KOENIC製鼻毛&耳毛カッターKNT100をレビュー。ドイツ家電の実力は?

家電
スポンサーリンク

こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。



出来るだけモノは増やすまい、と誓って日本を出ました。だけど、不便を感じるようではいけないと、最近は感じております。なので、全てのものをモンベルでという、大目標はあるけれども、柔軟に対応していこうと思ってます。



捨てることを色々進めてはいるものの、大方、カタはついたように思っています。日本を出国するときに、必要のないものはあらかた捨ててきましたし。



モノが捨て終わると、今度は何に着目するか?となると、契約とかそういうもの。例えば、もう使わない銀行口座を閉鎖するとか、電気ガス水道の解約だとか。



大ポカもやらかしてますけどねw

悲報・海外移住したのに日本で水道止めるの忘れてた!どうする?

で、今回着目したのが、身体の手入れ。具体的にいうと無駄毛のなくすです。



髪の毛は出来ればこの先何十年も残していきたいと思いますが、如何せん男性ですので、20年30年後まで、今の髪の量を維持できているかどうか、正直わかりません。



出来れば残したいですけどね。



逆に「必要ないなぁ」と思うのが、ヒゲや鼻毛など。



男性でヒゲなら、格好よく伸ばして、手入れするということも考えられますが、わたしは手入れ面倒くさいので全剃りです。出来れば生えてこない方が望ましい。



鼻毛は昔、それほど気にならなかったんですが、歳のせいなのか、空気が汚れているのかわかりませんが、伸びるスピードが速くなってきたように思います。



今まではハサミで切っていたんですが、うまく手入れができないのと、ハサミの先端が鋭くて、危ないなぁ、と感じていたので、今回思い切って買うことにしました。



とはいえ、家電製品は最早日本で買えません。そこで仕方ないので、地元ドイツ製のものを購入することにしました。



そして今回、KOENIC製KNT100という鼻毛カッターを購入したので、レビューしたいと思います。

スポンサーリンク

KOENIC製って?聞いたことない。ブランド?

先ずは、KOENIC社について。こちらはドイツの家電メーカーです。ドイツの家電メーカーといえば、有名なところだと、ボッシュとかブラウンとかフィリップスとか、世界に名だたるメーカーがいます。



それに比べると、KOENICって聞いたことありません。あまりメジャーじゃないようですが、国内で様々な家電を扱ってます。



ちゃんとホームページもあります。

KOENIC
Der starke und selbstbewusste Helfer für ein modernes Zuhause

まぁ、世界的なブランドに比べて、マイナーなので地元の人しか知らないかもしれませんが、洗濯機や食洗機、アイロン、コーヒーメーカー、ドライヤーなど様々な家電を取り扱っています。



品質要求の高い、ドイツで生き残っていくためには、厳しいはず。そんな中、白物家電中心に提供しているKOENIC。まぁ、多分大丈夫なメーカーでしょう。

スポンサーリンク

KOENIC製鼻毛&耳毛カッターKNT100をレビュー。お値段は?

KOENIC KNT100

で、お値段的にはどうなのよ?っていうことで、ちょっと調べてきました。同じような製品と比較するとこんな感じです。



・KOENICのKNT100  9.99€で購入

・brownのカッター   15€

・PHILIPSのカッター   13.8€



機能と、やれることはほぼ同じと推測。パッケージはドイツ語なんで分かりません。箱の中身が見れるので、だいたい同じことができるはず!ということで比べています。



ブランド力が低いのか、それとも低価格路線を狙っているのかわかりませんが、他社に比べて、安めです。



本場のbrownやPHILIPSを購入してもよかったんですが、これらは日本でも知名度があるし、買うこともできそうです。ここはあえて日本で買えそうにもないもので勝負です。


お財布にも優しいですしね。

スポンサーリンク

KOENIC製鼻毛&耳毛カッターKNT100をレビュー。カッターとアタッチメントが付属

KOENIC KNT100の中身。

箱を開けると、中にはこれらのものが入っています。本体とアタッチメント、掃除用の刷毛、電池、取説(左の冊子)、保証書(右)です。赤色の本体が映えますね。いいカラーリングです。


箱とか、保証書とか不要なので、速攻捨てる対象ですw



単4の電池1本で動かすことができます。電池がなくなったら、充電電池を使って使おうと思います。



先端のカッターは鼻に入れて、毛をカットしていきます。大きすぎてわたしの鼻の穴には入らないんじゃないか?と、少し不安になりましたが、大丈夫です。



わたしの鼻の穴が大きいのか、万人受けするサイズに仕上がっているのかわかりませんが、ちゃんと入りました。

スポンサーリンク

KOENIC製鼻毛&耳毛カッターKNT100をレビュー。取説のイラストが丁寧。

KNT100の取説イラスト

使い方は多分大体わかりますが、正直、取説を見ても言葉がわかんないんで、サッパリ理解できません。そういう時、役に立つのが、イラストです。



上の写真のように、電池の交換の仕方、スイッチの入れ方、アタッチメントの取り付け、取り外し方などなどがイラスト化されてますね。



これがあるのとないのとでは、理解が違います。



ちなみに、取説と保証書には12ヶ国語で書かれていますが、残念ながら日本語には非対応。英語はかろうじてあるので、いざとなったら英語を読めば、なんとなくわかるかも。



このカッター、写真でもあるようにライトがつきます。暗い時でも&鼻の奥が見えないところも、明かりを照らせば、やりやすくなるかも。



個人的にはライトは不要と思いますがw

スポンサーリンク

KOENIC製鼻毛&耳毛カッターKNT100をレビュー。使ってみての感想。

なんだかんだ言って、やっぱりきになるのは、使ってみてどうだったのよ?っていうことで、感想を書きますね。



・パワーは結構あるので、シュパシュパ切れていく

・鼻の穴にちょうど入る大きさ

・持ち手は少し太め、だけど持ちやすい

・毛が引っかかることは今の所、ない

・ライトはやっぱり不要?



正直、狩心地とかはよくわかりませんが、ハサミでやるよりも安心ですし、短時間でしっかりお手入れできるので、使うのはアリだと思います。



気になるのは耐久性ですが、こればっかりは、使い込んでいって確認していくしかありませんね。及第点あげてもいいんじゃないでしょうか?



今回のレビューは鼻毛にフォーカスしてますが、アタッチメントを変えれば、他の毛の手入れも出来そうです。これから春〜夏にかけて肌を露出する機会も増えます。



毛の手入れは身だしなみですから、しっかりやりたいですね。



それでは、また!

家電
スポンサーリンク
モンベリストブログ Lv.3

コメント