ミニマリストが海外赴任する。モンベル持ってどこへ行くのか?

生活
スポンサーリンク

こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。



先日も書いたように、海外で生活することになりました。俗に言う「海外赴任」というやつです。

モンベルだけで海外生活できるか?現地に住んでみることにした!3つの理由
こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。昨年、引越しをして、さらにミニマムな生活を加速&満喫しています。数ヶ月が経って、今いる土地にも慣れて、さぁ、これから楽しいことが待っているぞ!人生満喫するぞ!と...



現在もなんやかんやで、職場でもプライベートでも色々準備に追われている毎日を過ごしています。



今までは引越しと言っても、日本国内の移動だったので、それほど心配はしていないし、しなかったんですが、今回は初めての海外。



何が起こるか全く予想がつきません。



なのである程度、慎重になるのは仕方ありません。だってわかんないですから。



知識は一応色々仕入れてはいるんですが、想像の外にあるので、中々難しい。



そもそも、どこに行くのか?

スポンサーリンク

ミニマリストが海外赴任する。モンベル持ってどこへ行くのか?〜国はどこ?

前回の記事で、まだどこに行くか書いてませんでした。



コレ、敢えて書かなかったんではなくて、単純に忘れていただけです。

で、ツイッターでも書いてある通り、コレをネタにブログを書こう!と思った次第です。すぐに書けばいいんですけどね。



ということで、どこに行くか?





ドイツに行きます!

ミニマリストが海外赴任する。モンベル持ってどこへ行くのか?〜生活はどうなるのか?

海外での生活、全然イメージ出来ていないんですが、まぁなんとかなるかな?と漠然と大丈夫だろうと思っています。



期待半分、不安半分といったところですね。



ドイツのイメージって、わたしなりにまとめるとこんな感じです。



・欧州でも治安はいいほう

・経済は欧州トップクラス

・勤勉で真面目な人が多い印象

・ドイツ語

・ソーセージとビールとポテト



まず、生活する上ではあまり心配はしていませんが、文化とか習慣とかはきっと違うんだろうなぁ。



とにかく、色々違うところはあるだろうけど、実際に行ってみて、体験してみないことには何とも言えません。



ミニマリスト生活も通用するかどうか?よくわかりませんしね。



とりあえず、予備知識が少ないので、ネットや本で色々情報を仕入れているところです。

ミニマリストが海外赴任する。モンベル持ってどこへ行くのか?〜懸念点は何か?

モノが少ない生活は、今やわたしの血肉となっているので、向こうに行ってからも引き続き少ないモノで生活しようとは思っています。



ですが、一つ、懸念していることがあります。



それは、ドイツにモンベルショップがないということです。



モンベルは日本メーカーなので、海外にショップがない、というのは当たり前っちゃぁ当たり前ですよね。

普段、日本にいると、気軽にショップに行ったり、通販で買えたりしますが、海外に行くとどうでしょうか?



実際に調べてみると、やはりドイツにはモンベルはありません。ヨーロッパ域内でモンベルショップがあるのは、スイスだけでした。



ひとつは、スイスのツェルマット店。

モンベル | 店舗情報 | Montbell Zermatt Store

もうひとつは、同じくスイスのグリンデルワルト店。

モンベル | 店舗情報 | Montbell Grindelwald Store



スイス!こちらもまた凄いところですね!



でもですね。モンベルショップで買い物するのに、スイスまで行かなくてはならないのは、ちょっと辛いですね。



ドイツは隣国とはいえ、スイスまでちょっと買い物、って、気軽には行けそうな距離ではありませんね。でも、せっかく日本よりも近い位置に滞在することになるので、いつかはスイスにも行ってみたいですね。



また、モンベルクラブのオンラインショップを使えばいいのでは?という方法もありますが、残念ながら、日本のオンラインショップから海外へは送れないようです。



英語版ウェブサイト(JAPAN ENGLISH WEBSITE)から申し込めるみたいなので、こちらを利用することになりそうです。



兎に角、モンベリストを続けるために、今後、どういう方法でモンベルと繋がりを持つか?が課題ですね。

まとめ

海外移住先はドイツになります。ドイツでもミニマリスト生活は続けられるのか、モンベルとどう関わっていくのか?が課題です。



出来れば、これからも続けていきたいと思っているので、何か接触する方法を考えていきたいと思います。



それでは、また!

コメント