ミニマリストはカーペットを買ってはいけない!捨てるとき地獄を見るよ。

捨てたもの&こと
スポンサーリンク

よわむしめがね(@Yowamushi_glass)です。


お片づけ、すすんでますか?ミニマリストになりたくて、ありとあらゆるモノを捨ててますか?


一旦、【捨てスパイラル】モードに入ると、捨てるモノが、加速度的に増えていきます。もう、そのモードになれば、大丈夫。リバウンドも少なくなります。


さて、【捨てる】と簡単に書いていますが、実際にやってみると、かなり大変です。毎日、毎週、捨てるモノの山との格闘に本気で取り組む必要があります。とにかく時間がかかる。


あぁ、これまで時間をお金で買っていたんだなぁ、だから、返そう(捨てよう)とするとき、時間も返してもらいたくなるのかも。


って、思いながら、時間をかけて、捨てていきます。結局、満足のいく状態になるまでには1年くらいかかったでしょうか?


たくさんある【捨てるモノ】の中で、慣れていくと、経験的に捨てやすいモノ、捨てにくいモノが見えてきます。


捨てやすいモノは心配無いですが、捨てにくいモノは、とても苦戦します。時間取られることに加えて、処分費用にもお金が掛かる場合があります。


そうなると、捨てスパイラルから外れてしまう(モチベーションが下がって、捨てたくなくなる)危険性があります。


折角、お片づけすすめてきたのに、元通りになっては悲しすぎます。


難敵が、そう、カーペットです。

スポンサーリンク

カーペットは、買ってはいけない!

カーペットは身近にあるアイテムの一つです。日本人は、比較的地べたに座って生活するシーンが多いので、固い床の上に、柔らかい【何か】を敷いて過ごしたいですよね。


畳が多かった時代は、畳の上に直に座っても、違和感なく過ごせました。これは畳の柔らかさがそうさせるのだと思います。


しかし、近年は部屋の構造も欧米かしてきて、フローリングや床構造の家が増えてきたので、床の上に座ったり、寝転がったり出来るように、カーペットを敷きます。


と、なんとなく生活に密着して、当たり前のように敷いている、カーペットですが、本気に必要ですか?


わたしは現在、カーペットを使っていません。


ちなみに掃除は、ホウキです。

ミニマリストが使っている。ほうきとモップについて(無印良品)

買うときは、デザインや肌触りをジックリ確認して吟味しますよね。


でも、捨てるときのことを考えて買う人はどれくらいいるでしょう?


おそらく、殆どいないのではないでしょうか?下手をすると【一生モノ】と思って買います。


かつて、わたしもそうでした。


まぁ、一生モノは大げさですが、買ったら後は、そこにあるもの、と定着しちゃうものです。


ですが、片付けを実行するなら、カーペットはかなりの難敵です。


買ってはいけないものだったんです!


スポンサーリンク

カーペットは処分困難なアイテムだった!

何故ここまで、力説するかというとですね、カーペットを捨てるのは、本当にめちゃくちゃ大変だったからです。


捨てるのに苦労する条件というのがあります。それは、


・大きくて、かさばる

・一般ゴミとして捨てられない、捨てにくい

・リサイクルで買い取ってくれない、買取不可


大きくて、かさばるモノは、捨てるのも、売るのも一苦労。ゴミに出す場合は、【粗大ゴミ】扱いになりますが、【粗大ゴミ】になると、大抵費用が発生します。


捨てるにしても、売るにしても、手続きや、持ち運びがとても面倒です。


自治体で【ゴミ】として出してはいけないものがあります。例えば、消火器。わたしの自治体では、専門業者に処分を依頼することになっています。


手続きが面倒なうえ、費用も発生する、厄介モノです。


リサイクルショップで買い取り不可のものも、結構あります。食器や布団などは、一度でも使うと、不可の場合が多いです。


リサイクルショップで不可のものでも、ネットオークションやメルカリを利用すると、買い手がつく場合があります。

40代からはじめるフリマアプリ【メルカリ】とは?メリットとデメリット


諦めず、根気よく買い手を見つけられるか?が課題です。


そのモノが中古市場で人気がないと、買い取りは難しいです。先ほど書いた、食器などは人気がない→買い手がつかない→買い取り不可パターンです。


で、冒頭にでた、カーペットですが、上に上げたダメな条件を全て持っています。


大きくて、買取不可、捨てにくい。なかなか難敵です。

スポンサーリンク

カーペットを処分するにはどうしたらいいのか?

ではカーペットをどうやって処分すればいいのでしょうか?


まずは、ダメ元で買い取り業者に打診してみましょう。出来れば、単発で頼むのではなく、何か買い取りしてもらえるものと、一緒にしたほうが、確率が上がります。


手間を考えると【出張買取】に応じてくれるところがいいです。


業者買取の場合、逆に処分費用を要求される場合がありますので、納得のいく費用であれば支払ってもいいでしょう。


業者にもよりますが、数千円は取られると思います。


わたしは業者には任せませんでした。


次に、【自治体に粗大ゴミとして出す】こちらは、業者に任せるよりも割とリーズナブルです。費用は数百円です。


処分方法は自治体によって様々なので、まずお住まいの自治体で、粗大ゴミの処分方法がどうなっているのか?確認しましょう。


場合によっては、処分場まで持ち込みが必要な場合がありますので、ちょっと手間です。


最後に、どうしても処分に費用をかけたくない!という人、はどうするか?


わたしもやった方法ですが、細切れにして、燃えるゴミに捨てる


10cmX10cm角くらいに、カーペットを切っていきます。案外分厚くて、固いので、当初ハサミで切っていきましたが、手が痛くなり限界でした。


途中からカッターナイフに切り替えて切り刻んでいきます。


それでもかなりの量をこなさないといけませんので、結構体力がいるんです。


2m X2mくらいのカーペットを切っていったんですか、2、3日かかりました(;´Д`)


もう、こんな作業はやりたくない!


切り刻んだものは、めでたくゴミの日に出して、タダで処分することが出来ました。

スポンサーリンク

まとめ

カーペットを買ってはいけない理由、わかりましたか?タダで処分しようとすると、かなりの時間と労力を使います。


大変な思いをするなら、買わなきゃ良かったよ!っていう感じです。


これからは、よっぽどのことがない限り、カーペットは使わないと思います。


それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました