【モンベル定点観測】シャミースネックゲーター。2年経過後のレビュー

定点観測
スポンサーリンク

よわむしめがね(@Yowamushi_glass)です。

紅葉も終わりいよいよ冬に突入しました。日々寒くなってくるので、寒さ対策はバッチリしておきたいですよね。

アウターを充実させる、重ね着をするなど対策ありますが、これだけでは実はダメなんですよね。

身体が冷えを感じるのは、末端や皮膚が出ているところですから、コチラのケアも十分に行う必要があります。

手なら手袋、足なら靴下、そして首ならマフラーというのが定石です。

首元をケアしてあげると、身体全身が暖かくなります。だからマフラーを首に巻くというのは、よき選択です。

昔からあるマフラーでもいいんですが、最近はそれに代わるものとして、ネックウォーマー、ネックゲーターがあります。

マフラーは首に巻く作業があるので、面倒に感じることもあります。また、運動するときには適していません。

軽いランニングや、外での運動をするときでも、首元のケアをしたい!そんな時はマフラーはちょっと不利です。

わたしもネックゲーターを導入した動機は、冬に自転車に乗るときに使いたいという理由でした。

当時、モンベルのシャミースネックゲーターを購入し、スポーツに、部屋に、外出にと、マルチに使っています。導入したときの記事はコチラ

モンベルのネックゲーター|変幻自在のネックウォーマー

今回、モンベルのシャミースネックゲーターを導入して、ちょうど2年が経過しようとしています。使用感や耐久性をレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

モンベルのシャミースネックゲーターとは?〜フリース製ネックウォーマー

モンベルのシャミースネックゲーターはコチラです。

長い方が首前、短い方が首後にして使います。頭から被るように通して、首元にセッティングします。

シャミースというのはモンベルのオリジナル素材で、極細のマイクロファイバーで織られた生地です。空気を含んで暖かく、そして軽い。肌触りも良く、濡れてもすぐ乾くという優れた性能を持っています。

とにかく、暖かい。触るとわかりますが、とてもスベスベな肌触り。

マフラーって、チクチクしたりゴワゴワしたり、とにかく肌触りがよくないモノが多いんですが、シャミースを首に当てても、嫌な感じがしません。

実際、2年ほどお世話になっていますが、肌触りが嫌だと思ったことはありません。

これだけでも、導入してよかったな♫と思える冬のアイテムです。

ま、ネックゲータは、モンベルだけでなく、いろいろなメーカーからも提供されているアイテムです。肌触りも重要なポイントなので、比べてみるのもありですよね。

スポンサーリンク

モンベルのシャミースネックゲーター。耐久性と使用感は?

夏は使っていませんが、春と秋の寒いとき、そして冬は部屋でも外でも使っているので、割と使用頻度は高い方だと思います。

耐久性に関していうと、今のところ全く問題ありません。どこかに破れがあったり、生地が伸びきったりというのはありません

そもそも、そんなに引っ張ったり、擦ったりするような使い方をするモノではないので、生地自体への負担は少ないと思います。

洗濯も何度もやっていますが、今のところ毛玉ができたり、色あせたりといったところもありません

買ったときそのままの状態を保っている、そう言っても差し支えないんじゃないでしょうか?と思います(個人の感想です)。

結論を言うと、まだまだ使えます。という判定を下すことができます。

わたしはシャミースネックゲーターの他に、シャミースマフラーも持っています。使い分けは、ビジネス、フォーマルか?カジュアルか?で使い分けています。

カジュアル寄りのときは、お手軽なネックゲーターを好んで使っています。

ちなみに、シャミースマフラーのレビューはコチラ

モンベルのシャミースマフラー|肌触り最高のフリース素材!

スポンサーリンク

まとめ

モンベルのネックウォーマー、シャミースネックゲーターを導入してから2年が経ちました。冬の間は特にお世話になるアイテムです。

モンベルのネックウォーマーの中でも、最もシンプルなアイテムですが、必要十分な性能を持っています。

まだまだ現役で使えるので、今シーズンも使い倒していきたいと思います。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました