モンベル|ウィーリーバッグの見た目は生涯忘れることはないでしょう

バッグ
スポンサーリンク

こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。



およそ1ヶ月、海外でホテル生活が待っているそうです。これに耐えうる荷物はどれくらいか?試行錯誤する毎日を送っている、ビビリ眼鏡です。



以前に海外出張に1週間いったときは、ご存知、モンベルのトライパック30を背負って行ってきましたが、問題なく過ごせました。

モンベルだけ持って海外で1週間生活!帰国してわかった4つのポイント

今回は、「出張」ではなくて「生活」しに行くわけですから、荷物&装備も少し変わってきます。



となると、やはりトライパックでは少し役不足かな?と感じずに入られません。というコトで、今回は無理せず、第2のバッグを調達し、1ヶ月以上の滞在にも耐えられるだけの荷物を用意し、それを詰められるバッグを調達しました。



それが何かというと、そうモンベルのウィーリーバッグです。

スポンサーリンク

モンベルのウィーリーバッグをレビュー〜それは、キャリーバッグのこと

モンベルのウイリーバッグ60。カブトムシのようなツノが出るw

こちらがモンベルのウィーリーバッグです。見た目どうですか?



カブトムシのようなフォルムですね。取っ手の部分が「カブトムシのかぶと」を連想させますね。カラーがブラックなのも、余計にカブトムシ感を漂わせます。



わたしは勝手にこのウィーリーバッグを「モンベルのかぶとむし」と呼んでいます。



わざとかぶとむしのツノを再現しているのではもちろんなくって、このバッグは俗に言う「キャリーバッグ」です。



あのガラガラ引いて歩く、旅行用のバッグのことです。

スポンサーリンク

モンベルのウィーリーバッグをレビュー〜その特徴は?

ウイリーバッグの大車輪。取り回し良く、キビキビ動ける。

キャリーバッグに求められるのは、積載量と運動性です。特に運動性はかなり重要です。



機動性の悪いキャリーバッグはでかいだけの本当の意味で「お荷物」になってしまう危険性があります。



その点、モンベルはしっかり克服してきています。写真にもあるように、ホイールはとても大きな車輪を使っているので、取り回し良く、キビキビ動いてくれます。



実際に引いてみるとわかるのですが、転がしやすいし、うまくついてきてくれるような感覚を持ちます。



遠い昔にまだ安物の「キャリーバッグ」を持っていた時代、動きは鈍いわ、追従しないわ、コントロールができないわの3重苦を味わってから、ちょっとトラウマになっていたんですよね。



でもウィーリーバッグはとても扱いやすくて、いいです!



また先ほど「ツノ」と言った、取っ手の部分ですが、当然、キャリーバッグ本体に収納することができます。

取っ手を本体にしまったところ。何気に菱形のモンベルロゴがお目見えしている。

長さは2段階、調節することが可能なタイプです。体のサイズや、取り回しのしやすさで、長さを調節しましょう。

スポンサーリンク

モンベルのウィーリーバッグをレビュー〜見た目はトライパックと変わらない?

左がウィーリーバッグ。右がトライパック

モンベルのウィーリーバッグですが、何かに似ていませんでしょうか?そう、冒頭でも紹介した、トライパックによく似ています。



パ●ったんじゃないかってくらい、よく似ています。



いやいや、同じモンベルから出ているんだから、似ていたって構いませんよね。べ、別に。



これはわたしの主観だけでなく、皆様にも見ていただいたところ、やっぱり見分けがつかない感じです。



実際に並べてみるだけではなく、中身はどうなのか?よく見てみると、構造やポケットなど、ほとんど同じ。違うところは、ホイールがついているか?と取っ手がついているかどうか?です。

ウィーリーバッグの中身を開けたところ。トライパックと瓜二つw

サイズは今回、常用しているトライパック30よりも大きめのウィーリーバッグ60を選択していますから、容量は2倍になりました。


もともと、ミニマリストですから、そんなにモノを持っていませんし、替えの服が何枚もあるわけではないので、これで十分でしょう。もちろん、トライパックも背負って、ガラガラ引いて歩くので、十分な容量のはずです。



ちなみにトライパックはこんな感じです。

ここまでよく似ていると、普段トライパックの取り扱いに慣れているので、ウィーリーバッグに乗り換えたとしても、とても安定感&安心感があります。



どこに何を入れるのか?どこなら入れやすい&出しやすいのか?が実際に入れて見なくとも、ある程度わかりますからね。

スポンサーリンク

モンベルのウィーリーバッグにモンベルを詰めて、1ヶ月ホテル暮らししてきます!

1ヶ月くらい、お世話になる、頼りになる相棒とはこいつのことだ!

モンベルのウィーリーバッグを持って、まずは現地に向かいます。そこでしばらくホテル暮らしを続けるつもりです。



今回持って行く荷物に対して、十分な容量があるのも魅力。機動性も問題ないので、これからビジネスだ、旅行だ、と言った様々なシーンに、強力な助けとなってくれることを願っています。



それでは、また!

コメント