40代からはじめるフリマアプリ【メルカリ】とは?メリットとデメリット

生活
スポンサーリンク

よわむしめがね(@Yowamushi_glass)です。

40代ともなると、次第に新しいことを取り入れるというのが、昔よりも難しくなってきます。

余暇を過ごす時間がなかったり、新しいことが複雑すぎて手に負えなかったり。気持ちは若いつもりでも、身体の方がついていかなかったりということ、ありますよね。

若い世代(20代、30代)でミニマリストをやっている方々、結構いますし、ブログとかみていると、感性をとても大事にしている人が多い気がします。そういうところは素直に見習いたいと思います。

我々40代のミニマリストも負けてはいられません。と言いながら、まぁ、勝ち負けを競っているわけではないですけどね。

新しいことにチャレンジするのって結構、勇気がいりますよね。ミニマリストをやるにしても、モノを捨てる、処分するにしても。

モノを処分する方法として、普通にゴミの日に捨てる、あるいはリサイクルショップに持っていくという方法が一般的です。

わたしも今まではリサイクルショップに持っていくという手法をメインでモノを処分してきました。

なかなか新しい方法でやってみようというのは、気分が乗らないかもしれません。しかし、モノを処分する方法というのは何もこれだけじゃありません。

それがメルカリという、スマートフォン(スマホ)用のアプリを活用する方法があります。このアプリであれば、20代だろうが、40代だろうが、ちょっと操作すれば簡単に使うことができます。

今回はメルカリにスポットを当てて、メルカリとはなんぞや?というのと、メルカリのメリットとデメリットについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

40代からはじめるフリマアプリ【メルカリ】とは?

メルカリというのはスマホ用アプリです。ジャンルとしてはフリマアプリとなります。フリマアプリはその名の通り、フリマ(フリーマーケット)をネットで行うための手助けをしてくれるアプリです。

メルカリというネット上に、自分の売りたいモノの情報をアップロードして、メルカリ内に登録している人たちと、売買のやり取りをおこなう仕組みです。

休日とかにたまにイベントでフリーマーケットが開催されると思いますが、それのネット版だと思っていただければいいです。

フリーマーケットなので、もちろん自分のモノを出品してもいいですし、どなたかが出品しているものを購入しても構いません。

売りたい人と買いたい人をつなぐツールがメルカリであると言ってもいいでしょう。

登録の仕方はとっても簡単。方法は二つあります。

・パソコンを使ってメルカリのネットから登録する。

・スマホアプリをダウンロードして登録する

どちらかを先にID登録すれば、あとからスマホアプリとパソコン両方で連動させることができます。

パソコン版のメルカリ登録はこちら→メルカリ

スマホアプリをダウンロードしたい場合はこちらからどうぞ。

メルカリ

メルカリ

posted withアプリーチ

スポンサーリンク

40代からはじめるフリマアプリ【メルカリ】〜メルカリのメリットは

スマホの操作は大体わかるなら、メルカリの登録もそれほど苦になることはないと思います。簡単な個人情報を登録して、ID登録(ハンドルネームで問題ない)すれば使えるようになります。

で、実際にわたしが使ってみてメルカリに感じたメリットを下に書き出しますね。

・出品から落札までのスピードが速い(数分で売れることもある)

・高額で売れることがある(基本的には出品者の値付け次第)

・らくらくメルカリ便を使えば,匿名で発送できる

・代金をプールしておき,別の出品者のアイテム購入に使える

・こんな物でも?と思えるようなものでも,買い手がつく場合がある

条件がマッチすれば、出品してものの数分で売れていくものもあります。わたしも何度か経験したことがあります。このスピード感、凄いです!

また、比較的高い金額で売れていくのも魅力のひとつ。例えば、わたしはモンベルをよく使っていますが、モンベルは人気ブランドのひとつなようで、割と早く売れていきます。

モンベルといえども、リサイクルショップに持っていったら,二束三文だろうなと思っていたものが,数千円で落札されたとき、大変驚きました。凄い!

特に魅力的だなぁと思うのが、匿名配送ができるというところです。メルカリ内のサイトで出品者とのやりとりは登録したID(ユーザー名)でやり取りします。

ところが、いざモノを送る段階で、個人情報を明かさなければならないのは、結構嫌なものです。昔、オークション等にも出品していたんですが、最後に個人情報を明かすのが嫌で。

それが嫌だったんですよね。

でも安心してください。メルカリは匿名配送(らくらくメルカリ便)OKなので、基本的に個人情報を明かす必要がありません。メルカリのIDでできてしまいます。

匿名配送に対応しているというのだけでも、使う価値あり!ですよね。

メルカリ

メルカリ

posted withアプリーチ

スポンサーリンク

40代からはじめるフリマアプリ【メルカリ】〜メルカリのデメリット

先ほど、メルカリのメリットを説明しましたが、いいことばかりではありません。実際にわたしが使って感じたメルカリのデメリットについてもまとめておきます。

・発送は自分で手続きをしなくてはならない

メルカリへの手数料(落札額の10%)が地味に痛い

・クレーム対応は自己で行う必要あり

・銀行振込手数料が高い

発送手続きというのは具体的には、梱包作業と輸送業者への配送手続きになります。基本的に梱包は自分で行います。荷物のサイズが大きくなると送料がかかるので、どのようにコンパクトにかつ落札者に満足いただける梱包が出来るか?を考えるのが、ちょっとだるいです。

落札者に送料を負担してもらうこともできますが、送料込みにしたほうが落札される確率が上がります。

地味に痛いのがメルカリへ支払われる手数料です。落札価格の10%がメルカリの手数料として取られます。例えば2000円で落札された物品があったとすると、そのうち200円がメルカリに支払われ、残りの1800円が利益になります。

その利益から送料込みにしている場合、利益が差し引かれますので、例えば宅配便の60サイズだと実際の売り上げは1200円まで下がってしまいます。

なので、あまり値段の安いものだと、落札されても元本割れという事態になる場合もありますので、落札代金と手数料、送料を引いたときにどれだけ利益が残るのかを常に把握しておきましょう。

まあ、殆んど価値のないものが数百円でも値段が付いて利益が出ると考えたら、メルカリ使うのもメリットになりそうですけどね。

クレーム対応は基本、自分で行います。まぁあまりにも悪質な場合は、メルカリの運営に問い合わせて、仲介してもらうこともできるようです。

ある程度金額が溜まったら、メルカリから自分の銀行口座に資金を写すことになりますが、その手数料が少し高め。引き出すなら、小出しにしないでまとめて引き出したほうがお得です。

メルカリ

メルカリ

posted withアプリーチ

スポンサーリンク

まとめ

商品発送のわずらわしさやクレーム対応の問題があるとはいえ,高額買取をしてもらえる可能性があるメルカリが,急成長しているのも納得できます.

わたしも『持ち物リスト』の中から,高額買取できそうなものをチョイスして,しばらく続けたいと思っています.後日また,メルカリについてレビューしたいなと思っています.

それでは,また!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました