ミニマリストが海外生活で役に立つもの。モンベルのロックオンサンダル

定点観測
スポンサーリンク

こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。



ホテル暮らしを続けているわけなんですが、そうすると普段日本でやっていた習慣っていうのは、難しくなります。



仕事柄、ビジネスホテルに泊まることも多いんですが、部屋に入ったとき、まず何をしますか?



おそらく靴を脱ぐでしょうが、では脱いだ靴どうしてますか?家と違って、土間もなく。靴を脱ぎ履きするところもありません。



よくいう外国あるある「靴は家の中でも履く」



今いるホテルも例外ではありません。ホテルと言ってますが、テンポラリーのアパートみたいなところなので、設備はそれほど多くありません。



日本のビジネスホテルなら、部屋に使い捨ての「スリッパ」あるんですけど、こちらには無いんですね。



かと言って、素足で部屋を歩き回るのも嫌。



今回、日本から持ってきてよかったなぁ〜と思うものがそう。サンダルです。モンベルのロックオンサンダル。これが大活躍しています。

スポンサーリンク

モンベルのロックオンサンダルを室内履きに常用しています

モンベルのロックオンサンダル

室内は玄関がないので、靴で歩き回るしかありませんが、靴だと室内ではリラックスできないですよね。



では部屋でどうしているかというと、こちら。モンベルのロックオンサンダルを履いて過ごしています。



このサンダル、以前にもご紹介しました。独特のS字カーブを模した鼻緒と、マジックテープで足首を固定するので、追従性はとても高いです。

モンベルのロックオンサンダル|この夏イチオシ!足首固定の安心感!



今の所、このモンベルのロックオンサンダル、毎日使用しているので、稼働率100%です。



すごいですね稼働率!



これを荷物に仕込んでおかなかったら、毎日部屋の中でずーっと靴を履き続けていなければなりませんでした。それって、結構ストレスです。



サンダルのおかげで、リラックスタイムを自室で過ごせる、これができないということは結構苦痛でしたね。



わたしの部屋はリビングから風呂とトイレ洗面所がつながっているタイプです。日本のホテルのような、ユニットバスではありませんが、ずーっと地続きなので、トイレにスリッパを置いてくよりは、部屋中サンダルで歩き回った方が都合が良いです。


ちなみにユニットバスの記事はこちら。

人気のない3点ユニットバスの部屋をミニマリストにオススメする理由

日本にいた時から、トイレにスリッパは「置かない」派でしたけども、状況が状況だけに、サンダルが代用品になっています。



これで十分なんですよね。

スポンサーリンク

夏場くらいしか活躍の場がなかったサンダルに脚光を浴びせられた!

モノを厳選しているのですが、ひとつひとつのものを眠らせておくんではなく、出来るだけ稼働時間を与えたいと思っています。



ミニマリスト界隈で指摘される「買ってから一回も使ってない」「片付け始めてから、存在に気づいた」という状態です。



出来るだけ、忘れないように使い切りたい。人間ってすぐ忘れるんで、何か別のところで気づきを与えたい。



このブログでもやっているように、持ち物をリスト化して、時々見返す。どのアイテムが稼働率が高いのか?それとも低いのか?のチェックができます。



もう1つは、そもそもモノを減らせば、他のモノに埋没させずに済みますから、気づく確率も高くなります。さらに、使う頻度・稼働率を上げてやれば、最高です。



オールシーズン使えるものだけで統一すればいいですが、なかなかそうはいかないものですよね。サンダルなんて、普通夏場以外は使えませんから。



今回、海外に移り住んだことで、夏場しかほとんど出番のなかった、サンダルを冬でも脚光を浴びせることができました。



モノを使い切る、観点からすると、いいことだなぁと思っています。

スポンサーリンク

サンダル以外にも利用できるものは利用していく

サンダルが室内履きになりました。これは思いもかけなかった状況です。日本での当たり前が、海外では通用しない。逆にその状況を、今ある持ち物でどうにかして乗り越えてゆく。



これがモノが少ない生活の醍醐味なんじゃないかな?って思います。モノがない→だから買う、と安易に流れるんじゃなくて、出来ない→今あるもので考える→試しにやってみる→克服できたら、楽しくないですか?



ガシガシものを捨てて、綺麗になった〜って喜ぶのも確かに楽しい。そこから一歩踏み出して、別のものに使えた〜。こんな使い方もできるんだー。って知ることができたら、もっと楽しいかもしれません。



毎日の生活から気づきを得たいですよね。



それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました