モンベルのオックスフォードシャツ|カジュアルもビジネスもよし!

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

先日出張で、海をわたり渡米しました。目的はビジネスです。サラリーマンをやっているとたまにこういうことがあるんですよね。ビジネスですが、飛行機はビジネスではなく、エコノミー(-_-)

ビジネスシーンでは当たり前ですが、服装は基本的にはスーツにネクタイ。これは万国共通の服装です。

ビジネスを意識して、かっちりスーツで臨みましたが、アメリカは自由の国。現地人は以外とラフな服装。完全カジュアルとまではいかないまでも、ジャケットにシャツ、ノーネクタイといういでたちが多い印象でした。

日本人のわたしのようにガチガチなビジネススーツにネクタイっていう現地人は、今回訪れたなかではあまり見かけませんでした。ちょっと拍子抜けした感じです。

しかも現地人、スーツでなくても、背が高く、体格もよくて、カッコいい。同姓のわたしから見ても、男性は様になっている印象を受けました。

わたしはもちろんメガネでスーツの典型的な日本人。ちょっと浮いてたかもしれません。ま、気にしないことにしましょう。

短期滞在とはいえ、スーツは何着も持ちたくありませんので、1着のみです。しかし、なかに着る下着とワイシャツはできれば替えは欲しいところ。しかし、完全フォーマルというシーンばかりではなく、移動時間もかなり多いと予想できていたので、普通のワイシャツでなくてもいいのではないか?と思ってました。

完全にカジュアルっぽくないシャツはないものか?もちろん、モンベリストですから、モンベルのクロージングの中で、使えそうなシャツがないか探していました。

そこで見つけたのがコチラ。モンベルのオックスフォードボタンダウンシャツです。

モンベルのオックスフォードシャツはカジュアル、ビジネス両方使える

こちらがモンベルのオックスフォードボタンダウンシャツ。色はホワイトとブルーの2種類あるのですが、わたしは今後の両用を考えて、ブルーにしました。

シンプルで飽きのこないデザインです。このオックスフォードボタンダウンシャツとジーンズの組み合わせでも、全くおかしくないですし、ジャケットを上から着ても問題ありません。

そして、シンプルなカラー&模様なので、ビジネスシーンでのワイシャツ代わりに使っても全く問題ありません。実際、わたしは今回、公的なフォーマルシーンでは普通のワイシャツとネクタイをして活動しましたが、移動中や、現地人との食事とかでは、こちらを着用しました。

わたしの自己満足かもしれませんが、オックスフォードボタンダウンシャツをワイシャツがわりに着ても問題はなかったと思います。

普段はカジュアル。ネクタイをつければちょいフォーマルに早変わり!

オックスフォードボタンダウンシャツは割りとカッチリしているので、ネクタイをつけても違和感ありません。しっかりアイロンかけてあれば、気にならないです。

もちろん、ノーネクタイでよければ問題ありませんが、どうしてもつけなくてはいけないときに、つけられないようでは困りますよね。

襟元が大きいのでそんな心配は御無用です😂

もうひとつの機能|速乾性のコアスパン生地。手洗い一晩で乾いた!

オックスフォードボタンダウンシャツにはもうひとつ、優れた機能があります。それは速乾性です。今回の旅のテーマには、必要最低限のモンベル装備で、うまく立ち回れるかどうか?も含まれていました。

>>関連記事

下着もそうですが、ワイシャツもできれば枚数を絞りたい。となると、このシャツも洗濯する必要が出てきます。オックスフォードボタンダウンシャツコアスパンという速乾性に優れた繊維を使っています。それなら、手洗いしてみよう!ということでやりました。

まず、やってみよう!の精神ですね(^^)v

ホテルにチェックインして、シャワーを浴びる際に、このシャツも一緒に手洗いします。洗濯機はないので手絞りで、骨が折れますが、仕方ないです。

そして、一晩干してみたところ、あら不思議。完全に乾いておりました!これはすごい!

次の日もこのシャツを来て行動したのは言うまでもありません。全く問題なかったです。写真をとるのを忘れてしまったので、証明できませんが・・・

ボタンにはモンベルのロゴがあしらわれていて、さりげなくPR

前身頃のボタンや、袖のボタンをよく見ると、全てにmont-bellのロゴが入っています。モンベル製品はなにかしら、ロゴが入っていて、ロゴの存在が目立つものが多いのですが、オックスフォードボタンダウンシャツはほぼボタンだけ(前ポケットの横に小さくモンベルのロゴあり)です。

ビジネスシーンだとロゴのないものが基本なので、目立たなくしているのはポイント高いと思います。この点も、カジュアルだけでなく、ビジネスでも使えるシャツとみなすことができます。

わたしは今後このシャツをビジネスシーンだけで使うつもりはなく、基本的には普段着、カジュアルに使うつもりです。ビジネス用のワイシャツは既に持っているので、こちらを使えば基本ことが足ります。今回のようにビジネスで長期滞在が予想されるときには、このシャツを活用するつもりです。

オックスフォードボタンダウンシャツのデメリットは?

メリットばかりでなく、デメリットについても書くのがわたしの流儀。オックスフォードボタンダウンシャツのデメリットについて、以下にまとめました。

・色は2種類のみ
・シワになりにくいが、ビジネスではやっぱりアイロンをかけた方がいい
・少し厚手なので、夏場は暑さが厳しいかも

色はまぁ、仕方ないですね。

このシャツは、シワになりにくいようで、実際洗濯してみても、シワができにくかったのですが、ビジネスでしっかり使うなら、身だしなみとしてアイロンを少しかけた方がいいかもしれません。気になる人はかけていった方が無難ですね。

あと、今回は冬場での着用だったので問題ないですが、生地はワイシャツに比べて暑いので、夏場の着用はやはり厳しいです。

日本の暑い夏を乗り切るなら、素直に半袖のシャツにした方がいいでしょう。

まとめ

モンベルのオックスフォードボタンダウンシャツをビジネス用に使いました。完全フォーマルでなければ、違和感を与えることなく使えると思いますし、もちろんカジュアルで使える、使い勝手のいいシャツです。

速乾性にも優れているので、少ない荷物でもこれを1枚持っていって現地で洗濯すれば、次の日も使えます。

このシャツ、今年は色々なシーンで重宝しそうな予感がします。楽しみがまたひとつ増えました!

それでは、また!