MacBookAir最新型よりも旧型が欲しくなる5つの理由

家電

こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。

モンベルだけ100%生活を目指していますが、ハッキリ言って100%は現時点では無理かな?って思っています。だけど、100%にこだわって生きたいと思ってます。

無理な理由はいくつかあるんですが、中でもブログ書くうえでも、難儀だなぁと思うのが、「モンベルにパソコンがない」点にあります。

モンベルはアウトドア専門メーカーです。基本的には家電やデジタルものは扱ってません。モンベルで家電といえば、ラジオぐらいしか思いつかないんです。

日常&非日常で活躍|モンベルのH.C.マルチラジオは多機能
どうも。モンベリストの弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 西日本の豪雨により被害が拡大しています。被害にあわれ、不幸にも亡くなった方もいる状況、ご冥福をお祈りし...

パソコンがなければ、スマホやタブレットで書けばいいんですが、わたしの好みを言わせてもらうと、やっぱりパソコンで描くスタイルが慣れているので、こっちの方がいいんです。

一時期、パソコンから離れてタブレットをパソコンがわりに生活していたこともありますが、最終的にはパソコンに落ち着きました。

やっぱり、使い慣れているものの方が、しっくりきますからね。

そして改めて導入したパソコンが、「MacbookAir」そうです。ミニマリストにも大人気な、Appleから出ているノートパソコンです。

コレを導入してから数ヶ月が経ちました。ブログを書くのに本当に楽になったのはいうまでもありません。

普段モンベルの記事ばかり書いていて、今回もその記事を目当てに当ブログを訪れていただいた方々には申し訳ありませんが、どうしてもMacbookAirのことについても、書きたかったので、書かせてください。

2018年にMacbookAirはニューモデルが発売されました。ちょうどわたしが購入したのは、ニューモデルが出た直後。そこで敢えて、MacbookAirの旧モデルを購入したんです。

なぜ、旧モデルを買ったのか、MacbookAirの旧モデルを買ってよかったポイントはどこなのか?改めて、まとめてみたいと思います。

MacbookAirの旧モデルを買ってよかったと思うポイント〜値段が安かった

意外に思われるかもしれませんが「値段が安かったこと」です。

モノを購入する上で、値段って気にしますか?わたしはとても気にします。というか、ミニマリストになる前のわたしの、モノを購入する判定基準は、

・その機能に対して、最も安いもの

・安ければ、機能は二の次、ときめきは三の次

・安かろう悪かろうだから、交換すればいい

というような、考えでした。しかしミニマリストになってから、「必要充分なもの、買ってよかったと思えるモノにお金を払う」方向にシフトしています。

だから最近はあまり値引きに注目はしていないんですよね。ところがです。このMacbookAirの場合は、値段を重視しています。

なぜって?

パソコンでやりたいことが明確になっているからです。パソコンでやりたいことは、

・ブログを書く

・ツイッターやる

・撮った写真を編集する

・ネット見る

・時々、動画も見る

・ごく稀に、音楽を聴く

これだけのことをやるのに、ハイスペックなものは必要ない、という判断です。

で、新型と旧型のMacbookAirで比較したときに、値段の差を埋めるだけの性能差を感じなかったから、という理由がありました。

だからわざわざ数万円高い新型機を導入する気にならなかったんですね。他にも後述する、旧モデルの方がいいと思う理由がいくつかあります。それらも総合的に考えたら、旧モデルの方に行き着いたんです。

新型だからって、飛びついていては、自分を見失ってますよね。

MacbookAirの旧モデルを買ってよかったと思うポイント〜USBのType-Aが残っていた!

次はですね、USBのType-Aがまだ残っていたところが、とても気に入っています。

MacbookAirの旧モデルにはUSBのType-Aスロットが、左右に1つずつ、合計2つ搭載されているんです。これはわたしにとっては非常に大きな機能です。

なぜなら、使用している機器はまだUSBのType-Aが多かったり、ケーブルもまだまだUSBのType-Aが主流だからです。

例えば、わたしは書類を貯めておくのが嫌なので、書類は全てスキャナーで取り込んで、紙はできるだけ残さないようにしています。そして利用しているのがこれ。

こちらのスキャナーはType-AのケーブルでPCとつなぐことになっています。

一方、最新型のMacBookAirは、Type-CのUSBなんですよね。iPhoneもそのタイプですが、これはMac以外はまだまだ一般的だとは言い難いんじゃないでしょうか?

一般的かどうかは置いておいて、わたしのライフスタイルだと、まだまだType-Aのスロットが活躍してもらう必要があるんですね。なので、旧モデルの方を選びました。

ちなみに、使用しているスキャナーのレビューはこちらです。どんな感じで運用しているのか?詳しくご覧になりたければ、こちらのぞいてみてくださいね。

書類・紙の断捨離方法|スキャナで電子化するの超おすすめ!
どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 持ち物は基本モンベルに統一。これは壮大な計画です。自分でも正直、無理がある気がしてます。でもやり遂げるぞ~ということで、日々どうやって...

MacbookAirの旧モデルを買ってよかったと思うポイント〜SDカードスロットがある!

次は、「SDカードスロットがある」です。

最近は、マイクロSDや、ミニSDが台頭してきています。スマホの容量拡張にはマイクロSDの方が主流ですからね。

だけどまだまだ、SDカードも健在です。これもわたしの使い方での縛りになってしまいますが、元々持っていたSDカードを有効活用しつつ、不要なSDカードは断捨離したかったので、SDカードスロットのあるPCが欲しかったのです。

旧モデルのMacBookAirにも、カードスロットが残っていたので、決め手になった、というところです。

MacbookAirの旧モデルを買ってよかったと思うポイント〜キーボードのタッチが、しっくりくる。

「キーボードのタッチがしっくりくる」です。

もはや機能と言えるかどうか、わかりませんが、実際に店頭に行って、何回か新型と旧型のタイピングをやってみて、「しっくりくる」方が旧タイプの方だったんです。

売り場の店員さんに聴くと、旧型と新型でキーボードの構造が違うので、打った感触はやっぱり変わりますよ〜とのことでした(確か)。

試し打ちしなければ、比べることもないので、違いがわからなかったのかもしれませんが、比べてしまったので、わかってしまいました。

自分の好みのタイピングがどちらなのかを。

パソコンって、タイピング始めると結構長時間使いますよね。特にブログやツイッターやらをやっていると、ずーっとタイプし続けることになります。そんな時に、フィーリングが合わないと、ストレスになります。

好きなことやっているのに、ストレスは溜めたくないですよね。

性能とか、耐久性とか、どちらがいいかは正直わかりません。使い方によってどうとでも変わりますからね。だったら「好きな方」を選んで使った方が、心の満足度は高いと思います。

結果的に、ストレスのない、心の満足度の高い方を選びました。

MacbookAirの旧モデルを買ってよかったと思うポイント〜「新型」に惑わされなかったこと

最後は「新型に惑わされなかったこと」です。

もう機能とか、どうとか、そういう問題ではなく、「新型」だからいいだろう。「新型」だから間違いない、という「新型信仰」に惑わされなかったことです。

情報が少ないと、なんとなく「新型の方がいいんじゃないか?」って思いがちですが、そうではない場合もあります。上でも述べたように、今のわたしにとって「欲しい機能」「欲しいもの」はなんなのか?きちんと把握した上で、購入しないと、後で買い足したり、交換したりといったことが起こります。

せっかくミニマリスト、断捨離を続けてきているのに、余計なものが増えてしまっては本末転倒ですよね。モノを入れ替えることに抵抗はありませんが、お金が無限にあるわけでもないし、考える必要はあると思います。

今回、金額的には大きなものになりますので(稼ぎが少ないので、パソコン1台でも大きな買い物になります)、取捨選択は超重要だなと思うんですね。

今回は「新型」を選んでませんが、そういう意味においては、良かったなぁと。

まとめ

MacBookAirの新モデルが登場したときに、あえて旧モデルを購入しました。旧モデルにも、新モデルにはない、いいところがたくさんあります。

旧型を選んだとはいえ、わたしにとっては必要充分なパフォーマンスを持ってくれているので、とても満足しています。

MacBookAir、長く使っていきたいですね。それにしても、Macを使うのはほぼ30年ぶりになりますので、ちょっと感慨深いものもあります。

MacBookAir、楽しんでいきたいと思います。

それでは、また!

コメント