欲しいものがある人と、不要なものがある人同士で物々交換する時代がやってくる

ミニマリスト
スポンサーリンク

よわむしめがね(@Yowamushi_glass)です。

どこか心の中に、モノを捨てることへの抵抗があったりしませんか?ボロボロになるまで長く使い続けて、使命をまっとうして捨てるものなら、「ありがとう」と感謝の気持ちを込めて、心置きなくモノと、お別れ出来る。

いつもこんな感じなら、罪悪感を感じずに、心置きなく捨てられる

ところが、寿命を全うして、使い切るまで使い切って、お別れするというモノに出会えるのはほんのごく一部。

身軽になりたくて、これまで色々なものを捨ててきたんですが、今までありがとう!さようなら!みたいな感じじゃなくって、「あぁ、これまだ使えるなぁ、でもいらないや」「これ、ほとんど使ってないや、虚しいなぁ、もったいないなぁ」と言いながら、手放したものがほとんどです。

自分がこれまでやってきた行動とはいえ、なんかやるせなくなりますよね。

罪悪感を感じずに、捨てる、手放す方法はいくつかあります。というか、ありました。

ゴミ袋に入れて、捨ててしまうのが一番、精神的にキツイ。これをやらないようにするために、リサイクルショップを活用したり、メルカリに出品してみたり。

これも有効な手段です。

これらのいいところが、お金がいくらか戻ってくることです。

処分したものが、巡り巡って誰かの役に立っている。そう考えると、少し気分が落ち着きます。

それはいい。

ですが、もっとこう、なんというか、直接人と人との関わりを生む中で、なにか役に立っている、その人の役に立っているモノを渡すということを、目に見えるように出来ないか?

それを考えたら、物々交換になるんじゃないか?これが手っ取り早く、モノを手放すことができて、直接誰かの役に立っていると実感できる方法じゃないか?と考えました。

スポンサーリンク

一旦、現金に変えなくとも、いいんじゃないか?

先ほど書いた、リサイクルショップやメルカリは売買となるため、その間には金銭が発生します。要は、一旦現金に変えて、売りたい人、買いたい人の橋渡しをしてくれる役目になります。

一度、現金化するということで、リセットしていることになりますよね。

身も蓋もない話ですが、現金に代える、それ自体、面倒くさい気がします。

自分には欲しいモノがある。けれど今はそれを持っていない。

相手にも欲しいモノがある。けれど今はそれいらない。

それがうまくマッチング出来たら、わざわざその間に金銭のやり取りを挟まなくても、物々交換で済まないのかない?と思いませんか。

スポンサーリンク

古くて新しい?物々交換の時代がやってくる?

物々交換って、昔からある手法ですが、今やあまり聞かないですよね。お金の概念のない時代から、物々交換とは広く世の中で行われてきたのですが、今では中心は、お金。

まぁ、それは悪いことではありません。

モノの価値をお金に換算して、交換する手段として使う。これ考えた人、すごい発想ですよね。簡単だし、便利だし、何より皆が納得して使っている。

お金に変えてしまった方が便利なこともあります。

ところが、それ自体、面倒に感じることもありませんか?わたしは時々面倒に感じます。それだったら、直接欲しい人と、いらない人同士がやり取りして、条件が合えばそのまま交換してしまうというのもアリかなと。

具体的にどうやってやるんだ?というのはありますが、例えばアプリであったり、SNSを通じてでもいいでしょう。

近所に誰かいるなら、その人とやり取りしてもいい。

ネットを介してやってもいい。

とにかく何か、そういう仕組みが作れれば、無理なく無駄なく、そして面倒なく、お互いがいい思いできるのではないかな?って思います。

スポンサーリンク

物々交換やるときに、金額の大小を判断基準にしてはいけない

物々交換をするときに、ついつい考えてしまうのが、自分が持っているモノ、と相手の持っているモノとの価値、金額の差。

例えば、自分が持っているものの価値が3000円としましょう。相手が持っているのが2000円の価値のあるものを持っていたとしましょう。

さて、あなたは快く、交換しようと応じることができるでしょうか?

ここでできる、と答えた人は多分大丈夫です。ここでためらってしまうようだと、まだお金に縛られているんです。

大事なのは、金額の大小ではなくって、そのモノが必要かどうか?のはずだったのに、頭の中ではすぐにお金、ソロバンをはじいてしまいますよね。

これの瞬間計算が働くと、交換というのはなかなか難しい。

わたしも自分で言っておきながら、頭の中では金額を計算してしまっています。本当はそんなの必要ないのですけどね。

そのとき必要なのは、お金じゃなくてモノなはずなのに。

スポンサーリンク

物々交換が当たり前になると、持ち物が減る

もっと社会が物々交換するのが当たり前のようになってくると、持ち物が自然と減っていくんじゃないか?と考えます。

余計なお金も使うことありませんし、必要なもの要らなくなったものは都度交換すればいい。もちろん、古くなったり、機能を果たせなくなったら、買い換えればいい。

その辺のバランスがうまく取れてくると、必要以上に買ったりしなくて済むし、シェアしたりといったことがもっと普及するかもしれません。

そうなると、必要以上にモノを溜め込まなくても、生活できるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

物々交換なんて古い!っていうイメージはありますが、そのものの価値をお金に置き換えなくても済むようになったら、物々交換も意味があるのではないか思います。

あとはシステムとやり方を整えてあげれば、煩わしいお金のやり取りも発生せず、お金にまつわるトラブルも避けられるかも。

時代に逆行しているように見えて、実は新しい人と人との関わりと、モノとの関わりになり得るんじゃないか?と思います。

この先、どうなるかはわかりませんけどね。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました