ミニマリスト、モンベルのトラベルワレットをミニバッグとして使う!

アイテムレビュー
スポンサーリンク

こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。


モンベルの情報を発信していきたいと考えている、ミニマリストのブログですが、最近モンベルネタを殆ど発信できてません。


いいわけですけど、モンベルの店舗が近くにないから、新しい情報を仕入れることができなくなっています。


よくよく考えたら、いつも新しいモノをブログ発信するのって、難しいし、そんな必要、全然なかったんですよね。


モンベリスト、モンベルに囚われてしまって、自分を見失っておりました。反省しております。


さて、引っ越しもして、日本を離れ、海外で生活するようになりました。そうなると生活スタイルも少し、いやかなり変わってきます。


本来なら、生活スタイルの変化とともに、持ち物もその時々で変えていくのがミニマリストらしいなぁ、と考えています。


モンベルもそれに合わせて取捨選択、といきたいところですが、上でも書いたように、気軽にアイテムをゲットできる環境にありません。


ここは手持ちのモンベルを何とか今のライフスタイルに合わせ込んでいく、そして活用していくのが大事だと考えています。


ということで、今回はモンベルのトラベルワレットに脚光を浴びせたいと思います。

スポンサーリンク

モンベルのトラベルワレットをおさらい。パスポートやカードをたくさん収納できる

モンベルのトラベルワレット。ちょっとした小物入れに。

こちらがモンベルのトラベルワレット。本来は、その名の通り旅行用財布が正しい使い方。例えば海外旅行した時に、パスポートやカード、財布なんかをここにいれておくと便利です。


モンベルはこれくらいの大きさですが、他社でも似たようなトラベルワレットというアイテムがあります。例えばコレ。

みんな大好き、ノースフェイスのトラベルワレット。質感も良さそうだし、何より人気のアイテム!しかしわたしはモンベルを推しますw


わたしは本来の使い方ではなく、普段持ち歩かない、カードやパスポートの保管用バッグとして今まで、トラベルワレットを活用していました。

モンベルのトラベルワレット|パスポートやカード、大事なモノ収納に

ミニマリスト、モノが少ない状態が進んで、手持ちのカードの類もすごく少なくなりました。ですので、トラベルワレットに全部集約することができたんです。


という感じで、どちらかというとアクティブに使い倒す方のアイテムではなかったんですね。そういう意味では殆ど使ってないアイテムに近いです。


これはいかん!ミニマリスト、アイテムは使いこなしてナンボ。


飾りじゃないのよ。涙(モノ)は。


このワレット、結構収納力があるのはわかっているんです。しかしミニマリストですから、持ち歩くものは必要最低限でいい。


となれば、実はこれをミニバッグとして使えばいいんじゃね?と考えました。

スポンサーリンク

ミニマリスト、バッグはひとつでいい。でもね・・・

わたし、普段はどんなバッグを使っているかというと、言わずと知れたモンベルのトライパック。30Lタイプです。


ビジネスでもカジュアルでも、どちらでも使えるし、泊まりもいける容量を誇る、まさに万能バックパックです。


ほぼこれさえあれば、日常生活は大体まかなえます。

モンベルのトライパック|ミニマリストおすすめの多機能ビジネスバッグ!

それはその通りなんですけど、時々思うことがあります。


大きすぎるなぁ・・・


大は小を兼ねると言いますが、ミニマリスト的には、小よく大を制するというのを実践したいなぁという想いがあります。


それなら、モンベルのトラベルワレットをミニバッグとして使ってみてもいいんじゃなかろうか?と思い始めたのです。

スポンサーリンク

海外での生活で盗難防止を考えたら、バッグは小さい方が良いかも!?

実はもうひとつ、ミニバッグにするメリットがあるのですが、それは盗難防止です。


ここドイツはスリが多いということをよく耳にします。


ヨーロッパでも治安は悪い方ではないので、強盗はあまり耳にしません。が、その代わりと言っては何ですが、スリが多いとか。


わたし自身はまだスリの被害にあっていませんが、近くでも被害にあった人の話を聞いたりします。割と身近な話題です。


まぁ、盗られてしまったらもう仕方ないんですが、出来れば予防保全はしておきたいですよね。


バックパックなら大丈夫!なんとなくそう思いがちですが、逆なんです。


なんと、知らない間にバックパックのファスナーを開けられて、気がつかないうちにバッグの中のものをとられた!という手口も多いとか。


むしろ後ろに背負うのではなく、前に抱える方が、被害は少ないそうですw


バックパックで街中を歩くときは、常に後ろを気にして歩いた方が良いそうです。そう考えると、バックパック+日本人の組み合わせは、かなり狙われやすい。


地元民じゃないというのがわかると、狙われる確率が上がってしまいます。まぁ、気をつけていても、やられる場合があるそうですけどね。


そうなるといつもビクビクしながら、街を歩くのもなんだか嫌ですよね。となれば、カバンなんか持たず背負わずに、手ぶらで歩くのがミニマリスト的にもいいんですが、どうしてもそうもいかない時があります。


ちょっとしたモノを持ち歩きたい!というときもありますよね。そんな時に、モンベルのトラベルワレットを活用すればいいんです。ミニバッグとして。

スポンサーリンク

ミニマリスト、モンベルのトラベルワレットをミニバッグとして使う

紐がついているので、肩掛けにできるモンベルのトラベルワレット。調節も可能。

というわけで、盗難防止と少ない荷物を持ち歩きたい、そしてモンベル。と3拍子揃ったモンベルのトラベルワレットをミニバッグとして使っていきます。


このワレットの得意とするところは、カードやパスポートなどの、出来るだけ薄くて、サイズが小さいものを運ぶのに適しています。


わたしが普段持ち歩いているものを考えると、


・スマホ

・ハンカチ

・鍵

・財布二つ(小さい財布と小銭入れ)


これだけだったら、何もバックパックを担いで自らを危険に晒すような真似を線でもいいわけですよね。


モンベルのトラベルワレット、思わず活用の道が拓けてきました。


手ぶらじゃ、やっぱり落ち着かないなぁ、とか思ったら、まずはミニバッグを使ってみるのもいいと思います。


それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました