ドイツはニベア大国!シャンプー&ボディーソープで迷ったら、NIVEAが合言葉

生活
スポンサーリンク

こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。


言葉の壁はまだ高いですが、こちらでの生活にも少しずつ慣れてきました。言葉がわかんなくても、自分が何をやりたいのか?どうしたいのか?意思表示をすることが大切です。


つまり積極的にコミュニケーションを取るというのが肝要。言葉なんて間違ってたっていいんです。日本人に流暢な英語なんて、期待していないですから(わたしの狭い生活コミュニティーの中での話ですので、鵜呑みにしないでくださいね)。


とりあえず、現地で買い物ができれば、及第点かな?と思います。


別に難しいことはありません。


大概、イラストか英語のメニューがあるので、「コレが欲しい」「いくら?」と聞けばいいのです。「コレ」でも間に合うケースもあります。


消耗品や食品なんかは、簡単ですね。スーパーのレジに持っていけば、そんなに難しくはありません。レジでお会計をしてもらって、お金を支払えばいい。


現金でもいいし、カードでもいい。


困るのはレストランかも。まぁ、それはおいおい慣れていくしかないです。


買い物はできるようになったとして、次なるハードルは、何を買ったらいいんだろう?ということです。


コレは少しハードルが上がります。そのモノが何か?を把握してないといけませんからね。


わたしが直近で困ったのが、身体を洗うシャンプーやボディーソープの類です。コレ、日本もそうですが、種類が豊富すぎて何が何だかよくわからない!


メーカーがたくさんあるのもそうですし、用途もいろいろ分かれています。現地の人なら「ああコレね」ってわかりそうなもんですが、こちとら言葉がわからない日本人。


英語ならなんとかってところですが、ドイツ語で書かれているとかなり厳しい。


だけど何も買わないで帰るわけにはいきません。何を基準に選べばいいか?そんなの、綿密に調べないとわかりませんよね。


世の中には定番メニューというのがあります。例えば、吉野家だったら牛丼、ラーメン屋だったら、ラーメン。などなど。


シャンプーやボディーソープにだって、定番アイテムがあったっていいはずです。そして、ここドイツでは、それに当たるのがニベア(NIVEA)なんです。


つまり、ニベア買っとけばハズレなし!と思いたい。

スポンサーリンク

日本でもおなじみのニベア。青い缶に入った保湿クリーム

ニベアと聞いて思い出すのは、やはりこの青い缶。コレ、見たことありますよね?ない?


昔っから、お母さん&お婆ちゃんが、使っていたりすることが多かった保湿クリームです。わたしも記憶があります。


顔に塗ったり、手に塗ったり、万能なクリームだったのを覚えています。そしてあの独特のニベアの匂い。祖母がよく使っていたので、ニベアの匂い=祖母を思い出しますw


最近はニベア以外にも色々な製品が出ているので、定番というわけではないかもしれませんが、日本でも古くから馴染みのあるクリームです。


ニベアって、日本が発祥かと思っていたんですが、実は違うんです。発祥はドイツ。日本で販売するようになったのは、花王が日本での製造を開始してからのことなんですね。


詳しくはコチラをどうぞ。


ニベアがドイツで誕生してから100年以上が経っているんです。すごいですね〜。長く愛されるということは、それだけ効果があるということの裏返しです。


保湿クリームとしてのニベアはもちろん、折り紙付きですが、実はニベアはクリームだけの存在じゃないんですね。

スポンサーリンク

ニベアはクリームだけじゃない!ドイツの生活に深く浸透している

ニベアってクリームのイメージが強い存在。わたしもあまり気にしてなかった、というのもあります。


男性ということもあって、ニベアと聞いても「自分で使うものではない」という認識の方が強かったです。


他のもたくさん製品がありますしね。


で、ニベアもクリームだけを販売しているんじゃないんですよね。そりゃもう、スーパーや、ドラックストアなどに行くと、かなりの面積をNIVEAが占めています。


もちろん、他のメーカーのも所狭しと積み上がっていますが。


なんていうんですかね。ニベアはごくごくあたりまえの生活用品なんです。こっちからすると。それくらい浸透している感じです。


現地人も好んで使っているかどうかはわかりませんが、少なくともものすごい数のニベアが売られているということは、合理を好むドイツ人に受け入れられている、そう判断できる製品なのかな?と思います。


スポンサーリンク

言葉が分からない!だったら、分かるものから選べば外れはないはず!その結果がニベア

ニベアのクリームケア。ボディーソープです。

わたしは今、日本を離れて異国の地で生活して言います。苦労はあります。まずはどうやっても言葉の問題が。


写真を見てもわかりますが、文字は基本ドイツ語。


さっぱりわかりません。Google翻訳と写真で何用かな?となんとなく判断しているだけです。


わたしが調べた限り、ニベアは身体のケアに使うものの製品が中心であるため、たとえば、ニベアのトイレ洗剤、とか、そういうものは無いようです(あったらすみません・・・)。


だから、仮に使い方を間違えても、惨事になることは少ない。ということです。

日本語であれば、これは何用で、どこのメーカーで、何たらかんたら、調べられるんですが、言葉が違うとなかなか厄介。


人生にはチャレンジングな場面も必要ですが、あるところは安定を求めたり、冒険をしないところも出てきます。


そういう微妙なバランスを保ちつつ、新たなステップを踏む。今回、ニベアが家に大量に残っていたのを見てそう感じた次第です。

スポンサーリンク

迷ったらニベア。この安定感はダテじゃない!

とにかく合言葉はニベア。迷ったらニベア。まずこれだけ覚えておきましょう。もちろん使いごこちも全く問題ありません。


日本とはちょっと違う感覚(ヌルヌルした感じ、など)ありますが、それはどのシャンプーやボディーソープ使ってもそんなに変わらないと思います。


あと、香り。


こちらのものは総じて香りが強いです。ニベアの香りも、あの独特な香りですが、それも慣れれば、芳しいもの。


人には好みがあるので、ずっとニベアでなくてもいいですが、本場を体験するのもアリなのかなと。わたしも慣れてきたら、別のものに変えていこうかな?と考えています。


当面はニベア生活を続けます。なんたって、まだまだ在庫が残っているから、使い切るまでは他にはいけない。ミニマリストの性ですね。


それでは、また!

コメント