モンベルでビジカジ|KAMICOトラベルジャケットは定番アイテム!

ビジネス

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

 

アウトドア&スポーツ専門であるモンベルから、あえて選択肢の少ないビジネスシーンでモンベルのアイテムを使えないか?と日々探っています。完全にフォーマルなビジネスでの使用はスーツの設定がモンベルには存在しないので、ビジネス&カジュアルを融合した、ビジカジスタイルになんとかコーディネートしたい!と検討しています。

 

わたしもアラフォーですから、いつまでも20代、30代前半の格好をしている訳にはいきません。風貌に会わせた服装をしていく、というのはある意味、自分を変えることにつながりますしね。また、自分をよくみて客観的に観察しないと、服装と自分の雰囲気がミスマッチしていることもあります。Tシャツとジャージでも20代の頃ならまだ理解できますが、そろそろ渋味の出てくる40代に差し掛かるころになってきて、同じ服装では、どうなのかな?って思いました。

 

まぁ、それでもポリシーがあって、自分がこれ着たい!って貫き通すのも悪くないし、それを批判される筋合いはないですけどね。それはそれで格好いい?生き方かもしれません。が、ちょっと頑固過ぎるかもしれません。一度立ち止まって、自分を客観視してみてもいいでしょう。

 

さて、モンベルのビジカジ企画ですが、前回、靴下を取り上げました。まずは足元からということですが、今回は、上着を考えます。ビジカジで定番アイテムといえば、やはりジャケットでしょう。とりあえず、ジャケット着て、なかにYシャツ着れば、なんちゃってビジカジが出来上がります。まぁ、それくらいのお手軽さがあるといいですよね。

 

モンベルでジャケットとなると選択肢はほとんどありません。こちらKAMICOトラベルジャケットが1択になります。

 

モンベルのKAMICOジャケット。紙糸プラスでできた軽量タイプ

モンベルのKAMICOトラベルジャケット。こちらはモンベルオリジナルの紙糸プラスで仕上げた、軽量・清涼ジャケットです。紙糸プラスというのは、その名のとおり、紙でできた繊維を使って織り上げています。

 

紙糸プラスの詳細については、モンベルのホームページに詳細が乗っているので、こちらを参考にしてみてくださいね。

 

素材について|モンベル

まぁ、当たり前ですが、紙でできた繊維ですから、当然軽い!ジャケットなのに、わずか370gしかない!ジャケットだと、どうしても重量のあるものが多いですが、こちらはかなりの軽量タイプになっています。参考までに、同じジャケットということで、わたしが愛用しているモンベルのライトシェルジャケットと重量を比べてみると、こちらは248g。まぁ、100gほど重くなりますが、それでもジャケットにしてはかなり軽い部類に入ります。

 

モンベルのライトシェルジャケット|ロードバイクにも使えて便利!
どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 先日、モンベルのフレンドフェア2018in横浜に参加してきました。祭りはかなりの大盛況。人混みに揉まれながら、アウトレット品をやっとの...

 

比べる相手が、間違っているような気がしますが、重量感を確認するために例に出させてもらいましたので、ご容赦くださいね。

 

とにかく、軽量ジャケットなら使い勝手がいいので、普段から着用ももちろんOK。カジュアルに着こなすなら、パンツはジーンズでも合わせやすいですね。ちなみに、デニムパンツはモンベルにも設定があります。履き心地は超普通。こちらは既に実戦投入していますので、興味のあるかたは覗いてみてくださいね。

 

モンベルのストレッチデニム|ジャケットにもシャツにも合わせやすい
どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 実は衣服で一番悩むのが、普段着じゃないでしょうか?普段どんな服を着るか。もちろんお気に入りの服を着るのがいいですが、ある程度汎用性のあ...

 

ただ軽いだけではない!KAMICOトラベルジャケット。隠れた秘密が…

軽いのは正義。とまでいわれることが多いですが、特にロードバイク乗っている時はよく言われます。軽いとロードバイク乗車時は疲労度が変わってきますからね。まぁ、ロードバイクだけでなく、普段の行動でも出来るだけ軽い方が、疲れなくていいと思いますよ。

 

KAMICOトラベルジャケット。実は軽いだけではなく、隠れたポイントがあります。上の写真にもあるように、肩パットが入っていない。通常のジャケットだと、肩パットが入っている場合が多いですが、こちらにはありません。そのため、説明文にも書いてあるように、畳みやすいとあります。

 

これは大きなポイントです。ジャケットって、結構脱ぎ着するケースが多いですよね。もちろんスーツのジャケットも脱いだり着たりすることが多いので、同じような感覚ですが。こちらはさらに畳んで仕舞えるというのは大きい。ジャケットを手で持ちながら歩くということもあるかと思いますが、以外とかさばるし、手が使えないのは結構面倒です。かといって、ジャケット着ちゃうと暑いし・・・

 

こういうところに着眼点をおいて、使い方にまで手を入れるのはポイント高いです。

 

KAMICOトラベルジャケットにあわせる、インナーシャツはどうする?

KAMICOトラベルジャケットのいいところはわかりました。あとは、どう着こなしていくか?ですが、ジャケットならやはり以下の着方が推奨ですね。

 

・ワイシャツ+KAMICOトラベルジャケット

・Tシャツ+KAMICOトラベルジャケット

 

定番はワイシャツでしょう。これなら間違いはほぼないと考えます。シャツの柄も何でもあいそうなので、シーンに応じてシャツの柄を変えるというのもアリです。また、ジャケットを脱いだときの想定をすると、やはりワイシャツの方がいいかな?って思います。ワイシャツならばモンベルのオックスフォードシャツも合いますよ。

 

モンベルのオックスフォードシャツ|カジュアルもビジネスもよし!
どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 先日出張で、海をわたり渡米しました。目的はビジネスです。サラリーマンをやっているとたまにこういうことがあるんですよね。ビジネスですが、...

 

ワイルドに魅せたいなら、Tシャツという手もありますね。特に夏場はジャケット暑い!しかし、一旦店に入ると、エアコンが効きすぎてて寒い!という場合もあります。ちょっと一枚ジャケットを羽織って、って言う使い方もできます。Tシャツならこれからの季節、WIC.Tシャツが種類が豊富で合わせやすいと思います。

 

夏を迎える前に、素敵な柄が勢揃い。モンベルのWIC. Tシャツ選び
どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 いきなり暑くなることもある4月。30℃を越えた!なんていうところもありました。夏日になると、やっぱり暑い!長袖はサヨナラして、半袖シャツに...

 

先日、購入して実戦投入しました。やはり軽さ、着心地の良さは実際に着てみるとよくわかります。お時間あればこちらも覗いてみてくださいね。

 

モンベルのKAMICOトラベルジャケット|大人の男なら、1着持っとけよ!
どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 モンベルでビジカジということで、ビジネスっぽく、カジュアルっぽく使えるアイテムを探しています。わたしのように、モンベルばかりを取り入れてい...

 

まとめ

モンベルでビジカジ。今回はジャケットということで、KAMICOトラベルジャケットを取り上げました。軽量だし、持ち運びも便利。ビジカジはもちろんのこと、カジュアルに着こなすためにも1着持っていても、いいんじゃないかと思わせてくれます。夏に着てても涼しいので使い方色々。汎用性が高いジャケットです。

 

それでは、また!

 

コメント