ミニマリスト、モンベルのマイクロタオルをメガネ拭きに使っている理由

モンベル
スポンサーリンク

こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。


眼鏡と名乗っている通り、普段は眼鏡です。寝るときとお風呂のときはさすがに外していますが、ほとんどメガネです。


コンタクトレンズをしていた時もありますが、目が痛くて止めました。そしてコンタクトって、結構コストがかかるんですよね。


眼科代、レンズ代、洗浄液&保護液代などなど。最初はメガネなしの生活を嬉々として送っていたのですが、維持管理が面倒くさくなってやめました。


ミニマリストというよりは、ただ面倒くさがりなだけかもしれませんw


メガネの話ですね。


メガネも維持管理する必要が全くないアイテムではありません。レンズが汚れてくると、見辛いので、こまめにレンズについた汚れを拭き取る必要があります。


最低でも1日1回は拭き取る必要があります。コレも面倒くさいですよね。一応、この煩わしさから解放されたいという野望があるので、こんなことも考えています。

ま、コレは何ということで。焦っているわけではありませんから、じっくり考えてそのタイミングを見計らっていきます。


メガネの手入れ、汚れを拭き取るためには、クリーニンググッズが必要です。わたしはティッシュでやるよりも、クリーニングクロスでやる方が好きです。


メガネを買うと、メガネ屋さんから大体もらえる、布。


コレで拭き取れば、汚れたメガネも綺麗さっぱりします。


メガネ屋さんからもらったクロスでもいいんですが、対外宣伝のために、ロゴが入っていたりするので、ちょっと違和感を感じるんですね。


わたしとしては、どうせロゴが入っているなら、モンベルにしたい。ということで、メガネ拭きをモンベルのアイテムから選んで使います。


今回、ベストなアイテムを見つけたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

モンベルのマイクロタオル〜超吸収、超速乾、高機能タオル

モンベルのマイクロタオル。フェイスタオルサイズがこんなにコンパクトに!

こちらがモンベルのマイクロタオルです。モンベルも種類豊富ないろいろなタオルがあります。


こちらはどちらかというと、高機能タイプのタオルです。中でもこちらのタオルは、吸水性と速乾性に優れたタオルです。そしてめちゃくちゃ薄い!


とても薄いので、ミニマリストの心情にビビッと訴えかけるものがありますね。

こちらのタオル、わたしはどちらかというと生活の中で、ちょっと手を拭く、とか、ハンドタオル的な使い方が多いです。


濡れてもすぐ干して乾かせば、乾きが早いので、知らぬ間に乾いている。なんていう感じです。


以前にもこんな記事を書いておりますので、宜しければ覗いてみてくださいね。

ミニマリストのこだわり極薄、吸収、速乾タオル。モンベルのマイクロタオル


そのあとマイクロタオルを使って、バスタオルの代わり、とか、ボディタオルの代わり、とか色々やってみたんですが、わたしの中では、それらの代わりにはならないなぁ、と実感しました。


バスタオル、そしてボティタオルは別のものを使っています。ひとつで全てを賄おうとするのは、ミニマリストといえども、なかなか難しいです。


とにかく吸水性、速乾性に優れた、モンベルのマイクロタオル、実はそれだけの機能で終わらせるのは、非常にもったいないことに気づいたんです。


それが、メガネクリーナーメガネ拭きとしての役割です。

スポンサーリンク

モンベルのマイクロタオル〜肌触りがメガネ拭きに似ている→メガネ拭いちゃえ!

モンベルのマイクロタオル。ブルーとイエローの色違い

本来、コレでメガネを拭くものではないんですが、いけるんじゃね!?と思ったんです。


というのも、さっき上で書いたメガネクリーナー、布と、モンベルのマイクロタオルの質感が非常によく似ているんです。


メガネを拭き取る専用のものではないかも知れませんが、長年のメガネ使用者としての感覚が、いけるのではないか?使えるんじゃないか?と思いました。


それならば、やってみよう。


やってみると、結構いい!汚れも落ちるし、メガネを傷つけません!コレはいいじゃないか?


メガネの汚れを取るのに適していた、モンベルのマイクロタオル。ポイントは2点あると思います。


・きめ細かい生地(繊維)が、汚れを絡め取りやすい

・表面がツルツル肌触りなので、相手を傷つけない


メガネのレンズ、最近はほとんどプラスチック製のため、下手な使い方をすると、キズがついてしまうことがあります。一旦キズがついちゃうと、メガネは見えづらくなってしまうので、キズは避けたい。


なるほど、ここに秘密があったのか?!


スポンサーリンク

モンベルのマイクロタオル〜なぜ、クリーニングクロスだとダメなのか?

メガネを拭くという、専用アイテム、実はモンベルにも、そういうものがあるんです。


当ブログでも以前に紹介したことがあります。それはモンベルのクリーニングクロスというアイテム。

モンベルのクリーニングクロス|メガネの汚れを残らず拭き取る秘密

こちら、例えばモンベルで取り扱っているサングラスや、スキーの時のゴーグルとかのお手入れをするときに使うアイテムです。


メガネを拭くのなら、専用のものがいいと考えますよね。クリーニングクロスを導入してしばらくコレを使っていたのですが、いくつか気になる点が出てきたんですね。


それがこの2点。


・洗濯したら縮んでしまった。

・メガネを拭くと、抜けた繊維?がグラス表面にくっ付く


洗濯したら縮んでしまったというのは、こんな感じです。

ヨレヨレになってしまった・・・

そして、新品のときのがこんな感じ。折り目が新鮮さを表しています。

モンベルが悪いわけではありません。洗濯の仕方が良くなかったんだ・・・。工夫してなんとか、元の状態に戻らないか?試してみたんですが、往年を取り戻すことはできませんでした。


そしてもう一つ、厄介なのが、メガネを拭くと、細かい繊維みたいなものが、レンズ表面にくっついて、なかなか取れないんです。


理由はよくわかりませんが、吸着する感じです。


この2点がストレスになってしまって、クリーニングクロスを使うのを辞めてしまいました。つまり、捨てることにしました。


マイクロタオルがメガネの汚れを取るのに使える、のならば、お気に召さないものはすぐ捨てるのが、ミニマリストへの道の鉄則です。


ということで、現在はメガネのお手入れをマイクロタオルでやっています。

スポンサーリンク

マイクロタオルの役割をもっと拡大させたい!

今までは手を拭いたり、顔を拭いたりくらいしか使ってませんでしたが、モンベル のマイクロタオル、意外な使い方ができることがわかりました。


他にももしかしたら、使えるところがあるんじゃないかな?って思います。


ミニマリスト、生活を俯瞰して、どこか無駄にしていないか?このタオルで賄える行動があるんじゃないか?を見つけていきます。


それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました