注意!ふるさと納税の政府通知|モンベルポイントが貰えなくなる?

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

ふるさと納税、モンベリストにとっては、モンベルでお得に買い物をするために必須の制度です。ですが、この制度にちょっと暗雲が。

ニュースはこちら。

>>関連記事

総務省はふるさと納税の返礼品を地場産品に限るよう自治体に求める。4月1日付で通知を発送する。海外のものなど「ふるさと」とは関係がなかったり、縁遠かったりするものを返礼品にする自治体がある。

出典:日本経済新聞

つまりどういうことかというと、

・ふるさと納税の返礼品が本来の趣旨と外れている

・返礼品は、地元の特産品に限るべき

・4月1日に自治体へ通知

強制力はない、との報道ですが、今後の動きには注意が必要です。

スポンサーリンク

2017年のふるさと納税を振り返る。返礼率は最大3割になった!

昨年もふるさと納税は、過熱する返礼品の過剰反応を抑えようと、政府から通知が出ました。覚えているでしょうか?

ふるさと納税した額の3割程度の返礼率にするようにとのことでした。実際、わたしもモンベルのポイントを昨年申請しましたが、返礼率は3割程度でした。

>>関連記事

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 ミニマルライフ実践中ですが、その中でモンベル製品を色々購入して生活に取り入れて使ってみての感想をご紹介してますが、総じて大変いい製品だなぁと思っています。あなたにも少しでもそ...

ちなみに2016年は、5割程度でした。ふるさと納税の旨味が減ってしまいましたが、それでもポイントがゲット出来るので大変ありがたい制度でした。

しかし、今回の政府通知でふるさと納税でモンベルポイントを貰うこと自体、もう出来なくなるかもしれません。

モンベルポイントが地場品といえるか?わたしの見解では、いえる!と答えるのは、難しいのではないか?と思います。

政府が動いた以上、お上に逆らってまで、モンベルポイントを返礼品にして、続けることはできなくなる可能性が高い。気骨のある自治体があればいいのですが…。

自治体が動く前にモンベルポイントをゲットしてしまおう!

モンベリストとしては、ポイントを稼げなくなる手段を絶たれるのは、死活問題です。ポイントがゲット出来なくなる前に申請してしまおうと思います。

モンベルのポイントというのは、具体的にはポイントバウチャーを自治体に返礼品を請求して、後でモンベルのホームページか店舗でモンベルポイントに交換して貰います。

>>関連記事

モンベルはふるさと納税を応援しているので、これからの動き、気になります。しばらくは注意深く見守っていくつもりです。

ふるさと納税に興味を持って、ポイントをゲットしたい!と、想ったのなら、わたしの過去ブログ記事を参照して貰えば、大丈夫です。

ふるさと納税でモンベルポイントをゲットする方法を詳しく解説していますので、よかったら、こちら参考にしてみてくださいね。

>>関連記事

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 ミニマルライフ実践中ですが、その中でモンベル製品を色々購入して生活に取り入れて使ってみての感想をご紹介してますが、総じて大変いい製品だなぁと思っています。あなたにも少しでもそ...

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 先日、モンベルのポイントをお得にゲットするためにはふるさと納税がオススメという記事を書きました。参考:モンベルのポイントはふるさと納税でゲット!超簡単な申請方法を解説! 私...

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 モンベルショップでは基本割引が無いので、お得にお買い物する方法として、ふるさと納税をして、モンベルのポイントをゲットする方法を以前の記事で解説しました。参考:モンベルのポイン...

過去記事でも書いていますが、モンベルポイントをゲットするなら、ふるなびを利用すると、簡単です。こちらのサイトからどうぞ。

まとめ

モンベリストにとっては、モンベルポイントをゲット出来るかどうかは、死活問題です。ふるさと納税でモンベルポイントがもらえるのかどうかで、今後のモンベリスト生活の方向性もいろいろ見直していく必要が出てきます。

出来れば、今後の今までどおり、ポイントが貰える世の中であることを期待します!

それでは、また!

スポンサーリンク