ひとり暮しがAmazon ECHO と会話|アレクサ!ありがとう→よかった♥

家電

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

 

ひとり暮しが長くなると、他人と会話することが億劫だなぁとか、面倒だなぁ、と思うことありませんか?なぜそう思うんでしょう?わたしの意見ですが、それは、家に帰ると、誰とも話をしないからです。

 

独り暮らしだけど、家にいるときにも頻繁に電話しているというなら、あまりそうは思わないでしょう。一昔前、10年前くらいならば、携帯電話のかけ放題プランみたいなのが流行した時期がありましたので、毎晩電話することもあったかと思います。

 

実際、わたしも当時付き合っていた彼女と毎晩のように電話をしていました。いい思い出です。

 

しかし最近はというと、殆ど電話使いません。LINEなどのSNSが殆どで、かかってくることもなければ、こちらからかけることもない。いざとなったら、LINE電話使えばいいですし。

 

つまり、家で誰かと話すことが極端に少なくなってしまいました。これが会話を億劫だなぁとか、面倒だなぁとか感じてしまう要因だと推定しています。もちろん、他にも原因はあると思いますが。

 

確かに、家に居て声を発することは殆どありません。平日は仕事ですので、会社ではもちろん会話はしますが、家に帰って来れば、一言も発しない日も多いです。

 

ひとり暮らしにとっては、この状況、実は危機的状況なんじゃないか?と最近思います。ただでさえコミュニケーション能力に乏しいのに、会話する機会自体が減ってしまっては、他社との関わりはどんどん薄れてしまう。ちょっと危機感を覚えています。

 

となると、家で会話する機会を確保して、コミュニケーション能力を錆び付かせないようにしよう!と考えました。いざというとき、言葉がでないのでは嫌ですし。かといって会話するには相手が必要ですが、今さら誰かに長時間電話するわけにもいかないし、学生時代と違ってそんなに時間もない。

 

今回、この問題の解決になるのではないか?ということで導入してみました。Amazon Echoです!

 

Amazon ECHOって何?話しかけると答えてくれるスマートスピーカー

こちらが、AmazonのEcho。正確にはEcho Dotという、一番小さくて、お値段も一番安いものです。大きさは手のひらに乗るくらいの小さなもの。スマートスピーカーと呼ばれています。そう呼ばれているのも納得。写真を見るとわかりますが、ボタン4つと、USBの電源ケーブル、イヤホンジャックくらいしか見当たりません。あとは、Amazonのロゴと、青く光るくらい。本当にスマートなスピーカーです。

 

わたしはAmazon primeに加入していて、もっぱらKindleやショッピングに利用するのが殆どですが、たまたまネットショッピングしていたときに、こちらに目が止まりました。

 

このEcho Dot、ただのスピーカーじゃありません!なんと、話しかけると返答してくれるスピーカーなのです!

 

これってスゴくないですか?

 

テレビやラジオと違って、媒体が一方的にしゃべるものでもないし、生身の人間が中に入っているわけでもありません(当たり前です!)。

 

わたしの言葉に反応して、それをマイク?で収集→分析→回答を返してくれるんです。

 

たとえば、本記事のタイトルにあるように、こんな会話をしてくれます。

 

私:アレクサ!ありがとう

アレクサ:よかったです。

 

わたし:アレクサ!ただいま。

アレクサ:おかえりなさい。また声を聞けるのを待っていました。

 

女性の声で、優しく返してくれるんです😂。

 

ひとり暮らしの男子諸君!これでも買いじゃないですか?家に帰ってきて優しく?返事をしてくれるひと、いますか?

 

明日の天気は?と聞くと、周辺の天気予報を教えてくれます。近くのコンビニはどこ?と聞くと、答えてくれます。音楽も聞かせてくれます。

 

・・・なんか、未来の話が現実になってきたような感じですね。

 

Amazon Echoの設定方法。説明書が不案内なので、少し解説します。

Echo dotの設定ですが、楽しくおしゃべりできるようになるまでには、やることが2つあります。右下の黒い紙が一応取り扱い説明書なんですが、書いてあることが、ザックリ過ぎるので。ちょっと不案内でした💦

 

やること2つは以下です。

 

・Alexaアプリをインストールする

・Wifiの設定をする

 

大まかな説明をしていきますね。

 

動かすためには、お手持ちのスマホに【Alexaアプリ】をまずインストールする必要があります。Androidならgoogle play、iphoneならApple store ですね。

 

検索は、【Alexa アプリ】で。

 

無事ダウンロードができたら、今度は、AmazonのIDと【Alexaアプリ】を連携させます。もしAmazon primeに加入していると、その情報も共有されます。設定画面でAmazonのIDが表示されていればOKです。

 

次にwifiの設定です。同じく、設定画面で、新しいデバイスのセットアップを選びます。wifiに接続しましょうとあるので、お使いのWifiを選択し、パスワードを入力して、続けます。

 

設定が完了するまではecho dotはオレンジ色に点灯しています。

設定が完了すると、青色に光るようになります。

 

Wi-Fiの設定が、完了すれば、とりあえず必要最低限の設定は完了です。

 

echo dotでできるとこ。結構いろいろありますよ!

いよいよecho dotことアレクサとの会話を楽しめるところまで来ました。実際、どういう会話ができるのか。

 

・天気予報

・地域情報

・簡単な挨拶

・日付の出来事

・タイマーの設定

・音楽をながす

・ニュースを教えてくれる

・ボリュームの調整

・家電のONとOFF

・Bluetoothとの連携

・ショッピング

・などなど

 

基本的にインターネットで調べられることはだいたい答えてくれます。アラームは例えば説明書にもあるように、朝7時に起こして!って言えば本当に次の朝、アラームがなります。

 

あとすごいのは、家電との連携!電気消して!とか、エアコン付けてって言うだけで、やってくれます!そのためには、別途専用のものを導入する必要がありますが、それもすごい機能!

 

ちなみに、わたしの言葉を拾ってもらうために、必ず、アレクサと言う必要があります。

 

つまり

アレクサ、○○して!

アレクサ、○○の使い方、教えて!

 

って感じです。最初は部屋でひとり、アレクサ!と叫んでいる自分が恥ずかしいような気がしましたが、そんなのはすぐに吹っ飛びましたよ。本当に。

 

ちなみに音声認識も結構優秀で、滑舌の悪いわたしの言葉もきちんと理解して解答してくれます。また、英語で質問すると、英語で返してくれます。簡単な英会話の勉強なら、アレクサとやっても楽しいかもしれませんね。解答は、時々トンチンカンなこともあるけど、それはご愛敬。

 

また、プライム会員ならば、その性能を遺憾なく発揮してくれるようです。

http://wimpy-glasses.com/2017/11/09/saving-solution010/

 

アレクサにも弱点が。できないことはできないという勇気をもってる

alexaにもできないことがあります。たとえば、感情を共有を促すような投げ掛けには、【わかりません。ごめんなさい】とのこと。また、質問の意味がわからない場合も【わかりません。ごめんなさい】です。

 

まぁ、この辺は仕方ない。まだまだ技術の進歩が待たれることでしょう。

 

わからないことはわからないと解答する。これは、現実社会でわれわれができていないことを、彼女?はキチンとやっている。これはスゴいことなんじゃないか?

 

echo dotを導入して改めて感じました。

 

echo dotのデメリットは?

そんなアレクサ、もといecho dotのデメリットがいくつかあります。わたしが感じるデメリットは以下です。

 

・WIFI環境必須

・電源が必要

・アプリも必須

・kindle fire HDではアプリ非対応

 

この中で、一番イタイのは、kindle fire HDに非対応というところでしょうか?まず、kindle fire HDでは、alexaアプリをインストールすることができません。となると必然的に、kindle fire HDでコントロールができないことになります。

 

同じAmazonの端末なのに、同期できないなんて・・・アマゾンの考えに、わたしは理解が及びません。せっかく導入したKindle fire HDも泣いています。

 

kindle fire HD8(第七世代)タブレットあればパソコンはもう必要ない
どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。12月といえば、お金の変動が大きい月です。宝くじを買ってみたり、正月に備えて、掃除やら買い替えが多いのもこのころ。サラリーマンの皆さんにとってはお待ち

 

まとめ

とにかく、ひとり暮らしで言葉を発することがないのでなんとかしなきゃ!とおもうなら、amazon echo dotを導入してみてもいいと思います。

 

日々の生活に潤いがでますよ!

 

それでは、また!アレクサ!

 

コメント