日本でも入手可。フロッシュの買ってよかったおすすめ洗剤3つ

生活
スポンサーリンク

よわむしめがね(@Yowamushi_glass)です。


日本と海外では生活スタイルが変わります。当たり前ですよね。消耗品も日本と海外では、似ているけども、微妙に違ったりします。


家で掃除、洗濯は全くしないという人はあまりいないと思いますが、そんなときに使うのが、洗剤。まぁ、大昔だと洗剤というものはなくても、キレイにすることはできたようですが。


さすがに水洗いだけで済ますというのは、衛生的にもちょっとね・・・と抵抗があります。(湯シャンは何度かトライしたことありますが)


そして、海外で生活すると当然、日本のものは買えない、買いにくため、なんとか似たようなものを探して、使うのが一般的です。


ということで、今回は洗剤にスポットを当てたいと思います。

スポンサーリンク

フロッシュとは?カエルのマークでお馴染みの洗剤メーカー

フロッシュの洗剤3傑

フロッシュというメーカー、ご存知ですか?洗剤コーナーなどに行ったときに目にしたことある方もいらっしゃるかもしれません。


パッケージにカエルのマークが、際立つ、実はドイツ生まれのメーカーなんですね。フロッシュというのはドイツ語でカエル。そのまんまですねw


カエルは環境の影響を受けやすい生物だそうで、カエルが生きていけるくらい環境に優しいモノづくりをしたい、とのことから名付けられたとか。うん!素晴らしい考えです。


詳しくはこちらのページをご覧になるといいです。リンクを貼っておきました。

フロッシュ®について | フロッシュ® | 旭化成ホームプロダクツ
環境先進国ドイツ生まれの、サステナブルハウスケアブランド「フロッシュ®」。フロッシュ®の約束は、できる限り美しいままの自然を未来に手渡すこと。そのために、自然にやさしく、使う人にもやさしい商品をお届けしつづけます。

とにかく、ドイツ生まれのメーカーがつくる、環境に優しい洗剤。うんうん。なんか良さそうですよね。使うだけで、環境に少し貢献できているというモチベーションは、気分がいいでしょう。


ちなみにフロッシュはドイツのメーカーですが、日本でも取り扱っているので、欲しいけど買えない!ということはなさそうです。


Amazonでも買えますからね。


スポンサーリンク

フロッシュの買ってよかったおすすめ洗剤〜洗濯機用洗剤(詰め替え用)

フロッシュの詰め替え用洗剤。多分白布用

まずは洗濯用洗剤です。こちらは詰め替え用のパックですが、結構でかい。ドイツで詰め替え用というと、だいたいこのサイズです。


ちなみにこのパッケージの容量は1.8Lでした。なかなか使い切るのに骨が折れる大容量。ひとりものがこれを使い切るのに、何ヶ月かかるんでしょうか?


それはいい。


外国製の洗剤のデメリットとして、よく聞くのが香りが強いことがあります。例えば、数年前に外国製の洗剤が流行りましたが、あれって結構、香りが強くて、辟易したことがあります。


自分で使うことはしなかったんですが、会社の同僚が使ってて、しかもどぎつい香り。。。その人、嫌いじゃないんですけど、嫌いになりそうでした(汗)


その点、このフロッシュの洗濯用洗剤、香りは少しありますが、不快になるほどどぎつくも無く、割と好みの香りなので、大丈夫です。


花の香りではなく、フルーツの香りでもなく、何なのでしょうね?とにかく、嫌な匂いを洗剤からは感じません。


ちなみに洗濯してから、衣服のにおいを嗅ぐと、うっすら残り香があります。着てみるとフロッシュの洗剤の香りはほとんど気にならない(むしろ消えてる)レベルです。


だから、周囲に洗剤の不快なにおいを与える心配はありません。

日本では、少し香料を変えたものも販売されているようです。気になる人は早速チェックしてみるのも良いでしょう。Amazon


汚れ落ちですが、これも全く問題ありません。普通に汚れを落としてくれます。わたしは白いワイシャツを洗濯するので、白布用のものを使っています。


専用の物の方がいいのかどうか?よくわかりませんが、他にも色物用、敏感肌用?なんていうのもあるので、次回購入時にはそれらも試してみたいと思います。

スポンサーリンク

フロッシュの買ってよかったおすすめ洗剤〜冷蔵庫掃除用スプレー

キッチン用。冷蔵庫掃除用のスプレー

こちらはどうやら、冷蔵庫内の掃除に使うスプレータイプのクリーナーです。冷蔵庫の庫内って、実は意外と掃除をサボりがちな箇所じゃないでしょうか?


今の家には、冷蔵庫が備え付けで置いてあるので、久方ぶりに冷蔵庫生活を復活させております。まぁ、でも大したものは入ってません。水とその日食べる食料くらいです。

ミニマリスト、冷蔵庫もいらない。生活が成り立つのか?

冷蔵庫が無くても生活ができるというのは、身を持って体験し、確認ができたので使わなくてもいいんですが、借り物とはいえ、せっかくなので、使うことにしています。


話を冷蔵庫用のクリーナーに戻しますね。


これはどちらかというと、洗剤というよりは除菌スプレーのような感覚で使います。シュッとひと吹きしたあと、乾いた布でふき取る。こんな感じで使います。



まぁ、それ冷蔵庫だけで使うのが本来の使い方なんでしょうけど、冷蔵庫の清掃なんて、そんなに頻繁にやることもありませんよね。


ということでわたしは、このクリーナーを冷蔵庫のみならず、様々なところにシュッと吹きかけて、サッとふき取るのに使っています。


例えば、テーブルであったり、椅子であったり、シンク周りであったり、コンロ周りであったり。


キッチン周り全般の清掃に使っています。そうしないと、使い切るまでにとても時間がかかりそうですw

スポンサーリンク

フロッシュの買ってよかったおすすめ洗剤〜浴室用スプレー

水回りのカルキ(白い粉)を落とす洗剤

こちらの水は、硬水と呼ばれ、様々なミネラル成分が豊富なようです。その反面、成分が多すぎて、水回りにカルキと呼ばれる、不純物がたくさんついてしまいます。


日本ではあまり馴染みがないですが、こちらでは放っておくと、どんどん白くなっていきます。まぁ、白くなっても気にしなきゃ、どうということはないのですが・・・


特に浴室は基本的に毎日使うので、カルキがたまりやすいのです。風呂掃除をするのですが、この洗剤を利用して、蛇口やシャワーをピカピカにします。


この洗剤があるのと、ないのとでは、見た目が全然違いますw


この洗剤、香りは少しの匂いがします。酢の匂いが苦手ならちょっと苦戦するかもしれませんが、慣れれば大丈夫。


掃除して洗い流せば、匂いは無くなります。


そして凄いのがやはり、その洗浄効果!水垢のようにもみえるカルキをこすらなくても、シュッシュッとひと吹きして、しばらく置いておくと、綺麗に取れます。


日本ではあまり水垢とかたまりにくいですが、どうしても困っているとか、水回りがうまく綺麗にならないなぁと思ったら、試してみるのもアリです。

スポンサーリンク

まとめ

海外生活では、日本で売られているものを入手するのは非常に難しいです。そうなったら、郷に入っては郷に従うしかありませんが、次は何を買えばいいのかわからないですよね。


洗剤選びで迷ったらカエルのマークを思い出してください。きっとハズレはないんじゃないかな?って思います。


フロッシュの洗剤は今回挙げた3の他にもまだまだ種類がたくさんあるようです。この先もし、何か追加で購入したら、またレビューします。


それでは、また!

コメント