モンベルのペプチエイド|回復アイテムはHPなくなる前に使うべし!

 どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

ロードバイクに乗って出掛けましたが、桜が既に満開になっているところがありました。自宅の近所ではまだまだ、といったところなのに、行くところには、もう咲いているところがありました。

場所は、神奈川県唯一の村。清川村です。タイミングよくすごくキレイな桜に遭遇したので、思わず撮影してしまいました。わたしの近所ではまだまだ桜、つぼみ状態ですが、先取り出来たのはラッキーです🎵

自動車を断捨離したので、ロードバイクが、かけがえのない存在になりました。自分の足で歩くのは当然ですが、遠出したいときはロードバイク、頼りになる相棒です。ロードバイクは生活の足にもなりますしね。

いろんなところをロードバイクで駆け回っているのですが、気になるのが、乗っているときに、あるいは乗った後、如何にして疲労をためないか?が重要です。

わたしはサラリーマンなので、週末の疲れが、平日に残っていると、全くパフォーマンスを発揮できません。まぁ、やる気がないだけじゃないの?っていわれると困るんですが(-_-;)

ロードバイク乗車中は、水分&栄養補給をしっかりやるのが、ロングライドの基本。疲れがなければ時間の許す限り走り続けられますが、そんなことは無理です。

ガス欠の自動車が走れないのと一緒ですからね。

水分&栄養補給を同時に行える便利なモノは無いだろうか?と、モンベルで探してみました。すると、あるんです。

ペプチエイドという補助食品です。

スポンサーリンク

モンベルのペプチエイドとアミノサミット

モンベルでは食品の販売もしています。もちろん、一般的なものでは無くて、登山などで持ち運び、現地で手間をかけずに食べられる簡易食です。これがなかなかクオリティ高いんですよね。実は。

モンベルのリゾッタという、インスタントご飯があります。以前に実食した顛末を記事にしました。お時間あれば参考に覗いて見てくださいね。

>>関連記事

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 真のモンベリストを目指して奮闘中です。もちものは全てモンベルにしよう!という計画です。 真のモンべリストを目指して|持ち物全てモンベルにするまで走り続ける! もちもの、と...
どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 モンベルといえば、登山とかアウトドアのイメージが強いですが、実はそれだけではありません。最近?かどうかはわかりませんが、自転車やランニングなどのスポーツにも、力をいれています...

リゾッタも美味しくていいのですが、ロードバイク乗車中はなかなかリゾッタを食べる時間ありません。ていうか、無理な話は置いておいて、水分&栄養補給を同時に行えるもの、それがこちらのペプチエイドとアミノサミットです。

どちらも主に、登山などでの水分補給と同時に栄養補給を考えて作られています。アミノ酸が含まれているので、疲労をためない、疲労回復効果をうたっています。

今回はペプチエイドのほうを使ってみたので、実際どうだったのか?役に立ったのかレビューします。

2種類のたんぱく質とクエン酸を配合し、回復に特化したアウトドアサプリメント。登山・カヤック・自転車など、さまざまなアウトドアアクティビティを楽しむ人を体の内側からサポートします。500~700mlの水に溶かして飲む粉末タイプで、スッキリ飲みやすいシトラスミックス風味です。「アミノサミット3500」と組み合わせることで、...

ペプチエイドの作り方。水に溶かして、ボトルにいれるだけ。

ペプチエイドの作り方は、とっても簡単。袋を開けて、中の粉末をボトルに移し、水を注いで充分溶かせば完成です。色は乳白色の液体です。

白いのは、今話題のホエイプロテインが含まれているからでしょう。5000mgも含まれています。

お味は、シトラスミックス。疲労回復効果の高いクエン酸が含まれているので、適度な酸味ありますが、飲みづらくはありません。また、甘味のあるので大丈夫です。

何かの味に似てるんですが、思い出せない!カルピス?ピルクル?ヤクルト?カツゲン?

うーん、どれもしっくり来ませんね。

ただ、上記と同じ系統の飲料になります。こういうのが嫌いでなければ、オススメです。

ちなみに、スポーツドリンク、例えば、ポカリスエットやアクエリアス、DAKARAのような味とは違います。

スポーツドリンクといえば、こちらの方が定番です。ロードバイク乗るときは、これらにもお世話になっています。こっちは水分補給が主な目的なので、回復効果は???です。

わたしの感想です。

ペプチエイドの飲み方。タイミングよく、効率よく摂取する。

ペプチエイドは飲むタイミングが重要です。説明にも、運動前、運動中、運動後に飲めば効果あり、と記載されています。

って、全部かい😆

とにかく、運動前中後で飲んで全く問題ないようです。

であれば、実践あるのみ。ロードバイク乗車時にドリンクボトルに入れて持っていきました。水分補給はこまめにやります。

結果、前半戦、結構ハイペースになりましたが、それでもなんだか身体の調子がいい。なんとなく、どこまでも行けそうな気分になるくらい、エネルギーに溢れていました!

気がついたら、いつもは行かないヒルクライムに。

さすがに、登りきったときにはヘロヘロでしたが、予定になかった登りをノリでいって来ましたが、なんとか完走出来ました。

そんな気分にさせてくれて、パワーを引き出してくれる、ペプチエイド、恐るべし。そして、新たな発見です。この効果は、半端じゃないので、次回ロードバイクツアーのときは、お供にしたいですね。

ペプチエイドを飲んだ後の疲労回復効果はいかに?

ペプチエイドの疲労回復効果はどうだったのでしょうか?残念ながら、ロードバイク乗車中にすべて飲みきってしまったので、回復効果のほどはよくわからなくなってしまいました。

でもひとつ驚いたことがあります。

わたしの場合、ヒルクライムやったあとは、必ず筋肉痛になります。悲しいかな、加齢とロードバイク乗車するのが、ほぼ週末だけなので(言い訳)、身体は鈍っています。場合によっては、2日くらい、筋肉痛が残ったりします。

ところが、今回、わたしにしてはかなり激しい運動をしたのにもかかわらず、筋肉痛が少ない!💪

これはもしかしたら、効果があったんじゃないでしょうか?いや、キッと効果があったに違いない!

ということで、ペプチエイド、結構効果あります!

ということで、後日1箱10本入を大人買い。いゃ~こういうときに、大人でよかったなぁ!って思います😃これでしばらくはロードバイクに打ち込めますよね!

モンベルのペプチエイドのデメリットは?

どんなにいいものでも、デメリットはあるもの。モンベルのペプチエイドのデメリットをまとめてみました。

・モンベルでしか買えない

・水にとかす手間

こんなにいい製品なのに、モンベルでしか買えないのはもったいない。コンビニとかで普通に売ってくれるとありがたい。理由は、ロードバイクに乗ると、コンビニに立ち寄る機会が増えます。そこで、ペプチエイドが売っていたら迷わず購入するんですが。。。

コンビニ各位、モンベルのペプチエイド、おいてくれませんでしょうか?

まとめ

ロードバイク乗るなら、ペプチエイド、覚えておいてほしいアイテムです。かなりヘロヘロな状態でも、疲れを明日に残さないために、ペプチエイド、結構有効です。

モンベルでなければ、アミノバイタルとかでもいいと思いますが、モンベリストとしては、できればペプチエイド、トライしてみてほしいと思います。

それでは、また!

スポンサーリンク