形から入るメリット。3つ。何かを始めるのに動機は必要でしょう?

ミニマリスト
スポンサーリンク

よわむしめがね(@Yowamushi_glass)です。

形から入る、っていう文脈、ネガティブに捉えられたり、ポジティブに捉えられたり、両方の側面を持っているように感じます。

どちらかというと、ネガティブに捉えられることの方が多いんじゃないでしょうか?まぁ、それは個人の捉え方なので、いいんですけど。

わたしは、どちらかというと形から入る派です。

形から入るのに、別になんの問題もないと思っています。

例えばスポーツ。私事ですが、最近ランニングを始めました。ランニングを始めるなんて、簡単なことのように思えるんですが、ここ数ヶ月、忙しかったのと、慣れない環境で運動することがすっかり億劫になってしまいました。

ようやく重い腰を上げて、ランニング始めたんですが、重い腰をあげるために、ランニングシューズを買ったんです。

そしてようやく第一歩を踏み出したわけです。

たかがランニングするだけなのに、形から入って、靴買ってしまって無駄遣いなんじゃないの?またすぐ、やる気がなくなって、ランニングなんかしなくなるんじゃない?

仰ることはわかります。

しかし、それでも第一歩を踏み出したことに価値があるとわたしは思っています。

スポンサーリンク

形から入ることのメリット。無理矢理でもやる気を引き起こす

形から入るメリット。やっぱり、それを手にすることで、やる気、モチベーションのアップにつながります

自身の中にある、やる気と自信があれば、何か他のもの(例えば今回のわたしでいうと、ランニングシューズ)を導入して、動機付けしなくとも、スッとやれるのが理想です。

しかし、ふと思ってみたものの、いろいろ障害を作りたがる、やらない理由を探したがるのが、人間の弱いところ。

その心理的ハードルを下げる効果があるのが、何か他のもの=形から入ることなのです。

人間ができていれば、わざわざ形、アイテムに頼らなくとも、すぐに実行できるでしょう。それは理想的です。

しかし、わたしのように面倒くさがりで、動機がないと動けない人間にとって、別モノで心理ハードルを下げるのは、ひとつの手段だと思います。

そうなると、無理矢理にでもやる気が出てくるんですよね。やらなきゃ、って。

まぁ、そんな心理状態が適切か?と言われたら、答えに苦しみますが、結果、もともとやろうと思っていたことを、アイテムの力を借りて、やれたんだから、良しとしないですか?

スポンサーリンク

形から入ることのメリット。モチベーションを上げやすい

形から入ると、モチベーションというか、テンション上がりませんか?

例えばそうですね、コスプレやっている人のような感覚に近いものがあります。コスプレは漫画やアニメのキャラクターや世界観が好きがきっかけで、自身もそのキャラになりきりますよね。

そのときは、きっとすごくモチベーションの高い状態になっているんじゃないでしょうか?(すみません、素人なのでよくわからないですが)

例えば、子供のころ、仮面ライダーやゴレンジャー、宇宙刑事シリーズなどの戦隊モノのお面や、おもちゃを買ってもらって、キャラになりきる遊びをしていたことありませんか?

そのときのモチベーションってどうでした?テンション、どうでした?

やっぱり気分が良かったのを覚えています。つまりモチベーションをあげるためには、形から入るのも大事なんですね。自分を追い込むというか、背水の陣で臨むというか。

スポンサーリンク

形から入ることのメリット。合う合わないがよくわかるようになる

形から入るメリット。次はやっぱりやってみないと、合う合わないがわかりません。形から入る姿を、鏡で見てみるとどうですか?

意外とイケてる?それともやっぱり合わない?

形から入ると、自分がやりたいと思って始めたこと、形がある程度決まるので、それが自分の理想とする形に合っているのか、それとも、合っていないのか、チェックすることができます。

その分、投資をしているので、多少お金はかかってしまいますが、それが合うのか合わないのかを見極めるのには、仕方のない投資です。

やらないよりも、やって失敗したほうがいい

それを早くわかるためにも、形から入って理解したほうがいいです。もちろん、形から入って、何かアイテムを買い、数回使ったらやっぱりやめたくなった、興味を失った、ということもあるかもしれません。

でもそれを、幾らかのお金をかけて、確認できたんだから、良しとしませんか?

次からは、もうやらなくてもいいんです。

スポンサーリンク

ミニマリストも、形から入っていい

ミニマリスト、ミニマルライフなんかは、形から入るより仕方のない投資です。

もともとものが少ない人なら、日常の延長で済みますが、わたしのように元汚部屋出身の者からすると、ミニマリストの部屋は想像できませんでした。

しかし、なんとかミニマリストになりたくて、まず部屋の中にものを置かない!工夫をいろいろやりました。

それこそまさに、形から入るですよね。

だからミニマリスト、ミニマルライフやろうと思っている人は、まず形から入ってみる、モノを片づけてみるから始めるのがいいです。

スポンサーリンク

まとめ

形から入って何かを始めることは、全く悪いことではないし、メリットもあります。もしミニマリストやりたいなぁと思うなら、形から入るのもひとつの手です。

まぁ、やり方はどうあれ、最終的に自分のやりたいことができる、できているなら、正直どうでもいいんですけどね。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました