2年前に自炊をやめたミニマリストが、再び自炊を始める理由

捨てたもの&こと
スポンサーリンク

よわむしめがね(@Yowamushi_glass)です。

約2年ほど前になりますが、自炊をやめたんです。そのときは細々とではありますが、まだ自炊やってたんですね。

その後、ミニマリストになる!と宣言して、一切自炊するのをやめました。調理器具も捨て、最終的には冷蔵庫も捨てたのです。いわば背水の陣を敷いたんですね。

自炊をやめます宣言したときの記事はこちらです。

ミニマリスト、包丁と食器をポイ!背水の陣で臨む、自炊しない生活!

冷蔵庫を捨てたときの記事はこちらです。

ミニマリスト、冷蔵庫もいらない。生活が成り立つのか?

とまぁ、完膚なきまでに徹底的に自炊をしないようにしてきたのです。なにもここまでやらなくとも・・・という、ご批判もあろうかと思いますが、当時は強い決意のもとやっていたんです。

自炊をしないと決めると、本当に楽で、自由な時間が増えるのは本当です。おかげてブログやツイッターをやったり、モンベルの研究をしたりと、他のことに時間が使えるようになりました。

また、仕事が忙しかったのもあり、遅い時間に疲れて帰ってきて、さぁ自炊!という気分にはなれなくて、ということもありました。

自炊しないことで食費を削れた、なんていうことも体験しています。そのときに検証した記事はこちらです。

ミニマリストの非常識な食費の節約方法|自炊なしで1万円削減!

自分で書いてて恐縮ですが、すごいですよね。このときは何か鬼気迫る勢いがありました。

そんな自炊をしない生活を2年ほど続けていたのですが、この度、自炊しないことをやめる、つまり自炊を再開することにしました。

そこで今回どうして、せっかく自炊をやめたのに、また自炊を復活させることにしたのかについて、心境の変化を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ、2年前に自炊をやめたのに、再び自炊を始めるの? 〜健康のため

1つめの理由は、健康のためです。

ツイッターでも何度かつぶやいていますが、実は今現在、少し体調を崩しまして、療養をしつつ、日々仕事やプライベートを過ごしています。

なれない環境でのハードな仕事とストレスにより疲労がたまっていたのかもしれません。とにかく、仕事が終わって帰ってくるのが遅くなり、食事も疎かになっていました。

日本にいるときは、仮に遅くなっても、夜まで空いてる店、たくさんありますよね。ラーメン屋でも牛丼屋でも、何でも。

バラエティーに富んでいるので、今日はここ、明日はここといったように使い分けも可能です。

ところがここドイツでは、そう気軽にふらっと入れる店が少ないです。わたしの近所にはそのような店はなく、本格的なレストランが主です。

値段もちょっと高め。

まぁ、それでも利用しない手はないんですが、食事のレパートリーは基本、現地メニューになります。当然、牛丼なんか置いてませんよ。

コンビニもありませんから、スーパーで種類も少ない僅かな惣菜を買うくらいです。

となるとどうしても栄養が偏りますし、食べる量も少ない。

人間、食べないことには体力を維持できませんからね。自己コントロールができていなかったと言われればそれまでなんですが、回復がうまくいってなかったんですね。

そしてとうとうパンクしてしまった、というわけです。

失ってから初めて気づく、健康の大切さ

自炊しないこと=健康に悪いという考え方ではないと思っていますが、どうも食事を疎かにしていたところがあります。

まずは食事をしっかり摂って、体力の回復、そして健康回復に努めたいと考え、自分で作ること、すなわち自炊を再開させることを選びました。

スポンサーリンク

なぜ、2年前に自炊をやめたのに、再び自炊を始めるの? 〜気分転換してストレス低減を図るため

住むところが変わると、慣れるまで時間がかかります。国内→国内の移動であれば、個人差もありますが、1〜3ヶ月くらいあれば、だいたい慣れるような気がします。

過去に何回か引越しをしていますが、大体の目安は3ヶ月くらいあれば、まぁ大丈夫でしょう。

引越ししたときの記事ですが、こんなことを書いてます。

ミニマリストが海外に引越す。荷物はダンボール●箱と自転車だけ!
ミニマリストの超節約引っ越し術。かかった費用はたったの○○円!

引越し慣れしていると思ってはいたのですが、勝手が違う文化の国に移り住むというのは、慣れるまでやっぱり時間がかかります。

生活自体はようやく落ち着いてきたかな?と思います。が、自分では感じていないストレスを溜めていたのかもしれません。

そういうときはブログやツイッターをやったり、ネット見たり、散歩したり旅行いったりというので、ストレス低減を図りますが、ちょっとワンパターンだったようです。

ストレスから解放されていないんですね。

その結果、体調を崩してしまったのかもしれません。

ストレス解消の手段は、ミニマムよりもマキシマムな方がいいと思いました。先ほど食事をキチンと摂って、体力を回復させると書きましたが、自炊することで体力の回復とストレス発散に繋がると考えたのです。

という理由で、自炊を再開させることにしたのです。

スポンサーリンク

なぜ、2年前に自炊をやめたのに、再び自炊を始めるの? 〜空いた時間を埋めるため

平日は何かと時間がなくて、ヒーヒー言っている感じですが、休日ともなると、割と時間が空くことがあります。

溜まっていた家事を済ませても、そんなに長時間はかかりません。あとは自由な時間があるわけなのですが、以前に比べるとすることがない時間が増えました

友達と直接会うことは叶いませんし、わたしの研究対象であるモンベルの店舗に足を運ぶこともなくなっています。

旅行やらどこか行けばいいじゃない?と思われますが、しょっちゅういろんなところに行けるわけではないですからね。

行くときは行きますけど。

休日の過ごし方が以前に比べて随分と変わってしまったのです。日がな一日、ネットに張り付いていてもいいのですが(割とそのような生活していても大丈夫です)、ちょっと、健康的ではないような気もします。

もう少し、アクティブに何か別のことをした方がいい。

そう思って、空いた時間をうまく活用する方法として、わたしは自炊を選びました。自炊することで、食事も取れるし、ストレス発散にもなるし、空いた時間を埋められる。

という理由で、自炊を再開させることにしたんです。

スポンサーリンク

なぜ、2年前に自炊をやめたのに、再び自炊を始めるの? 〜スキルも使わないと錆びる

一度身に付けたスキルというのはそう簡単に忘れられるものではありません。が、やはりせっかく身に付けた、知識やスキルも使わないと錆びついていきます。

例えば、わたしも運転免許を持っているのですが、数年前に自動車を処分しました。理由は使う頻度が少なくて、維持費が結構かかっていたからです。

ミニマリスト、自動車も捨てた!売るときの重要ポイント!

一時期、免許も捨てようかと真面目に考えた時期もあったのですが、流石にそれは思いとどまりました。そのときの記事がこちらです。

ミニマリスト、免許証を捨てマイナンバーカードに替えるメリットを考えた

で、今はどうしているかというと、こちらでは自動車を運転しています。必要だから自動車を導入しているのです。

最初は慣れない左ハンドルと、運転しなくなって久しかったので、公道を走るときは緊張していました。

そのとき思ったのが、運転技術も運転しないと錆び付くなぁということでした。

同じことが自炊スキルにも言えるのではないか?と思ったんです。

長年自炊やっていたので、経験値は多少あると思っていますが、果たして技術はどうなのか?錆びついているんじゃないのかな。って。

あと、せっかく身に付けたスキル、やらなくなって錆びついていくのはちょっと忍びないなぁと思ったのです。

もしかしたら、これは自分の強みを活かせるスキルなのではないか?と。だったらもうちょっと、やってみるのもひとつの手かなと。お宝スキルかも知れないし。

という理由で、自炊を再開させることにしたんです。

スポンサーリンク

まとめ

2年前にやめていた自炊を復活させることにしました。理由をあらためてまとめますと以下になります。

・健康のため、体力回復のため

・ストレス発散のため

・空いた時間を有効活用するため

・身に付けたスキル維持、再確認のため

当面は健康のためにやりますし、気分が乗らなかったり、時間がないときはやりません。あくまでも、できる範囲で、自分のペースでやることにしています。

またせっかく自炊を復活させるので、調理器具にも拘っていきたいと考えています。キッチン道具、いいものが揃っていると、料理のし易さが格段に良くなりますからね。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました