2018年モンベルで買ってよかったものランキングベスト10

オススメ
スポンサーリンク

こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。

年の瀬も迫ってきましたね。明日はクリスマスイブ。お子さんのいるご家庭では、お父さんお母さんが、子供たちへの「プレゼント」で奮闘されていることではないでしょうか?

そんな中、わたしは平穏無事に週末を迎えております。

きっと、「子供のために」頑張っていらっしゃる中、自分たちへのプレゼントは後回しになっていませんか?そんな、お父さん、お母さんたちに、モンベリストからプレゼントです。

といっても、たいしたものをプレゼント出来ません。プレゼントしようとしているのは、やっぱり、モンベルです。

この1年、モンベリスト、いろいろなモンベルのアイテムをレビューし、発信してきました。まだ、自分たちへのご褒美がまだだよ、という方々に、お送りしたいと思います。

あなたが相手に送りたいものが、モンベルだったらいいなぁと。

今回は、2018年、わたしの独断と偏見ではありますが、モンベルで買ってよかたモノをランキング形式でまとめました。ちなみにこの企画、去年もやっております。


2017年版をご覧になりたい方は、こちらをのぞいてみてくださいね。

2017年モンベルで買ってよかったものランキングベスト10

それでは、参ります!

スポンサーリンク

2018年!モンベルで買ってよかったもの・第10位〜ラップランドストライダー

ラップランドストライダー。今はもう無い、MEN’sカラー

第10位は、ラップランドストライダーです。

本格的な登山靴を普段履きしてしまおう!ということで、春のフレンドフェアで購入したローライズシューズです。

旧モデルとはいえ、平地のウォーキングから低山登山まで幅広くこなせるのは、大変便利です。もちろん、普段から着用しています。

グリップ力がとても高いですし、登山靴ならではの靴底の厚みがありますから、長時間のウォーキングでの疲労軽減にも効果ありです。

夏の間は、この靴履いて、ロングウオーキングなんかもやってました。最近はご無沙汰してますけどね・・・。

これを履くと、「さあ、前に向かって歩いてゆこう!」と前向きな気持ちにも、少しなれますよ。不思議と。

ラップランドストライダーのレビューはこちらです。

モンベルのラップランドストライダー|高グリップでウォーキング革命!登山靴
スポンサーリンク

2018年!モンベルで買ってよかったもの・第9位〜ストレッチデニム12oz

ステッチが特徴的な、モンベルのストレッチデニム12oz

第9位は、ストレッチデニム12ozです。

パンツといえば、ど定番のデニム。アウトドアブランドのモンベルから、ジーンズ&デニムのパンツなんてあるの?って、知ってました?

わたしも恥ずかしながら、モンベルでデニム&ジーンズのズボンがあるなんて、知りませんでしたよ。イメージ的にありそうに思えませんものね(モンベル様、すみません)。

モンベルのストレッチデニム12ozですが、特段他のメーカーのデニムと特徴があるわけではありません。

デザインは、ストレート、流行りのスキニータイプ(ぴったり目)でもありません。まさに定番!でもこういう、定番のものがあると、毎日の服選びも煩わしくありませんよね。

ミニマリスト界隈では、「私服の制服化」を実践する人もいますが、このジーンズ&デニムパンツなら、「私服の制服化」に一役買ってくれますね。

ジーンズ&デニムの汎用性の高さは、周知のことだと思います。モンベルであっても、それは変わりません。

ストレッチデニム12ozのレビューはこちらです。

モンベルのストレッチデニム|ジャケットにもシャツにも合わせやすい
スポンサーリンク

2018年!モンベルで買ってよかったもの・第8位〜コアスパンオックスフォードボタンダウンシャツ

シンプルなオックスフォードシャツ。

第8位は、コアスパン オックスフォードボタンダウンシャツです。長い!

長いので、オックスフォードシャツとしますね。すみません。

モンベルの高機能繊維「コアスパン」搭載の、オックスフォードシャツです。肌触り良く、シンプルないでたちがとても気に入っています。

速乾性に優れているので、夜に洗濯部屋干して、朝には乾いているという、驚異の生地でです。わたしはこのシャツを持って、アメリカへ出張しましたが、乾きが早くて本当に助かりました。

モンベルだけ持って海外で1週間生活!帰国してわかった4つのポイント

カジュアルに普段着として着るのもよし、フォーマルには向きませんが、少しビジネスっぽく着るのもアリです。

先ほど書いた、ストレッチデニムとオックスフォードシャツの組み合わせなら、普段の生活で困ることはほとんどありません。「私服の制服化」にも一役買ってくれます。

コアスパン オックスフォードボタンダウンシャツのレビューはこちら。

モンベルのオックスフォードシャツ|カジュアルもビジネスもよし!
スポンサーリンク

2018年!モンベルで買ってよかったもの・第7位〜H.Cマルチラジオ

FM&AM対応。ダイヤルでチューニングするトラディショナルなラジオ。

第7位はH.Cマルチラジオ。

多機能な防災ラジオです。手回し充電器とソーラーパネルがついているので、電池がなくとも作動させることができます。

またUSB接続可能で、充電&給電もできるので、スマホなどの充電も、頑張ればできます。

わたしはご存知のように、テレビを持っていないので、情報収拾源は専らネットとラジオになります。

昔から、AM、FMのラジオを聴きながら、「ながら作業」するのが好きだったので、音楽聴いたり、トーク&ニュースを聴いたり、普段から重宝しています。

もちろん、防災ラジオなので、ラジオ以外にも、ライトとして、充電器としても使うことができます。災害の多い日本では、ミニマリストとはいえども、こういう防災グッズは持っておいても損はないかもです。


モンベルのH.Cマルチラジオのレビューはこちらです。

日常&非日常で活躍|モンベルのH.C.マルチラジオは多機能
スポンサーリンク

2018年!モンベルで買ってよかったもの・第6位〜ライトスタッフバッグ20

ライトスタッフバッグ20に衣服を詰めたところ

第6位はライトスタッフバッグ20です。

スタッフバックはこの中になんでも入れられるのが、特徴です。柔らかいものなので、中身のものに合わせて変幻自在です。

わたしはこれを何に使っているかというと、枕&タンスとして使っています。どちらも毎日使うアイテムですので、わたしの中では非常に汎用性が高いアイテムです。

わたしの今の服の数、枕の高さ、幅、がちょうど良いのがこのスタッフバッグ25なんですね。当初、別のスタッフバッグで枕に代用していたのですが、ちょっと頭に合わなかったんです。

こちらにしてからは、涙で枕を濡らすことはあっても、高さが合わなくて、不快な思いをするのは無くなりました。

仮に涙で枕を濡らしたとしても、サッと拭けば汚れが取れる素材なので、無問題です。

タンスはなくても、このふくろにきちんと折り畳んでしまえば、ちゃんとした枕になります。ぐちゃぐちゃに入れると、調節が難しいので、折りたたみ推奨ですw

かえって、きちんとおりたたむ習慣が身につくので、いいかもしれませんね。

魅惑のスタッフバッグのレビューはこちらです。

モンベルのライトスタッフバッグ20|枕とタンスにちょうど良い大きさ
スポンサーリンク

2018年!モンベルで買ってよかったもの・第5位〜ロングテイルトレッキングアンブレラ

トレッキングアンブレラ。ロングテイル部分は、右側になります。

第5位は、ロングテイルトレッキングアンブレラ、傘です。

モンベルの傘は、総じて「軽量」折り畳み傘ですが、その中でも特徴的なのがこのロングテイルトレッキングアンブレラ。

購入の決め手になったのは、この「ロングテイル」の部分にあります。上の写真の右手側、なんか違和感を感じませんか?

そうです、左と右とで非対称になっているんです。傘は大体六角形か八角形か、になっている場合がほとんどですが、これは違います。

つまり長くなっている部分はどんな時を想定しているかというと、背中にリュックサック&バックパックを背負っている時に、ザックが濡れないようにケアする目的で、あえて後ろが長くなっているんですね〜。

わたしのメインバッグはトライパック30なので、当然雨の日も背中に背負うことになります。ロングテイルであれば、バックパックが濡れるのをある程度防げますしね。

この傘のコンセプトに触れてモンベルの使う人への「思いやり」をすごく感じた、いい製品だなぁと思いました!!

ロングテイルトレッキングアンブレラのレビューはこちら。

ビジネスマンにおすすめ折り畳み傘|モンベルのロングテイルトレッキングアンブレラ
スポンサーリンク

2018年!モンベルで買ってよかったもの・第4位〜KAMICOトラベルジャケット

KAMICOトラベルジャケットの前ボタンは3つ。

第4位は、KAMICOトラベルジャケットです。

モンベルはアウトドアなイメージが強いので、クロージングを普段着として使うと、行動着ばかりになりがちです。いや、それでも問題ないんですけどね。

人と会うのでなければ、全然okですし、気のおけない友人や仲間なら、それでもいいんですが、カジュアルでも少しフォーマルに決めたい時もありますよね。例えば、デートとか、初対面の人に会うとか。

わたしもなんだかんだ言って、四十不惑を迎える年になってきたので、身なりは整えておきたいですからね。

そんな時に身を引き締めるのが、「ジャケット」の存在。そのジャケットがモンベルにもある!と見つけた時は、驚愕でした!

KAMICOトラベルジャケットは、その名の通り紙糸素材でできたジャケットです。通気性抜群で、初夏から来ても割と涼しくて大丈夫です。

冬に来ても問題ありません。中にワイシャツ、例えば上に出てきた、オックスフォードシャツと合わせれば、寒くないです。インナーシャツには、ジオライン、あるいはすーパーメリノウールを仕込めば、充分お釣りがくるでしょう。

とにかくこれを着て、街に出ると、身が引き締まるし、楽しくなってきますねw

KAMICOトラベルジャケットのレビューはこちらです。

モンベルのKAMICOトラベルジャケット|大人の男なら、1着持っとけよ!
スポンサーリンク

2018年!モンベルで買ってよかったもの・第3位〜ウッドハンガー(非売品)

mont-bell の刻印がかっこいい!ウッドハンガー

第3位は、ウッドハンガー(非売品)です。

全てのものをモンベルにするぞー!と活動を開始し、実際にいろんなものをモンベルに置き換えていったわけなんですが、一番困った事態になったのが、そう。

ハンガーがない、んです。

ハンガーなんて、世の中にたくさん売っているんですが、モンベルにはない。ミニマリスト、ハンガーないなら、ハンガーなしで生活してやろうじゃないか?!と意気込んで、しばらくやってみたんですが、無理でした。

無理な理由は何かというと、

・シワになるシャツ類は、ハンガーに吊るしておきたい

・アウターやスーツも、シワにならぬよう、吊るしておきたい

ハンガーがないと、洗濯物を干せない

一番困ったのが、やっぱり「洗濯物を干せない」というのがかなりキツかったです。洗濯紐だけで干してみたり、いろいろやってみたんですが、やっぱりダメで。

ハンガーの偉大さを、改めて感じました。ハンガーを発明した人に、敬意を表したい。それくらい、わたしたちの日常生活においては、とても重要なアイテムなんだってことを。

モンベル縛りをしていなかったら、きっとハンガーのすごさを感じられずに一生を終えていたでしょうね。

まぁ、それはいいとして、ハンガーは生活必需品ということが、明確になった以上、ハンガーを何とかモンベルから入手できないか?と考えていたんです。

ですが、モンベルではハンガー、売ってないんですね。売り物じゃないんです。

モンベルショップでは、モンベル刻印の入った専用のハンガーで衣類が陳列されています。あれをなんとかゲットできないかなぁと、思っていたんですね。

いっそのこと、ショップの店員さんに、「ハンガー譲ってくれませんか?もちろんお代はお支払いします」と申し出るところでした。

そんな時、とあるモンベルショップの在庫処分セールで見つけたんですね!モンベルのハンガーを!見つけたのは、こちらの店舗です。

モンベル東京京橋|都内最大級さすがの品揃え!大きなビルの2階建て

ちょっと運命を感じましたよ、本当。

これで長年の課題だった、「ハンガーもモンベルにする」を解決できました。本当にラッキーでしたね。

ハンガー自体の構造はとってもシンプル。ウッド(木製)なので、気のぬくもりが感じられますし、一本一本に味があります。


また、ハンガーに「mont-bell」の焼印が押されているのが、結構カッコいいと思うんですよね〜。

機能的には一般的なハンガーと比べて、特筆するところはありません。

このウッドハンガーを見つけたら、またリピートして買いたいです。

モンベルのウッドハンガーのレビューはこちらです。

モンベルで普通に売ってないウッドハンガー|店頭在庫を狙え!
スポンサーリンク

2018年!モンベルで買ってよかったもの・第2位〜ライトシェルジャケット

安定、定番のウインドブレーカー。ライトシェルジャケット

第2位はライトシェルジャケットです。

少し肌寒い時期になると、風の冷たさが気になります。風を遮る何かが欲しいですよね。ウインドブレーカー的な何かがあると、年中活躍できます。

まぁ、真夏でもエアコンの風から身体を守りたいものですけどね。

https://wimpy-glasses.com/2018/08/19/mont-bell111/

モンベルにもウインドブレーカーの役割を果たす、ウエアはいくつかありますが、わたしはその中でもオススメしたいのが、このライトシェルジャケットです。

汎用性の高い、飽きのこないデザイン。ザ・定番ウインドブレーカー。他にも高機能なもの、特徴的なもの、いろいろあるんですけど、定番なものを選びました。

モンベルでは「ソフトシェル」と呼ばれているウインドブレーカー、候補を3つに絞って、最終的に残ったのが、ライトシェルジャケットです。その顛末はコチラで書きました。

モンベルのソフトシェルをレビューして欲しいもの3つ選んでみた!

今では、幅広く活躍してくれています。冬も例えば、こんな感じでバリエーション豊富に運用しています。

ライトシェルって、外でも着ていけるし、インナーとしても使えるし、そして室内でも切られるし、とても万能なんですよね。

ダウンジャケットや、ライトシェルを室内で!?って思うかもしれませんが、やってみるとすごく暖かくて、着心地がいい。

むしろ今まで、なんでこんないいものを部屋で使わなかったんだろう!と超反省しております。無理して寒い部屋で、ガタガタ震えていなくったって、いんんですよね。

ライトシェルジャケットのレビューはこちらです。

モンベルのライトシェルジャケット|ロードバイクにも使えて便利!
スポンサーリンク

2018年!モンベルで買ってよかったもの・第1位〜ダウンライナーコート

今年栄冠に輝いた、ダウンライナーコート。膝上まで隠れるロングタイプ

そして、2018年、第1位に輝いたのが、ダウンライナーコートです!

冬の間は、ダウンジャケット一択でもいいんですが、ビジネスシーンでダウンジャケットを着るとどうでしょう?

自分はいいかも知れませんが、相手の受け取り方によっては「失礼な奴」と印象を与えてしまう場合があります。

個人で仕事をしているなら、それでもいいんですが、わたしは一介のサラリーマンです。わたしの外見のせいで、会社に影響を与えてしまうのは避けなければいけません。

ええ、仕方ないんですけどね。

そういう事情もあって、身だしなみにはある程度気をつけていますが、それでもできるだけモンベルを使いたい!と考えているんです。

コートを購入するなら、ビジネスでもカジュアルでも、日常的に使えるものがいい!と考えて、導入に踏み切ったわけです。

で、これ、本当に買ってよかったです。ビジネスシーンではもちろん、違和感なく着ていけますし、何よりとても暖かい。

コートの内側はダウンジャケットなので、暖かさは抜群です。

そして、インナーダウンは外すことができるんですね。外したアウターコートは、寒くなってきた秋や、少し暖かくなってきた春先に羽織ることもできます。

ダウンジャケット兄弟。左がインナーダウン。右はスペリオダウンジャケット

また、インナーダウンは、部屋着として、普段着として、単体でも使えるようになっています。

ちょっとコンビニ、ちょっとスーパー、ちょっと郵便局、なんていうときにインナーだけ羽織っていってもいいですしね。使い方、千差万別、広がりますね。

今年一番のヒット賞はダウンライナーコートで間違い無いでしょう。

ダウンライナーコートのレビューはこちらです。

モンベルのダウンライナーコート|3in1大好評!ビジネスOK!超暖!
モンベル mont-bell ダウンライナーコート #1101579 ブラック
スポンサーリンク

まとめ

2018年モンベルで買ってよかったものをランキング形式で、ベスト10をまとめました。いかがでしたか?

ランキングから漏れてしまったアイテムも沢山あります。他のものもどれもいいアイテムばかりですが、泣く泣くランキング外としたもの、結構あります。

来年もモンベルランキングはやっていきたいと思っています。乞うご期待ということで、お待ち頂ければ幸いです。

あなたへの良きクリスマスプレゼントになりますように!

それでは、また!


コメント

タイトルとURLをコピーしました