モンベルのダウンライナーコート|3in1大好評!ビジネスOK!超暖!

ビジネス

こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。

 

師走を迎えましたね。冬も寒さがこれから本格化してきます。

今年は暖冬なのか、今のところあまり寒さを感じずに、毎日を過ごしています。

 

もしかすると、11月から飲み始めた、養命酒の効果かもしれません。

これを飲むと、身体がポカポカあったかい。

冷え性とは無縁の生活を過ごしています。

 

 

男性だから、冷え性なんて関係ないでしょ?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

男性だって、冷え性に悩むんですよ。

もちろん、わたしも毎年、冷え性には悩んでます。

 

とにかく、寒いのが苦手。

身体が冷え切っちゃうと、全く何もやる気が起きなくなります。

 

適度な温度で、快適に過ごしたい。

四季があるほうがいいと仰られる人もいますけど、わたしは春と秋だけあれば、十分です。

 

ですがそうも言っていられないのが、サラリーマンの性分。

 

スーツを身に纏いつつも、寒さと目の前の現実に晒されて、激動の時間を過ごしていのはわたしだけではないはず。

 

せめて、通勤の行き帰りは暖かく過ごして、帰りたいですよね。

だからといって、カジュアルに攻めるのは、ちょっと気が引けますよね。

 

そんなスーツ姿で戦うあなたに、ぴったりのおすすめコートが見つかりました。

しかも都合がいいことに、モンベルですw

 

その名もダウンライナーコート。

 

以前に、モンベルでビジネスにもカジュアルにも合うコートをレビューしました。実際にモンベルショップに足を運んで、試着してみましたけども、最終的には、こちらを選んだんです。

 

 

モンベルのダウンライナーコートをレビュー〜見た目はビジネス。そして超軽量!

こちらがモンベルのダウンライナーコートです。見た目はスーツ姿のサラリーマンが、上から羽織っても違和感を感じにくい、コート。

 

ドラマとかでも出てきそうなデザインです。

 

こんなデザインなら、カジュアル向けはちょっと厳しいんじゃないか?と思われるかも知れませんが、全くそんな事はなく。

 

むしろカジュアルだからこそ、ダウンライナーコートのような、ロングコートを羽織って、街中を闊歩するくらいの方がちょうどいいです。

 

大人な立ち居振る舞いをするなら、やっぱりロングコートは映えますね♫

中身の素材については、あえて語らないですが。

 

ダウンライナーコートは、撥水性の高い生地でできています。

ポルカテックスと呼ばれる、撥水撥油性に優れています。小雨やちょっとした汚れなら、拭うだけでサッと取れてしまいます。

 

あくまでも撥水性に優れているだけなので、過度の期待は禁物。

レインウエアのような完全なる防水性はないので、これ着て大雨の中に飛び込んでいくマネはしないようにしましょうね。

 

ダウンライナーコートは見た目、コート感、重量感ありそうですが、期待に反して超軽量です!

重たそうな外見とは裏腹に超軽いんです。

それはなぜかと問われると、名前の通りダウンを使っているからなんです。

 

良質なダウンは軽量かつ超暖かい。

実際、着ていると暖かくて、寒さを忘れます☺️

 

ダウンの暖かさを表す【フィルパワー】は650。数字が大きくなるほど、暖かいということでいいでしょう。

数字が高い分、ダウンをたくさん使わなくとも暖かく過ごせるので、より軽量にできる利点があります。

 

ちなみに、ダウンライナーコートに先駆けて、わたしが持っている、スペりおダウンジャケット。こちらは【フィルパワー】850です。

モンベルのスペリオダウンジャケット|寒い部屋の暖房費を節約だ!
どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 10月に入って、気温がどんどん下がっています。こういう時期は体調を崩しやすくなりますが、あなたは風邪など引いてないですか?身体を暖かく...

 

また、シュラフ(寝袋)もダウンなんですが、こちらは【フィルパワー】800。モノによって、用途によって【フィルパワー】が違うのって、面白いですね。

モンベルのシュラフは超絶暖かい!アルパインダウンハガー#3で越冬!
どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 以前にも書いたのですが、ミニマリスト生活を始めてから、布団を捨てました。その時痛烈に思ったのですが、布団とかベッドって、処分にとてつも...

 

ダウンライナーコートは、重いカバンを背負って、寒い大都会を練り歩く、サラリーマンに取って暖かく優しい作りになっているんですね。

モンベルのダウンライナーコートをレビュー〜3in1。インナーダウンは着脱可能!

モンベルのダウンライナーコートは、インナーダウンとアウターコートを分離することができます。

 

春、秋にかけて、スーツだけでは少し肌寒くなってきたころには、インナーダウンを外して、アウターコートだけ羽織るという使い方ができます。

 

着脱方法はとっても簡単。

インナーとアウターはファスナーでつながっているので、それを上げ下げすればいいのです。

写真だとちょっとわかりにくいかもしれませんが、ファスナーのライナーがついているので、左右ともファスナーの上げ下げで繋ぐことができます。

 

あとは、袖口と襟元に固定用のワイヤーとボタンがあるので、インナーとアウターを繋げば完了です。

 

とっても簡単でしょ?

面倒臭い?

 

いや、シーズンになったら1回だけやればいいだけなんですよ。

そこは我慢しましょうよ(自戒も込めています☺️)

 

ちなみに、袖口の固定はこんな感じです。インナーダウンにワイヤーが生えていて、アウターにはボタン付きの紐がついています。これを組み合わせればいいだけですので、面倒臭がらずにやりましょう。

 

モンベルのダウンライナーコートをレビュー〜インナーダウンは部屋着でも街着でも超使い勝手よし!

モンベルのダウンライナーコート、アウターコートはビジネスシーンで着ても違和感ないし、もちろんカジュアルに着ても別に問題ありません。

 

スーツで外回りする仕事についていて、普段着も兼用で着たいという、ミニマリストなあなたに、是非オススメしたい一品です。

 

わたしも勿論その意図、目的でダウンライナーコートを活用しています。

アウターとしても優秀なコートですが、それだけだとまだ十分に使いこなしているとは言いがたいです。

 

もう一つ、使い道があるんですね。それは

インナーダウンだけ、部屋着、街着として使う】です。

 

インナーダウンだけ外したところがコチラ。

首元がスッキリ空いた、ラウンドネックタイプのダウンジャケットになります。

モンベルでも、似たようなダウンジャケット、あります。

 

モンベル以外でも、ラウンドネックタイプのダウンジャケットは最近流行りですよね。ユニクロや無印良品なんかでも取り扱っています。

 

話を戻しますけど、インナーダウンをダウンジャケットとして活用することができるんです。

 

例えば、家の中、寒い時はこのインナーダウンを着る。

外へちょっと買い物したい。寒いからインナーダウンを羽織る。

 

色々な使い方ができますね。

 

インナーダウンはラウンドネックタイプなので、冬は首元が少し心もとないですね。そんな時は、ネックウォーマーなどをすれば問題ありません。

 

ネックウォーマーはこれからの季節、とても役立つので、持っておいても損はないと思いますよ。

わたしもモンベルのネックウォーマーは毎年重宝しています。

モンベルのネックゲーター|変幻自在のネックウォーマー
どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 いよいよ冬本番ですね。私の住んでいるところも、朝晩は本当に辛くなってきました。 寝ているときは、アルパインダウンハガー#3のシュ...

 

モンベルのダウンライナーコートをレビュー〜インナーダウンは少しゆったり目のデザイン

インナーダウンの活用方法はいろいろありそうですが、実際のサイズ感とかどうなのでしょうか?

 

少し調べてみたので、お伝えします。

 

ツイッターで呟いているように、サイズ同じインナーダウンと、スペリオダウンジャケットを並べてみました。

 

写真の前後はあるので印象が違うのが承知の上ですが、実際に着て比べると、インナーダウンの方が余裕のあるデザインになっています。

 

例えばわたしがTシャツ1枚で、それぞれダウンを着比べると、以下のような印象を受けます。

 

・インナーダウン

内側に余裕あり。少しブカブカな感じがする。

 

・スペリオダウンジャケット

インナーダウンほど余裕はない。苦しい感じはしない。

 

サイズは同じなんですが、内部寸法は若干違うようですね。

少し余裕を持って着たい時は、インナーダウン、タイトに着たい時はダウンジャケット、使い分ければ良さそうですね。

 

もっと活用する方法あります。

それは、ダウンジャケットの重ね着!

 

図らずしてダウンジャケットを2着、手にすることになりました。ミニマリスト的に考えると、どちらか一つで良いはずですが、今のところダウンライナーコート、スペリオダウンジャケット、両方とも使い勝手がいいので、手放す予定はありません。

 

それぞれ単体でも暖かいし、ダウンの下に着るものをうまく選べば、そうそう寒いということはなさそうです。

 

例えば、わたしがイチオシしているジオラインを着て、スーパーメリノウールを着て、ダウンを羽織ればこれだけでもかなり十分な暖かさ。

 

滅多にないですが、それでも寒いなぁ、と感じることがあれば、ダウンジャケットの重ね着をするとどうなるでしょう?

 

夢のような暖かさを得ることができそうですね。

寒がりミニマリストにとっては、ありがたい。

 

そのうちやってみようと考えています。

まとめ

モンベルのダウンライナーコート。ビジネスでも違和感なく、そして暖かく過ごせるコートは貴重です。

 

またインナーダウンも優秀でこれ単体でも、いろいろ使えますから、長く愛用できるコートですね。

 

寒さに苦しんでいるビジネスマンの方々は一度、手にとってみてほしいです。

 

それでは、また!

 

コメント