりますが、これからの季節、足元の不快感が増えていきます。気温の上昇ともに、雨の多い季節になりますからね。


革靴では特に足元の環境が劣悪です。


とにかく蒸れやすい。


足が蒸れると臭いが発生して気分が悪くなるし、何より自分の足が気持ち悪いですよね。


出来れば、ビジネスマン、革靴を履いたとしても快適に過ごしたい。ストレスなく過ごすというのは、どこにいても、何をしてても思うもの。



革靴を履いたときの足元の快適性を左右するのはやはり靴下です。


世の中には、靴下が色々あるのですが、わたしはその中からモンベルの靴下をオススメしたいと思います。特に革靴を履くビジネスマン必見!


それが、モンベルのKAMICOトラベルソックスです!

スポンサーリンク

モンベルのKAMICOトラベルソックス〜紙糸でできた靴下

紙糸Plusで出来た、モンベルのKAMICOトラベルソックス

こちらがモンベルのKAMICOトラベルソックスです。KAMICOというのはモンベルのオリジナル素材、紙糸Plusのことです。


紙糸とあるくらいですから、この靴下、紙で出来ているのですw


詳しくはモンベルのホームページをどうぞ。


紙で出来た繊維だから、溶けてしまったり、すぐに破けてしまうんじゃないか?と思いがちですが、そんなことありません。意外と丈夫です。


モンベルではこの紙糸を使った製品をいくつも出しています。靴下以外にも、例えばわたしも持っている、ジャケットにも使われています。こちらもオススメ。

モンベルのKAMICOトラベルジャケット|大人の男なら、1着持っとけよ!

いろんなところに使われている、繊維なので耐久性もバッチリ。安心して普段使いができます。


まぁ、それほど自信がないと、紙の繊維で製品化なんて、できませんよね。


スポンサーリンク

モンベルのKAMICOトラベルソックス〜通気性バツグン!ビジネスマンにオススメ!

KAMICOトラベルソックス全容。至って普通の外観

このモンベルのKAMICOトラベルソックスをなぜ、ビジネスマンにオススメするかというと、理由は簡単です。


長時間履いても、蒸れない!


これに尽きます。


紙糸で出来ているので、普通の糸よりも通気性がいいのは想像できると思います。それに加えて、生地の編み方も通気性が良くなるように、少し緩め。

KAMICOトラベルソックスを試着。ピッタリフィット

実際わたしも、この靴下と革靴の組み合わせでよく出かけるのですが、この靴下じゃないときの靴の中の蒸れ、最強です!


モンベルのアイテムであまりダメ出しをしたくないところですが、こと足元の快適性を考えると、この靴下とは雲泥の差を感じます。

モンベルのサポーテックソックスは超優秀!耐久性も機能も抜群で経済的!

モンベルのサポーテックソックスもいいんですが、足元の群れを感じ始めると、KAMICOトラベルソックスの方に軍配が上がります。


もう一つ、靴下ということでは、ジオラインLWソックスというのがあります。


これですね。

ビジネスマンにおすすめ靴下!モンベルのジオラインL.W.インナーソックス

この靴下、通気性に関しては問題ないんですが、生地自体が薄く、耐久性に問題があります。


実際、あまり履いていないのにも関わらず、割と短期間で穴が空いてしまいました。耐久性は少し疑問です。

今度はジオラインインナーソックスに穴が開いた!耐久性はどうなのか?

で、それに比べると、感じる通気性は、負けず劣らずといったところ。


むしろ生地が少し厚い分、靴と素足との間の空間を確保できているので、その分群れが少ないようにも感じます(わたしの感覚ですので要注意)。


とにかく通気性と生地の厚さのバランスがいい、優れた靴下と思います。


だから、長時間革靴を履く、ビジネスマンにぜひ履いて欲しいと思います。わたしも最近、革靴での行動が多いので、KAMICOトラベルソックスの出番が多くなっています。

スポンサーリンク

モンベルのKAMICOトラベルソックス〜ロゴが入っているのが目立つ?

KAMICOトラベルジャケットを履いたときの足の甲

写真でお分かりのように、足の甲というよりは、指の上くらいといった方が正しいかもしれません。


他のモンベルアイテム同様、「mont-bell」のロゴがしっかりプリントされています。


靴脱いだときに、ロゴが目立って恥ずかしいじゃないか?!と宣うあなた、写真をみてください!割と控えめじゃないですか?


そう、モンベルにしては、割と目だたないロゴ。


それが意外とありがたかったりするんです。だって目立つんだもの。。。モンベルのロゴ。


ま、履いてしまえば、あとは革靴を常備しているわけですから、ロゴなど全く見えません。


気の持ちようかもしれません。


スポンサーリンク

モンベルのKAMICOトラベルソックス〜とにかく一度、履いてみてください!

わたしも、フォーマルなスーツを着て仕事していることが多いため、革靴は標準装備です。


革靴には慣れてきましたが、蒸れは厄介です。


あまり気分が良くないんです。


せめて靴下は、通気性バツグンのものを使いたい。その時に重宝するのがKAMICOトラベルソックスです。


さあ、ビジネスマン諸君、そろそろモンベルに行きたくなったでしょう?え、そんなことはない?と、とにかく一度履いたら病みつきになる、モンベルの靴下、また新たな相棒が増えました。


最近は最もお気に入りの靴下がコレになりました。


長く使っていけたらいいなぁ、と思うとお同時に、もっと導入しておけばよかったなぁ、と後悔しております。


それでは、また!

コメント