給与明細を捨て続けて3年。なくて困ることは1度もなかった

捨てたもの&こと
スポンサーリンク

よわむしめがね(@Yowamushi_glass)です。


裏の顔はへっぽこサラリーマンのわたしです。サラリーマンということは、会社で働くことによって、給料、すなわち生きる糧を得ています。


日雇いではないので、毎月、決められた額をいただいています。


ネット世界を漂流していると、勤め人に対する賛否両論、色々ありますね。そういうのを目にしていると、隣の芝生が青く見える気がします。


サラリーマンじゃない人生もあったんじゃないか?


まぁ、サラリーマン辞めたからって、すぐに生きる糧を見つけられる保証はないし、自分が不器用なことは、大体わかっているので、そう簡単には行かないだろうな、と想像しています。


20代ならまだしも、人生の折り返しを過ぎると、どうしても守りに入ってしまうようで、って思いたくはないですけどね。


サラリーマンということで、収入はなんだかんだと毎月もらうことができます。


ところで、給料を現ナマでもらうという人は、ほとんどいないんじゃないでしょうか?今でもそうです!という人がいたら教えてください。


わたしの知る限りでは、会社から出る給料は振込がほとんど。


まぁ、現ナマでもらっても落としたりしたら嫌ですしね。


振込とすると、給料がきちんと支払われていることを確認する方法は、銀行の通帳に記帳して振り込まれたのを確認するか、給与明細くらいしかありません。


給与明細をもらうのが一般的かなぁと思いますがどうでしょうか。


で、なんですが、給与明細、もらった後どうしてますか?大切に保管してますか?活用してますか?


わたしは見て金額を確認し終わったら、捨ててます。

スポンサーリンク

給与明細は金額を確認したら、役目を終える

給与明細の役割ってなんでしょうか?ザックリいって、働いた分稼いだ金額と、各種税金や社会保険料の控除額(引かれる額)、手取り金額を確認するためのものです。


サラリーマンの場合、税金や社会保険料の控除額は収入に応じて大体決まってしまいます。いつもこの部分を見て思うのですが、控除される額がやっぱり大きいなぁ、引かれる分がなくなったらなぁ…。って思います。


それはいい。


わたしもそうなんですが、結局、給与明細の中で注視しているところって、手取り金額のところだけです。


銀行にナンボ振り込まれんのよ?


っていうのぐらいしか、興味ありません。そこから、今月いくらでやりくりしようか?とか、貯金どれくらいしようか?とか、お、遊びに行けるな?って、瞬時に妄想しますよね。


その段階に入ると、もう、給与明細への興味を失います。もう、意識外のものになります。残念ですが、給与明細の地位とはそんなものです。


ということで、給与明細は金額を確認したその瞬間に役目を終えるのです。

スポンサーリンク

給与明細、なくても全く困らない。

ミニマリストになる!と決意して、いろんなものを捨ててきましたが、給与明細とて例外ではありませんでした。


モノを捨てまくる前、実は今の会社に入社してからそのときまでの給与明細、全部とっておいたんですね。恥ずかしながら。


給与明細をずーっと持っていたからって、特別何かするわけでもなし。何か役に立つわけでもないのに、ずーっと保管し続けていたんですね。


気がついたら、100万円の札束の厚みよりも、給与明細の厚みが上回っていました。


しかし、明細がいくら分厚くなっても、それ自体に金銭的な価値は全くありません。ただの紙切れに過ぎないんです。


で、3年前くらいから、給与明細は速攻で処分するようになったのですが、その時から今まで、給与明細がなくて困る!ということは一度もありませんでした。


はっきりいって、役に立たなかった。


なくても、生活には全く影響しないんですね。


ちなみに給与明細は個人情報満載なので、しっかりシュレッダーにかけます。


当ブログでもおなじみの無印良品のハンドシュレッダーを使って、細かく裁断して、ゴミの日に出してしまいます。

無印良品のハンドシュレッダー|個人情報を手軽にしっかり廃棄


スポンサーリンク

給与明細はデータ化すればいい。

給与明細を捨てても全く問題ないとはいえ、どうしてもバックアップは取っておきたい、と思う気持ちは理解できます。


そんな時は給与明細を電子データ化してしまえば良いです。わたしもやっていた方法ですが、シュレッダーにかける前に、スキャナーで給与明細をスキャンして、PDFファイルにして保存しておけば、好きな時にデータは見ることができます。


わたしが使っているスキャナーはこちらで解説しています。

書類・紙を捨てる方法|スキャナで電子化するの超おすすめ!

これ、なかなか使い勝手がいいので、オススメです。

電子化すれば、紙の給与明細はもう不要になります。給与明細上の情報が欲しいだけなら、スキャンしたデータから読み取ればいいだけです。


給与明細だけでなく、他の重要書類もスキャンできるのでオススメです。

スポンサーリンク

まとめ

給与明細、捨てても全く問題ありません。結局、見ているところは、手取り額いくらになっているのか?というを知りたいだけです。


ストックしておいても意味ないことをやらないようにする。


それが大事なんですね。


それでは、また!

コメント