【旅に出たから、旅行記を書く】という常識を捨てる理由。

ミニマリスト
スポンサーリンク

よわむしめがね(@Yowamushi_glass)です。

旅から帰ってきたら、ブログやっていると何となく「旅の記録」をブログに書きたくなりますよね。わたしもそう思います。

旅、良かったですよね。楽しかったですよね。

その想い、熱の冷めやらぬうちに、ブログに書きたい!記事にしたい!って思うと、ネタとしてはとても書きやすいし、需要もあるかもしれない。

旅行記を書く=常識みたいになっていますよね。

ところが、それ、本当に書いたほうがいいんでしょうか?

需要、ありますでしょうか?

ある一定数の人にとっては、ネットからブログや掲示板の書き込みから、情報を仕入れることがあるので、そこに記載すれば、情報を拡散することができます。

わたしも今回、訪問したところのほとんどは、ネットの情報を集めて、仕入れたものです。そういう意味では、各サイト様の記事、とっても参考になりました。

ありがとうございます。

でもですね、旅を終えて帰ってきたからといって、さぁ旅の記録を書くぞ!って気にもなりますが、今回、これはやらないことにします。つまりブログネタとしては捨てます。

今回は、どうして旅行記を書かないのか?その理由を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

【旅に出たから、旅行記を書く】という常識を捨てる理由~2番煎じは厳しい

わたしが今回の旅で、いろいろ情報を集めたのは、ほとんどがネットの旅行に関する記事を参考にして計画を立てました。

いわゆる、口コミというやつです。

それは大変、役に立ったし、実際行ってみて、感じてみて、いろいろ貴重な体験ができたのは本当です。

そこで、行ったところを記事にして、ここオススメ!とかこのレストラン美味しい!とかなんたらかんたら書こうと思ったら書けますが、書きません。

誰も行ったことのない、行ったとしても誰も記事にしたことがないところで、書くのなら良いでしょうが、基本的にはどなたかが行った後の訪問となります。

そうすると、オリジナリティーはほとんどありません。

まぁ、ネット記事に書かれていたことのアップデートみたいなのは書けますが、それ以上でもそれ以下でもない。アップデートなら、リライトしてもらったほうが早いですよね。

わたしが、1から情報をまとめてブログにアップするよりは、効率的です。

訪問先が同じなら、なかなかオリジナリティあふれる記事を書くのは難しいです。情報提供サイトならなおさら、です。

よっぽど今まで世に出ていない新情報があれば別ですが、なかなかそれもゲットできるチャンスもありません。

結局、書いたところで2番煎じになってしまい、どうにもならなくなる。わたしはそれを避けたいと思い、今回、旅の記録を書くのをやめました。

ツイッターでは散々つぶやいていますけど、これは刹那のつぶやき、感想であって情報ではありませんよね。

スポンサーリンク

【旅に出たから、旅行記を書く】という常識を捨てる理由~ブログの趣旨に反している

当ブログでも、旅の記録は実は書いていたりします、モンベルのスタンプラリーです。モンベルのスタンプラリーとは日本全国のモンベルショップを回ることです。

詳しくはこちらをご覧ください。

モンベルクラブのスタンプラリーに挑戦!2年で店舗全制覇目指します!
モンベル全国スタンプラリー終了。一人旅で失敗しない3つのポイント
モンベルのスタンプラリー完全制覇!足掛け1年で達成した方法とポイント

モンベルのスタンプラリーは、当ブログのメインテーマでもある「モンベル」を題材にしているので、旅といえども、まだ共通項の中で語れます。

しかし、旅の記録を書くと、ブログの趣旨とはかけ離れた記事になります。特化ブログか?雑記ブログか?を論じたいわけではなく、どっちでもいいんですが、やっぱりちょっとずれてしましますよね。

だから、旅行記は書きません。

書くとしたら、

・ミニマリストとして、今回の旅はどうだったのか?

・旅のお供に持っていった、モンベルのアイテムの使い心地はどうだったか?

これだったら、趣旨にも反していないし、ミニマリスト、モンベリストとして書く価値があるんじゃないかな、と思います。

そちらに関してはまた別の機会に書くことにします。ちょっと待っててね。

スポンサーリンク

まとめ

旅をしたから、旅行記を書かなければならないという常識を捨てた理由を書きました。まとめると、

・2番煎じの情報になりがちである

・ブログの趣旨に外れる

そんなこと言わずに、好き勝手書いて、面白おかしく、情報満載のブログにしたほうが大衆受けはしますが、それは他の人にお譲りします。

わたしはわたしの書きたいこと、書けることを追求していきたいだけです。ただそれだけです。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました