ミニマリストが使っている。ほうきとモップについて(無印良品)

生活
スポンサーリンク

よわむしめがね(@Yowamushi_glass)です。


床そうじはどんなアイテムを使ってやりますか?一般的には掃除機をつかうことが多いと思いますがどうですか?最近はロボット掃除機なんかもありますよね。


ミニマリスト界隈では、掃除機を使わずに床の掃除をしている人もいらっしゃいます。実はわたしもその一人です。


ひとり暮らしが長いですが、それでも分不相応に「吸引力の変わらない」掃除機を使っていたりしたんですが、アパートだと音がうるさいし、狭い部屋だと結構場所をとります。


それが壊れてしまったのを契機に、今度はハンディクリーナーでいいかな?と口コミで評判だったマキタのハンディクリーナーを導入したりもしました。


こんなヤツですね。


マキタのハンディクリーナーは、ひとり暮らしの部屋くらいなら充分な性能を持っています。これ一台あれば全く問題ありません。


まぁ、マキタでなくとも、他のメーカーのハンディサイズの掃除機であれば十分であろうと思います。


マキタのレビュー記事も書いてますので、ご興味があればこちらをどうぞ。

掃除機のレビュー|マキタ【CL105】超軽量!充電式!お手軽クリーナー


で、しばらく使っていたんですが、手放しました。理由はコチラです。

ミニマリスト、掃除機はいらない。5つの理由


色々ゴニョゴニョ書いてますが、最終的には掃除機を使わなくても掃除ができるし、掃除する範囲が狭いので、掃除機でなくとも良いという結論に達したからです。


掃除機の代わりに何を使っているかというと、昔ながらのほうきとモップ。ものをできるだけ持ちたくない、ミニマリストにオススメするのは、コンパクトに取り回しができるモノです。


その理想形に近いのが、無印良品のアイテムだと思っています。今回はそれらをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ミニマリストにオススメ!ほうきとモップは場所とお金がかからない。

掃除機に代わって床掃除をするためには何を使うか?というのが焦点になります。掃除をしないというのは論外です(“⌒∇⌒”)


掃除を放っておくと、ホコリや髪の毛、ちりなどが溜まってきます。そういうものを放置しておくのは衛生的に良くないです。


汚れた部屋だと、精神的にもよくないですからね。


で、掃除用具として使っているのはシンプルにほうきモップです。


わたくし、昭和の生まれなので、まだ学校では放課後、掃除の時間というのがありまして(今もあるのかな?)、結構真面目に教室の掃除に取り組んでいた方だと思います。


その甲斐あって、幸い、ほうきでの掃除は慣れています


ほうきとモップ、実際導入しようとすると、大した金額じゃありません。数百円から数千円も出せば買えますよね。


一方掃除機だと、数千円から数万円します。このコストパフォーマンスの良さ、結構バカにできないです。それでいてしっかり掃除すれば、別に掃除機で吸わなくてもいい。


そして手軽だし、掃除機のような大きな音も出ない。メリットありまくりですよねw

スポンサーリンク

ミニマリストにオススメ!ほうきとモップ(無印良品)

愛用の無印良品の掃除セット

わたしが現在、使っているのが、無印良品の掃除用具システム。似たような製品は世の中にたくさんあると思いますが、今のところこれに代わるアイテムを購入しようとは思っていません。


選んだ理由は、使い勝手の良さと、無印良品に行けばだいたい置いてある汎用性の高さにあります。


内訳は以下になっています。


4点購入しても、2000円でお釣りが来ます。掃除機を購入するよりは、安いです。

アルミ伸縮式ポールをベースに、フローリングモップホウキを用途にあわせて、入れ換えることができます。ホウキやモップなど、通常長尺のものは何本も購入すると萎えますが、掃除用品システムはヘッドだけとり変えれば済みます。


それもいい。d(≧∀≦)b


ミニマリストなら、必要最低限のものだけで、掃除したいですからね。サイズや本数が増えるのはさけたいですからね。

スポンサーリンク

ホウキは、柔らかくコシのある毛を使っているので掃除しやすい

無印良品のホウキは、毛の部分が2~3cm位ある短いタイプ。小学生の頃、このタイプのほうきで教室を掃除していたのを覚えています。


懐かしいですね~😜だから、慣れているというのもあるんですよね。


使ってみるとわかりますが、柔らかい毛を使っているので、フローリングの床を傷つけることはありません。また、コシも十分あるので、細かいゴミもしっかり集めることが出来ます。


もちろん、とっても軽量なので、掃除機のように使ってて、重くて疲れることはありません。

スポンサーリンク

フローリングモップはお掃除シートを取り付けられる

無印良品のフローリングモップは、雑巾やお掃除シートを挟む★型の穴が四隅に空いてます。ここに雑巾やシートの端を押し込むと、固定される仕組みです。


他社製品にも同じものはありますが、それとほとんど変わりません。使ったことのある人なら、全く問題なく使えます。


シートの場合は掃除が終わったあと、外してゴミ箱にポイっとすれば、手も汚れにくくて簡単です。

無印良品のフローリングモップはさらに、専用のマイクロファイバーモップを取り付けられるようになっています。


裏のカバーを外すと、マジックテープになっていて、フローリングモップと合体することができます。乾拭きしたい!という要求があれば、マイクロファイバーモップを購入してもいいかもしれませんね。


取り付けられる専用のモップは、ドライタイプと水拭きタイプ、2つあります。お好みに合わせて選択してくださいね。


今のわたしの考えは、モップがけするとした場合、使い捨てのモップシートを使用します。繰り返し使うタイプは、手入れが面倒なので、サッと掃除して、スッと捨てる。これを理想としています。


スポンサーリンク

アルミ伸縮式ポールは、掃除用品システムのベースとなる必須アイテム!

アルミ伸縮ポールは掃除用品システムにおける重要パーツです!これがなければ、掃除が成立しません。


ポールの真ん中に固定のロックがあります。突っ張り棒と同じですね。そして先端にはアタッチメントをロックする突起がついています。これで、ホウキやモップを使っているときにも外れません。


アルミ製なのでポール自身も軽いです。ホウキあるいはモップを取り付けても軽いので、非常に楽です。


私は収納のことを考えて、アルミ伸縮ポールを購入しましたが、伸縮機能が必要なければ木製ポールもあります。必要に応じて、ポールを選択すればいいです。


スポンサーリンク

掃除用品システムのデメリットは?

では掃除用品システムのデメリットってなんでしょう?製品のデメリットについても書くのが私の流儀。これらを使って私が感じたデメリットを以下に書きます。


・プラスチックなので強度が不安
・もう少しコンパクトにならないか?


まぁ、強度に関しては割りきって使うしかないでしょう。アルミ伸縮ポールですがもう少し短くなれば、収納も楽になるんですが、コストに見合いませんかね?


無印良品様、どうか検討をお願いします。

スポンサーリンク

まとめ

無印良品の掃除用品システムを使っています。今のところ大きな不具合も、不満もありません。掃除機が無いため、騒音ともおさらばできました。


掃除するところも限られているし、引っ越しのとき持ち運ぶのにも軽くてかさばらないものは、非常に楽です。


追記;

日本からそのまま持ってきて、コチラで使っておりますが、無印良品の非常に助かっています。欧米の部屋はご存知のように、土足で生活するため、床もフローリングになっています。掃除機をかけるより、ほうきで掃いたほうが、楽ですし、快適です。


それでは、また!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました