モンベルのクリーニングクロス|メガネの汚れを残らず拭き取る秘密

アイテムレビュー
スポンサーリンク

こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。



モンベルばっかり使っているわたしですが、眼鏡は残念ながらモンベルではありません。



サングラスであれば、モンベルでも扱っているのですが、どうやら矯正視力用の眼鏡は設定がないようです。



これは仕方ありませんね。



もう眼鏡をかけ始めてから、何十年も過ごしてきたので、今更眼鏡のない生活が考えられません。



これでも一時期、コンタクトレンズに鞍替えしたときもあるんですが、やっぱり眼の負担が大きいのと、ケア用品や眼下に通う費用と面倒臭さが嫌になって、辞めてしまいました。



今後もしばらくは、コンタクトやる気はありません。



その代わり、レーシック手術だったら、ちょっとやってみたいなぁって考えていますが、こちらは費用と安全性の観点から、二の足を踏んでいます。



レーシック手術も昔と違って、レベルが上がってきているとのことですから、やってみてもいいのかもしれませんね。



さて、そうは言ってもしばらくは眼鏡をかけ続けることになりますので、眼鏡のメンテナンスを怠るわけには参りません。



基本的なメンテに「レンズの汚れを拭き取る」行為があります。



これ、結構重要なんですよね。



スポンサーリンク

レンズの汚れはレンズクリーナークロスで拭き取るよね?それ、何枚持ってますか?

眼鏡ストの方ならお分かりだと思いますが、レンズが汚れると、めっちゃ「見づらく」なります。また、相手側から見ると、レンズの汚れって、結構目立つんですよね。



レンズが汚れると、身だしなみが「だらしない」と見られてしまいます。他人の目なんか気にしないと言いながらも、このせいでビジネスチャンスを逃してしまうようでは、もったいないです。



なのでレンズのクリーニングはこまめにやりたい。



レンズクリーナーってみなさん、何使っていますか?わたしも今まではそうでしたが、大抵メガネを購入した販売店が「おまけ」でくれるものじゃないでしょうか?



わたしも当たり前のように、メガネ店からもらうものを使ってみました。



これは間違いじゃないんですが、実は意外とレンズクロスだけ溜まっていたりしませんか?何枚持っているでしょうか?



そうそう、余分なものは持たないのがミニマリズム。



眼鏡だけ例外を設けるわけにはいきません。お気に入りの一枚だけで十分なはずです。人によっては洗い替えで2枚必要がもしれませんが、そこは見極めてくださいね。



で、そのレンズクリーナーですが、実はモンベルにもあります。それがクリーニングクロスというものです。

スポンサーリンク

モンベルのクリーニングクロス~その特徴は?

モンベルのクリーニングクロス。手拭きとして使えるかも!

こちらがクリーニングクロス。元々は別売りのサングラス等のレンズ汚れを拭き取るために販売されているものです。



レンズを拭き取るのだから、別に普段の眼鏡に使ってもいいでしょ?という論理ですw



このアイテムなかなかモンベルショップで見つけにくいかもしれません。サングラスのコーナーがあったら、周辺を注意深く見てみてください。きっとこの写真のパッケージがぶら下がっているはずです。



サングラス、眼鏡はもちろん、携帯電話やパソコン、カメラにも使えるとのことですから、幅広く使えますね。



また、特殊な繊維が表面を傷つけることなく、汚れを効果的に除去するとあります。



さらには、洗濯して繰り返し使えるというのもポイントが高いですね。

スポンサーリンク

モンベルのクリーニングクロス~正方形のクロス。表面は凸凹

パッケージを開けると、中から正方形の布切れが出てきます。右下にmont-bellのロゴが。そつなくありますね。



先ほど繊維が特殊、とありました。なるほど凹凸があって割とモコモコしている感じがしますね。触ると意外とさらっとしています。



一般的なタオル生地とはちょっと違っていて、少し厚みがありますが、それが汚れを残さず拭き取るのかもしれません。



この色と繊維、どこかで見覚えありませんか?

そう、クイックドライです。



洗顔、お風呂、その他に重宝している速乾性と吸水性に優れたあのタオルと色がそっくり。でもなんとなく、繊維は違う気がします。



もしかしたら、どちらかの応用で、転用したのかもしれませんね。



スポンサーリンク

モンベルのクリーニングクロス~大きさは一般的なクロスと変わらない

比べてみると、モンベルの方が大きい

少し厚みのあるモンベルのクリーニングクロスですが、大きさはどうでしょうか?こちらの写真を見ていただければお分かりかと思いますが、大きさはほとんど同じ。



これだと、大きくてかさ張るということはありませんね。



若干大きいようにも見えますが、大きさが木になるほどではありません。



厚みの方はやっぱりありますね。他社のものは極薄ですが、モンベルのクリーニングクロスは倍くらいの厚みがあります。



実際、拭き比べてみたんですが、モンベルの方が汚れがよく落ちるような気がしました。まぁ、他社のものが使い込んでいて、汚れが溜まっていたとか、モンベルのが新品だったから汚れ落ちが良かったということかもしれませんが、ね。



とにかく、充分使えるということがわかりました。

スポンサーリンク

メガネは視界良好でいきましょう。

モンベルのクリーニングクロスという、眼鏡ストにとっての重要アイテムがあります。普段の眼鏡のお手入れに、サングラスやスマホ、パソコンにも使える汎用性の高いアイテムです。



メガネ屋さんでもらうクロスを使ってもいいですが、何枚も持っていたりしませんか?それよりはちょっと拘って、お気に入りのアイテムで眼鏡を拭くのもアリなんじゃないでしょうか?ご参考までに。



それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました