ロードバイクのシューズをモンベルのロードフライヤーに履き替えたい!


どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

ロードバイク乗車時、やはりシューズは専用のものに履き替えて使いたいですね。普通の運動靴でも走れないことはないんですが、効率のよいペダリングのためには、やはり専用にしたい。

わたしは現在、専用シューズとして、シマノのSPDシューズを使っています。なぜシマノのそれを使っているのかというと、ロードバイクのビンディング初心者には、まずこれという声が多かったからです。

ビンディングという用語が出てきました。これは、例えるとスキーの靴と板の固定具がイメージに近いかも。つまり、ペダルと靴を固定して、効率のよいペダリングをするために専用シューズがあると思って下さい。

シマノのSH-CT41L。ロードバイク初心者にはうってつけサイクルシューズ!

ロードバイクのビンディング入門編とも言うべき、シマノのSH-CT41Lですが、確かに悪くない。ここまで、わたしのロードバイク生活に、ずーっと行動を共にしてきて、特に不満を感じていません。大変満足しています。しかし、これで満足してしまっていいのか?という思いも、最近出てきました。

そうはいっても、このシマノのSH-CT41L、わたしが使っていて、いいなぁと思うところは3つあります。

・見た目普通の運動靴と変わらない

・靴底が柔らかいので、歩きやすい

・お値段が手頃

まさに初心者にうってつけのシューズです。SPDと呼ばれる、ビンディングが使えるので、シューズとペダルの固定はもちろん使えますし、歩き回るのも普通にできる。後述する、SPD-SLシューズだと、ちょっと歩きにくい。

例えて言えば、スキーのブーツで歩き回るのも、ちょっと厳しいでしょう。ですが、このシマノのSH-CT41Lは普通のスニーカーと同じような感覚で使えるところが素敵です。たとえば、ロードバイク乗車中の怪しい風体でコンビニに行っても、歩き回るのにはそれほど抵抗を感じません。まさに、普通にコンビニにいくような感覚で、お店に入れます。

まぁ、ヘルメットにサングラス、ピチピチのサイクリングウエアでコンビニに突入してくる、メガネのオヤジを見て怪しさを感じない方が、どうかしてますが、そこは気にせず。。。

だって気にしてたら、コンビニすら入れませんもん(-.-)

シマノのSH-CT41Lのいいところは十分承知しているんですが、ここはモンベリストですから、例外なく、サイクルシューズもモンベルに変えたい!って考えています。

そもそも、モンベルにサイクルシューズがなければ、手にすることはできません。モンベルをよく調べてみると、ありましたっ🙋

ロードフライヤーというサイクルシューズが。

モンベルのロードフライヤー。SPD-SL対応の本格的サイクルシューズ

モンベルのロードフライヤーというサイクルシューズがあります。こちらは、まさにロードバイクに乗るために作られたビンディングサイクルシューズです。

ペダリング効率を最大限に高めるロードバイク用シューズです。ライダーのパワーをダイレクトに伝達するカーボンアウトソールを採用しています。微調節が容易なラチェットバックルと2本のベルクロストラップにより、細やかなフィット感の調節が素早く行えます。アッパーには通気性に優れたポリエステルメッシュを使用し、耐久性とフィット感に優...

特徴的なのは、以下です。

・SPD-SLビンディング対応

・サイズ0.5cm刻み

・靴底がカーボン

・靴ひもなし、調整が可能

・他社と比べて値段がお手頃

ロードバイクのシューズとしては、申し分ない特徴を持っています。

まず、クリートをつけられるように、3つ穴対応しています。これで、ロードバイクとペダルをガッチリ固定できます。激しいペダリングでも、効率よくパワーを伝えてくれそう。

わたしは体力がないので、ペダリングへのパワーロスは、距離もたくさん走れないし、登りも得意じゃありません。可能な限り、効率よくペダルを回して、走りたいです。

次は、アジャスト機能がついていること。靴ひもタイプは都度紐を結んで、調整すればいいのですが、なかなかシックリ来ないこともあります。また、靴紐自体、ペダリングのときに邪魔になります。

以前にも書きましたが、ロードバイク乗車中に、靴紐がペダルに巻き込まれそうになって、身の危険を感じました。現在は紐を切ってしまったので、危険回避しました。

顛末をご覧になりたい方はこちらをどうぞ!

ということで、現在シマノの靴紐に結び目はありません。ですが、たまに調整したくなったり、完璧だと思っていた、紐解ける対策がどうやら不十分のようで、抜けてくる場合があります。

こういうケースでは、ロードフライヤーのように、アジャスト機能付きのものなら安心ですし、いざという時も心強いですね。

3つ目は、価格がお手頃なところ。ロードバイクのシューズって、結構値段が張ります。他社だと、2~5万円程度するのが、一般的。そんな中、ロードフライヤーは、ギリギリ1万円台で買えます!(税抜)

まあ、税込みにすると2万円越えますが。

シューズ色の選択。白にするか。黒にするか。

モンベルのロードフライヤーの特筆すべきところは、デザインです。特に色。白と黒、2種類あります。2種類しかない?2つもあれば十分じゃないですか?

でも、その選択に迷う。

ロードバイクの車体が赤なので、ウエアは全体的に黒基調にこだわってきました。先日購入した、ライトシェルジャケットも、ロードバイクを意識して、黒基調のものにしています。

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 先日、モンベルのフレンドフェア2018in横浜に参加してきました。祭りはかなりの大盛況。人混みに揉まれながら、アウトレット品をやっとのことで入手出来ました。 人間、必死...

なので、通常であれば、黒!を選択するところですが、白もなかなかカッコいい。白は汚れやすいとかありますが、うーん、どちらにしようかとても迷います。

ロードフライヤーに変更したときのデメリットは?

今すぐにでも、モンベルのロードフライヤーに変更したいなぁ、って思いますが、ちょっと待ってください。そう簡単にはいかないです。その理由は以下になります。

・シマノのはまだまだ使える。

・クリートも変更するので、ペダルも買い換えが必要

・結果、シューズとペダル、両方出費。

ペダルはSPD用のペダルがついています。シマノのSH-CT41Lにあわせて、ペダルもシマノのPD-M530にしています。これは、SPD対応のペダルです。モンベルのロードフライヤーはSPD-SL対応のシューズなので、そのまま使うことができません。

ペダルもなにか、別なものに変更する必要があります。そう考えると、シューズだけ買い換えるって、訳にはいかないんです。ペダルもセットで変更しないと。そうなるとかなりの出費を覚悟しなければなりません💦

買い換えるときは、一気にいかないと、ロードバイク乗れなくなりますからね。まさかペダルなしで乗るわけにはいかないでしょう(“⌒∇⌒”)

まとめ

モンベルのロードフライヤー。カッコいいし、ロードバイク乗りなら、SPD-SLシューズに履き替えてもいいよね。ってところですが、まだ踏ん切りがつきません。

しばらく様子を見るつもりですが、明日にはポチっとしてるかもしれません。靴だけ買っても、ペダルなければ機能しませんから、ペダルも何がいいのか、今後研究する必要があります。もし購入したら、レビューはすると思いますので、お見逃しなく。

それでは、また!