ミニマリスト、持ち歩く鍵は「さいごのかぎ」1本にしたい。

断捨離
スポンサーリンク

こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。


定住する。と結構持ち物って増えますよね。家財を守るためならば、ある程度スペースを確保しつつ、そこに保管しておかなければならない。


まぁ、ミニマリストでもそうでなくても当たり前ですよね。


保管するとなると、他人に取られない、盗まれないようにする処置が必要です。それを実現するために必要なのが、家(もしくは部屋)とそのカギです。


特にカギ、まさに重要なアイテムです。


ところが、ミニマリストを突き詰めていくと、カギの存在が邪魔になったりしないでしょうか?


あなたは今、何本カギを持っていますか?1本ですか?何本もありますか?それとも、カギなんか持ってませんか?


わたしも度胸がないので、カギを一つも持ってない状態は耐えられません。


ミニマリストを続けていくと、裸一貫でも生きていけるような気がしますが、さいごの砦みたいなところは必要かなぁ、って考えてます。


ただ、カギをいくつも持ち歩いて、ジャラジャラさせるのって、嫌なんですよね。


今回はミニマリストといえども、断捨離できない、カギについて考えてみます。

スポンサーリンク

ミニマリスト、幾つカギを持っているのか?調べてみた

その人の生活スタイルや、住んでいる場所、考え方なんかで変わってくると思いますが、皆さんどれくらいのカギを持っているんでしょうか?


自分はどうなのか?改めて、カギの数を数えてみました。スペアキーは除いております。


・家のカギ 2本(借り物)

・物置のカギ 2本(借り物)

・郵便受けのカギ 1本(借り物)

・駐車場のカギ 1本(借り物)

・自動車のカギ 1本

・自転車のカギ 1本

・モンベルのTSAロック 1本


どうでしょう?数えてみたら、9本ありました。この中で日常的によく使うのは4〜5本ですが、それでも10本近くあるんですね。


人によってはもっと持っていたり、もっと少ないという場合もあるでしょう。しかし、どうでしょう?1本だけでいい!いや、ひとつも持ってないというケースも考えられなくもないですが、現実的でしょうか?


まぁ、それはいい。


カギが多いことの問題は、持ち歩かなくてはいけないというところにあります。


例えば、旅行や出張、外出の時に、スマホや財布と同様、カギも持ち歩きます。せっかく携行品を断捨離したのに、カギをたくさん持ち歩いていては、無駄に荷物が多くなります。


実際、カギって比較的小さいんですが、何本も持ち歩くと鉄の塊ですから、結構重いんですよね。


小さい割には厄介なシロモノです。


スポンサーリンク

社会が変われば、カギを持ち歩かなくて済む!

カギって何のためにあるのか?改めて考えると、結局、「盗難防止のため」ですよね。


カギがないと、様々なモノが盗難のリスクにあいます。


それを避けるためには「ここにあるものは自分のもの、関係ない人は入るな」という制限をかけるしかありません。


持ち去られてしまうと、よっぽどのことがない限り、持ち主のところに戻ってくることはありません。


そういう意味においては、カギというのは素晴らしい発明品です。


身を守ったり、モノを盗難から守ったり、活躍してくれるわけです。残念ながら、今の人間社会で、カギを持たないで生活するというのは自殺行為に等しいし、カギかけないで盗られても、結局は自己責任となってしまいます。


カギを持たない世界になれば、カギの存在を忘れ、持ち歩くこともなく、カギを何本も所有せずとも、自由に暮らせるのになぁ・・・って思うんです。


世の中が良くならないと、中々難しいですけどね。

スポンサーリンク

意外と重要アイテムのカギ。失くすと大変なことになる!

カギをなくしたり、落としたりすると、今度は諸刃の剣で、自分にダメージが跳ね返ってきますよね。


カギをかけたまま、無くしてしまうと、保管してたものが今度は使えなくなってしまうリスクが発生します。


これはもう、とてつもなく面倒臭い。


カギ開けのプロに頼むしか、一般市民は対処のしようがありません。修理費用やカギ開け費用もかさみますし、時間も浪費してしまいます。


カギのトラブルが発生したら、速やかに業者に連絡するのが吉です。登録しておくだけでも良いでしょう。


鍵のトラブル出張修理!【鍵のトラブル救急車】


家の鍵を落として、家に入れないとわかった時の絶望感・・・泣きそうになります。


スポンサーリンク

ミニマリスト、ドラクエのさいごのカギが欲しい!

とにかく、カギをたくさん持ち歩きたくない。さりとて、カギなしでの生活は難しい。となると、出来ればカギを1本にまとめたい。


理想的にはそうですよね。


まぁ、家のカギ1本で暮らしている人も中にはいらっしゃるかもしれませんから、わたしのカギの本数は結構多いと思います。


できるだけ減らしたいとは思っているのですが、中々難しい。


ということで、わたしが今一番欲しいなぁと思うのが、「さいごのかぎ」です。さいごのかぎって、ご存知ですか?こんな奴ですw

ゲーム、ドラゴンクエスト(通称:ドラクエ)に出てくる重要アイテムがさいごのかぎになります。


上のは、ただのキーホルダーですけどねw


このアイテム、ゲームの中では、すべてのとびらのカギをこのカギ1本で開けることのできる、超便利なカギです。


基本的にはこのカギがないと、ゲームのクリアもほぼ不可能に近かったかと思います。


そんな便利なカギ、ゲームの世界だけでなく、現実世界でもあったら楽なのになぁ、と夢想しています。


ま、現実的にはさいごのかぎを使うことは出来ないと思いますが、似たような仕組みなら、出来るかもしれません。


オフィス等でセキュリティーのかかっている部屋に入るとき、カギの代わりにカードキーで開錠できる仕組みがあります。


この仕組みを使って、1枚のカードで複数のカード情報を読み込ませるということも可能ですよね(カード盗難や、読み取り機の故障リスクありますが)。


技術が進んで、指紋で、目の網膜で、開錠する仕組みとかが考えられているようです。早くそのような世界にならないかな?とも夢想しています。


ミニマリスト、生きてるうちにカギのない生活を味わえないかな?


それでは、また!

コメント