モンベルのドリンクボトル。ロードバイクだけじゃモッタイナイよ!

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

三連休如何お過ごしですか?もう、夏本番!厳しい暑さを迎え、猛暑に耐えながら、過ごしています。猛暑対策には、適度な栄養と睡眠、そして、水分補給ですね。

運動していてもしていなくても、水分補給は重要です。汗をかくこの時期、何もしていなくても、1日1L~2Lの水分が失われてしまいますし、夏になるとさらに脱水状態になりますので、警戒を怠らないようにお願いします。今日も暑くなるようなので、しっかり対策しましょうね。

さて、暑さ対策ということで、普段の水分補給は重要ですが、特に運動時は超重要です。わたしもよく乗っているロードバイクですが、サイクリングの運動負荷はかなりのものになるので、水分補給はとっても重要です。ロードバイク乗車時は、手軽に簡単に水分補給できる状態にしておきたいですよね。

そんなロードバイクで使うシーンを想定した専用のドリンクボトルがあります。これが、なかなか使い勝手がいいんですよ!

モンベルのドリンクボトル

こちらが、モンベルのドリンクボトル。正式にはプルトップアクティブボトルといいます。容量は0.7Lです。4色あって(ブルー、レッド、スモーク、ホワイト)写真のボトルはスモークになります。他の色は結構派手目なので、落ち着いたこちらの色にしています。

本体は柔らかいポリプロピレン製なので、手の力で押せば、飲み口から飲み物が出てくる仕様です。

直径はそれほど大きくなく、手の小さいわたしでも楽にもって歩けます。また、柔らかい素材なので、女性や子供さんでも扱いは難しくないでしょう。楽チンです🎵

実は中に付属のストローをつけることもできます。わたしはあえてつけてないです。ロードバイク乗って水分補給するときは、【吸い上げる】よりは、【上から流し込む】ほうが手っ取り早いので。逆にストローつけてると、中身が減ってきたときに飲めない…

余談ですが、ストローを世界的に使わない流れになっているようですね。それにしても使う量がすさまじい!

米コーヒーチェーン大手スターバックスは9日、プラスチック製の使い捨てストローの使用を、2020年までに世界中の店舗で全廃すると発表した。

ボトルキャップの飲み口は飲み易い構造

プルトップアクティブボトルのキャップは飲み易いように工夫がされています。まず飲み口ですが、シリコン製の柔らかい素材が使われています。口に含んでも優しい口当たりですね。

また、キャップトップに空気穴がもうけられているので、中の飲み物がスムーズに出てきますので、飲み物をのむのに苦労はしません。細かい配慮はやっぱり必要ですよね。

プルトップアクティブボトルは自転車だけじゃない!あらゆるスポーツに!シーンに!

プルトップアクティブボトルは一応、自転車用ですが、ランニングにも使えますとモンベルのホームページには紹介されています。

たしかに、軽量なので、ランニング時に持ち歩いても十分です。

またこのプルトップアクティブボトル、内容量が0.7Lなので、比較的容量は大きめ。例えばコンビニで売っているペットボトルの内容量は0.5Lのものが多いと思います。少し大きいので、中身を詰め替えても余裕があるので、こぼしたりしづらいですね。

ちなみにロードバイクに乗っているときに、ペットボトルから直接水分補給するのは、結構めんどくさいんです。いちいち、キャップを開ける動作が面倒で。なので専用のドリンクボトルがひとつあるととても重宝します。

ランニングだけじゃなく、ウォーキング、トレッキング、その他スポーツにも何でも使えますよ。もちろん、家で使っても全く問題ないです。

自転車に取り付けるときは、サイクルボトルケージとセットで

ロードバイクにはかごがついているわけではないので、サイクリング中はボトルの持ち運びに苦労します。そんなときは、専用のサイクルボトルケージを用意しましょう。

サイクルボトルケージもモンベルから提供されていますので、ロードバイクやクロスバイクに乗っている人なら、一緒に購入してもいいでしょう。

クリアボトルとプルトップアクティブボトルの違いは?

ボトルと言えば、先日レビューした【クリアボトル】もあるじゃないか?という意見があると思いますが、スポーツシーンにおいては、こちらのプルトップアクティブボトルの方に軍配が上がります。

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 最近、健康のためと思って、生活習慣を変えようと努力しています。それほど大層なことをやる訳ではありませんよ。サラリーマンなので、夜は不規則になりがちです。そして、家では自炊しない生...

クリアボトルもいいんですが、こちらは硬質プラスチックなので、押せないんですよね。飲み物を飲むためには、自身の吸引力を発揮しないといけません。

手軽に素早くのみたいときは、プルトップアクティブボトルを押せば、内圧ですぐに出てくるので、ストレスがないですね。

プルトップアクティブボトルのデメリットは?

安くて、扱いやすいプルトップアクティブボトルですが、デメリットはないでしょうか?

・目立つ【mont-bell】のロゴ

・保温機能は皆無

ロゴが目立つのが嫌という人が多いですが、わたしは気にしません。でもたしかに、ロゴ目立つなぁと思いますよ。

そしてプルトップアクティブボトルには保温機能、ありません。夏の炎天下であれば、1時間もしないうちに常温になります💦冷たいもの、暖かいものをのみたいなら、別途購入するかしないと無理ですね。

保温機能のついた水筒なら問題ないでしょうか、ロードバイクやランニング中はお手軽に飲める方が優先でしょうか?わたしはそう思います。暖かいもの、冷たいものは終わったあと、ゆっくりとればいいんじゃないでしょうか?

まとめ

サイクリングでもランニングでもウォーキングでも、どこでも使える、プルトップアクティブボトル。ひとつあってもいいんじゃないでしょうか?こまめな水分補給には欠かせないアイテムですね!

それでは、また!