USBケーブルを一本化したいんだけど・・・

捨てたもの&こと
スポンサーリンク

こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。



IT機器っていう言い方はもう古い?かもしれないくらい一般化されてますよね。パソコン、スマホ、タブレット、etc。これらの共通点って、なんでしょうか?



そう、バッテリー駆動ですよね。今やバッテリーはどこに行っても欠かせない存在です。わたしもバッテリーという意味では、これを使ってます。

乾電池タイプの家電製品なら、これで賄えるんですが、上で挙げたものは乾電池で動かすものは少ないです。



電力が足らないですからね。



バッテリーを充電するためには、何が必要か?電源と充電したい機器をつなぐ、ケーブルが必要です。



ケーブルの中でも、世の中を席巻しているのはUSBケーブル。今、スマホやパソコンが一家に1台以上あるように、USBケーブルも探せば必ず1本以上は家にあるんじゃないでしょうか?



充電タイプの家電製品で、USB使わないのって、わたしの所持するアイテムの中では、電気シェーバーとパソコンくらいでしょうか?



あとはUSBケーブルで電源と機器をつなぐタイプが多いです。



でもそのケーブル、減らしたくはありませんか?

スポンサーリンク

USBケーブルを一本化したい理由とは?

今や家電製品を使うのにはなくてはならないUSBケーブル、上で書いたようにこれも吟味して本数減らしたいんですよね〜。



できれば、1本で全てをまかないたい。



これでも随分減ったんですけどね。今あるUSBケーブルの本数は全部で4本。内訳はというと、こんな感じです。

・IPhoneSE用のケーブル

・会社支給スマホのケーブル

・無印良品アロマディフューザーのケーブル

・Wimax用のケーブル

全部で4本になります。なぜこんなにあるかというと、それぞれ口の形状が少しずつ違うんですよね。



例えばiPhoneSEだと、コネクタ形状はLightningですよね。一方、会社支給スマホ(Android)とアロマディフューザーはMicro-USBです。そして、WimaxはType-Cとなってます。



それぞれコネクタの形が違うんですよね。



ということで止むを得ず4本をセパレートして使っている感じです。そうなるとどうなるか?やっぱり机の上が配線でゴチャゴチャするんですよね。



それが嫌だ。



ケーブルを一本化したい理由は、机の上をすっきりキレイにしたいからです。

スポンサーリンク

USBケーブルを一本化する方法

ケーブルの取り回しに嫌気がさすので、なんとか1本化できないか?ネットサーフィンしていたら、あるんですね、色々。



例えば、こんなやつ。

ケーブルは一本ですが、コネクタ部が3又に分かれています。3in1というやつですね。これであれば、3本を1本にまとめることができます。そうすると余計な本数持たなくてよくなりますね。



USBケーブルを使って充電するのは主に室内です。となれば普段はこれ一本で全ての充電をまかなえばいい。



一度に3つの機器を充電することもできますね。Amazonのレビューを見ると、3つ同時に充電すると、時間がかかるようですが、寝ている間にやれば翌朝には、フル充電されているはずです。



なんの問題もありませんね。

スポンサーリンク

巻き取り式USBケーブルの方がもっとスッキリする?

さらにもっとスッキリさせたいなら、無駄に長いケーブルをコンパクトにしまえる方が、いいですよね。


そういったものがないのか?と探していたら、あるんですね。



巻き取り式のUSBケーブルが。こんなやつです。

リールを使えば、さらに机の上がスッキリしますね。目下、全てのUSBケーブルを捨てて、これに乗り換えようと考えています。



ところがですね、ひとつ問題があるんです。

スポンサーリンク

どこに売っているんだろうか・・・

日本なら、ビックカメラとかヨドバシカメラなどの家電量販店に行けば、まぁ見つかるでしょう。こういうものも。



わからなければ、Amazonや楽天などのネット通販で注文することもできます。



ところがですね、わたしは今日本に居ないものでして、気軽にホイホイ買いに行けないんですよね。



おそらく、日本と同じように家電量販店やスーパー、携帯電話ショップ等に売っているはずなんですが、まだリサーチ不足で。



そのうちそういうところに足を運んで、USBケーブルを購入したいと考えています。



あと、相場がよくわかんないんで、高値づかみして買ってしまいそうです。日本の価格、意外と安かったりする場合もあるので、リサーチは綿密に行う必要がありそうです。



割り切ってしまえばいいんですけどね。



それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました