モンベルで手放したもの。スリムワレットメッシュ

モンベル
スポンサーリンク

よわむしめがね(@Yowamushi_glass)です。

モンベリスト、大体のモノはほとんどモンベルです。身につけるモノもそうですが、頻繁に持ち歩くモノもほぼモンベルです。

モンベルでないものと言ったら、スマホくらいでしょうか。

しかも、iPhoneSE 。

ミニマリストとアップル製品の相性が良いのは、シンプルなところが、共感を産むからです。

今まで、ふ〜んって感じで、特に気にも止めてなかったんですが、一旦所有すると、ミニマリストのツボを突いてくる仕様が心をくすぐりますね。

いずれ、Appleについてもブログで書きたいと思います。

MacBookAir最新型よりも旧型が欲しくなる5つの理由

今回、それは置いといて。

スマホ以外に持ち歩く頻度が高いモノってなんでしょうか?色々ありますが、わたしは【財布】だと思います。

生きていくためには、買い物しますよね。買い物するなら、お金が必要です。現金かカードは必須です。

これらを持ち歩くには、財布が必要です。

無くても持ち歩くことは出来なくもないですが、細切れに持ち歩くのは、嫌です。

ここで財布の出番となる訳です。

最近ではおサイフケータイとか、Apple Payや電子マネーがジワジワと浸透しつつあります。しかし日本ではまだまだ、現金が主流です。

わたしはモンベルのポイントを貯めるために、ほとんどのお金の支払いを、クレジットカードで済ませています。

だから、カードだけで持ち歩くことが出来れば、いいなぁと考えています。

いずれにしても、現状では財布が必要な世の中にいるわけですから、持ち歩くしかありませんね。

じゃあ、どんなサイフを使っているのかというと、現在はモンベルのスリムワレットを使っています。

このサイフ、安くてコンパクト、ミニマリストの考えにマッチする小さなサイフです。

容量は大きくない分、コンパクトな運用ができるので、とても重宝していました。

モンベルのスリムワレット|薄くて小さくてミニマリストにオススメ!

そんなコンパクトなスリムワレットですが、使い込んでいるうちに、ちょっとなぁ〜と思うところが出てきたので、少しまとめたいと思います。

今回はほとんど否定的な内容になってしまうので、スリムワレット好きな人には申し訳ないですが、でも書かせていただきます。

スポンサーリンク

モンベルのスリムワレットを手放した理由〜汗を吸うと、臭い。

モンベルのスリムワレット、コンパクトでミニマリストにとってはうってつけのアイテムです。

それは大変いいことなんですけど、ちょっとその気持ちが揺らいでしまいます。それは、夏の出来事でした。

以前にも書きましたが、夏場は汗を吸って、臭くなる。メッシュ生地であるがゆえでしょうか?ちょっと残念なことになってしまいました。

暑い夏の悩み|モンベルのスリムワレットが臭い!どうしてそうなる?

これが、使い続ける気持ちにならない理由の一つになりました。一旦、気になりだすとやっぱり、とても気になるんですよ。

身体をいくら綺麗に洗っても、服や持ち物が臭かったら、思わぬところで誤解を生む可能性があります。スメハラなんて言われた日には街を歩けませんね。

おじさんだからもう臭くてもいいや、って思うんではなく、できる限りケアしていきたいですね。

一応、対策としては財布を洗濯するということで、臭いを発生させないようにしました。これは結構効きます。

洗濯物と一緒に放り込んでしまえばいいんです。くれぐれも、お札と硬貨を一緒に投入しないようにしましょうね。

臭いはこれである程度防げるんですが、それだけではない、困ったことが起こりました。

スポンサーリンク

モンベルのスリムワレットを手放した理由〜ヘタると、ホールド力が弱まって危険!

モンベルのスリムワレットを使い始めて、しばらく経つんですが、ちょっと困ったことが起こりました。

それがこちら。

全体的にヘタってきました。

まぁ、毎日持ち歩いて、わたしの尻の下に敷かれて大変過酷な環境にさらされているのは事実。申し訳ないなぁと思いながらも、日々使い続けています。

そして夏場のニオイ対策をするために、定期的に財布を洗濯機にかけていたのがいけなかった。

全体的には、新品に比べて若干縮んだと思います。

期せずしてさらにコンパクトになってしまいました。

それだけで済んでいたらいいのですが、どうもそうではないのです。スリムワレットには、カードホルダーがついているのですが、これのホールド力が、どうも弱くなっているようなのです。

先日、買い物をしていて、レジ前でカードを全てぶちまけてしまいました。超焦りましたよ💦

今までこんなことはなかったのに。

その後も同じようなことが、2回ありました。結論としては、もうカードホルダーにカードを入れてはいけない。しかも複数枚入れるのはNGです。

気がついたら、免許証やクレジットカードを紛失している!ということも今後起こりえるかもしれません。

財布の機能として【中身のお金などをしっかり確保する】ことが求められていると考えています。

使い方が悪かった、メンテナンスの仕方が悪かったとはいえ、財布本来の機能を果たせなくなってしまっては、仕方ありません。

スポンサーリンク

モンベルのスリムワレットを手放した理由〜カードの跡がくっきり残る

モンベルのスリムワレットで残念なところがもう一つあります。それは使い続けていくうちに、形が変わってしまうことです。

こちら見ていただくとわかりますが、カードホルダー側の本体部分がかなり凸状になっているのがお分かりでしょう。

つまりここにカードをたくさん入れて運用していた結果、本体部分にその厚みが転写されて元に戻らなくなりました。

アイロンかければ、元に戻りそうな気がしますが、化繊なので熱を加えるのはよろしくない。

そもそも、わたくしモンベリストはアイロン持っていないので、アイロンかけられないんですよね(笑)

ミニマリスト、アイロンはいらない。苦痛から解放されて快適になった

なので、この状態から元通りに戻す術は、今のところありません。強いて挙げるなら、財布として使わずに保存しておくことしかできませんね。

まぁ、今までずっと使い続けてきたので、ここら辺で少し休ませてあげるのがいいのかも知れません。丁度いい休養期間です(笑)

スポンサーリンク

モンベルのスリムワレットを手放した理由〜実はカードを取り出しづらい、3段目

モンベルのスリムワレット、3つ目の残念なところ。それは3段目のカードホルダーです。

ここはほとんど使わないカードを入れて使っているんですが、全く使わないわけではないんですね。

例えば、免許証。

普段街で免許証を取り出すシーンはそれほど多くはありません。ただ、身分証明書の提示を求められた時は、仕方ないので出しますよね?

その時、スリムワレットの3段目から免許証を取り出すんですが、これがなかなか難儀するんです。

わたし、自分では不器用な方だと思っているんですが、それでしょうか?結構引っかかるんです。

上でカードを全部ぶちまけた、と書きましたがそれが起こったのは、免許証を取り出した時でした。。。

引っ掛かって、勢いよく取り出したら余計な力をかけてしまい、財布とカードが吹っ飛んでいってしまいました。

なので免許証を取り出す時は、注意しつつある程度の力を込めて取り出さなくてはいけないんですよ。

これがかなり面倒くさい

面倒くさがりミニマリストとしては、とても煩わしいんですね。この所作。

だからなんとかしたいなぁ、って思っていますが、現状このスリムワレットを使い続ける限りは、どうにもなりませんね。

スポンサーリンク

モンベルのスリムワレットを手放した理由〜まとめ

モンベルのスリムワレットは、コンパクトでミニマリストのミニマル心に火を灯す、素敵なアイテムです。

しかし、使い込んでいくうちに、ちょっと残念に思う点が出てきました。

・夏場は汗を吸って臭くなる

・カードホルダーのホールド力がが弱くなる

・本体にカードの跡が残る

・3段目のカードホルダからカードを取り出しづらい

ここ数年、何度か財布を買い替えているのですが、どうもしっくりきませんね。財布探しの旅は当面続きそうな予感がします。

まぁ、それもいいでしょう。

最後にこれだ!と思えるものに出会えれば無問題です。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました