ミニマリストの年末年始|初詣は必要ない?それとも行く?

考え方
スポンサーリンク

こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。



年が明けてやることといえば、「初売り」「初詣」「初日の出」「初夢」などなど「初○」をやることが増えますね。




まさに初づくし。



この中で、意識している事ってどれだけあるでしょう?



買い物したい!いいものを安く書いたい!と思うなら「初売り」

今年一年の願いを込めに「初詣」

初夢や初日の出は、タイミングですからあまり自分意識を反映できないですが、それでもある程度は調整できますよね。



わたしは年始に何をやっているかというと、特に何もしてなかったんです。例年、飯を食い、酒を飲み、寝るだけ。あとは、友達や親戚に会って話をする&飯をくう(酒を飲む)くらいでしょうか?



俗にいう、ダラダラ過ごすだけだったんですね。



ミニマリストなら余計なことはしない、これはそうなんですが、やることを研ぎ澄ませてくると、時間が空くんですよ。特に年末年始は少し長い休みを頂けるので、暇になることもある。



これってすごく贅沢なんですね。



その時間を使って、今年は趣向を変えて今までやらなかった、やっても真面目にやってこなかったことをやってみようかなぁと思います。



それは、そう。初詣(お参り)です。

スポンサーリンク

ミニマリストの年末年始|全く興味がなかった初詣。意味あるの?

見出しにある通り、「初詣」実はほとんど行ったことがなかったんです。



いや、正確には全くないわけじゃないんですが、自分の意思で「行きたい!」と思って、行ったことがありません。



行った理由をまとめると、こんな感じです。



・親が行くから便乗して行く

・親に促されて行く

・友達、彼女が行くから行く



子供の頃であれば、このような理由で行くのは、まぁ理解できる。しかし、上記にはないものがありますよね。「自分が行きたい」が欠けています。



そう、興味なくて。自分から全く行きたいと思ったことありません。

だから、「ひとりで初詣に行った」記憶もありません(あっても忘れてた)。



ではなぜ行かなかったかというと理由があります。恐らく以下のことです。



・家から出るのがだるい

・外は寒い

・人混みが苦手

・詣でる意味が分からない



出不精だというのは昔からです。人混みも苦手。一番引っかかっていたのが「詣でる意味が分からない」でしょうか?日本人としてはケシカランですね。



お賽銭を落として、願い事をするんですが、叶ったことがあったんだか、なかったんだか。イマイチ効果を実感できていなかったんですね。だから「行くことに」興味が持てなかった。



苦しい思いをしてまで、初詣に行く理由があるのか?そう思っていた次第です。お賽銭はともかく、グッズなんかもほとんど買ったこともない。



こんな非常識な人間です。

スポンサーリンク

ミニマリストの年末年始|考えを改めて、真面目に初詣に行ってみる

「しんじるこころ」の少ないわたしですが、今年は考えを改めて、真面目に初詣、行ってみることにしました。



心境の変化はなんでしょう?

やっぱり、これまで断捨離してきて身辺整理を大体終えたのが大きいかなと。



何度か書いているかもしれませんが、モノを増やすことに力点を置くのではなく、経験や知識、体験を重視するように行動しています。



お金もモノにお金を使うよりは、体験にお金を使う。

過剰にお金をかけるつもりはありません。できる範囲で、やる。


先ほどから書いているように「初詣」行く意味を見出せていないですが、ここはあえてやってみることにしました。



しかも、誰に促されたわけでもなく、誘われたわけでもなく、自らの意思で。



こんな思いを持ったのは初めてかもしれません「絶対行かない!」くらいの意思でしたが「行ってもいいかな」から「行ってみよう!」に変わりました。



霊験を期待していないというのは嘘です。めっちゃ期待しています。

まぁ、だからと言ってそれにどっぷりハマろうとは考えていないんですね。



でも気になる。じゃあ、気になるくらいだったらやってやろう!

行ってこよう!そういうわけです。


スポンサーリンク

ミニマリストの年末年始|真面目に初詣に行ってみた結果どうなった?

ということで行って来ました。初詣。



初体験ではありませんが、自分の意思で「行きたい!」と思って行くのは恐らく今回が初めてでしょう。だから「誰かと行く」「連れ立って行く」ことはしません。



今回は、ひとりで行くことに意義があると思っています。



やったことはベタですが以下です。

・お賽銭

・お参り(二礼二拍手一礼)

・お神籤

・お守り



今まではあまり気合を入れてやって来ませんでしたが、今回はしっかりやりました。

で、やってみて実際どうだったのか?こんな感想を持ちました。

天気が良かったせいもあるかもしれませんが、気分スッキリして帰ることができました。神社ならではの習慣や歴史を学べたのも興味深いですが、それらも全部含めて、気分良くなったのは今回が初めてではないでしょうか?



もしかしたら、今までが食わず嫌いだったのかもしれません。あるいは訪問した場所やタイミングが良くなくて、嫌な思いをして、行く気をなくしていたのかもしれません。



感じ方は人それぞれだと思いますが、一年に一回なら「また行ってもいいのかな?」って思うことができました。



願い事が叶うかどうかは、わかりません。



叶ったらラッキーくらいに思っておけばいいんですよ。きっと(でも、叶ったら嬉しいだろうなぁ・・・)。



スポンサーリンク

まとめ

初詣、どちらかというと敬遠していた方ですが、今回思い切って、ひとりで、自分の意思で行くことにしました。もちろん、自分の都合のいい日時で。



神様はちゃんとみてくれているのかどうか、わかりませんが、気分をしっかりと断捨離してこれたような気がします。禊ですね。



願いが叶うかどうかは別として、「気分をリラックスさせる」ために、こういうスポットはおとづれてもいいのかもしれませんね。



それでは、また!

コメント