モンベルの保存食|ガーリックリゾッタ。芳醇なニンニクの香りが食欲を

クックウエア/食品

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

 

モンベルといえば、登山とかアウトドアのイメージが強いですが、実はそれだけではありません。最近?かどうかはわかりませんが、自転車やランニングなどのスポーツにも、力をいれています。

 

冬の間は、スノーシーズンということで、モンベルショップにも、スキーやスノーボード関係の商品の陳列が目に付きました。そして、いまは3月。ウインタースポーツ商品は影を潜め、春登山などのほうにスイッチしてます。

 

外歩いていても感じることですが、定期的にモンベルショップを訪れると、季節の移り変わる様を感じることができます。

 

冬の間は難しかった、キャンプや泊まりがけの登山なんかも、季節的にやりやすくなってきます。その季節や、用途に合わせたアイテムを揃えるのはもちろんですが、他にも、持っていきたいものありませんか?

 

そう、食事です。

 

モンベルのリゾッタはお湯かけて3分で美味しいリゾットができる!

モンベルでは食事も提供しています。インスタント食品ですが、これのクオリティがとても高い!お湯とリゾッタがあれば、3分で美味しいリゾットが食べられます。

 

また、リゾッタは賞味期限が5年もあり、長期保存しておくこともできます。

 

さらに、軽量化が図られているのでかなり軽い!登山でも使えるように設計されているので、持ち運びも楽。

 

災害用にはいろいろな非常食品が世の中に出ていますが、5年もつもので、この量、この価格、この軽量、クオリティなものは、なかなかないのでは、ないでしょうか?

 

モンベルの保存食に対する本気。が伝わってきますよね😆

 

保存食品だからといって、非常時以外に食べてはいけないということはありません。常食として使っても全く問題ない。

 

モンベリストのわたしは、リゾッタを常食化することも視野にいれています。キャンプでもないのに、そんなことする人はなかなかいませんよね(笑)

 

以前にカレー味のリゾッタを購入し、実食した記事を書きました。

 

モンベルの保存食|カレーリゾッタ。スパイシー&マイルドな辛味が美味
どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 真のモンベリストを目指して奮闘中です。もちものは全てモンベルにしよう!という計画です。 真のモンべリストを目指して|持ち物全てモンベ...

 

結果は、大失敗。😥お湯の量を入れ過ぎて、リゾットがお粥になってしまいました。

前回リゾッタに挑戦するも失敗|反省点問題点はどこ?

そのときの写真がこれ。

インスタント食品も満足に作れない、料理下手です😥このときの味とショックは、わたしの生涯で忘れられないエピソードになりました。

 

失敗原因はもうひとつあって、お湯を入れたら、10秒くらいかき混ぜてください。と、書いてありました。これをすっ飛ばして、すぐ蓋をしてしまいました。

 

結果、ご飯に水分が十分に馴染ます、お粥っぽいのに、ご飯が固め、というシロモノが出来てしまいました。

 

次に作るときは、上記の失敗をしない!と心に誓い、ことに臨むつもりです。そして、そのチャンスがやってきました。

 

モンベルのガーリックリゾッタ|香ばしいニンニクの香りが食欲をそそる

今回は、ガーリックリゾッタにすることに。目指すはパッケージ写真にあるような、ふっくらした感じのご飯を再現したい。

 

【モンベル】ガーリック リゾッタ
リゾッタシリーズは、モンベルが開発したまったく新しいアウトドア用食品です。従来の常識を覆す短時間調理と、疲れていても食べやすい優しい口当たりを実現しています。極めて軽いので、携行性も抜群。食欲をそそるガーリック風味です。※スプーンは付属していません。

 

ポイントは 

・お湯を入れ過ぎない 

・すばやくかき混ぜる

でしたね。

 

2つのポイントを頭に浮かべて、お湯を沸かし、準備を進めます。お湯沸かすのは、もちろんモンベルのアルパインケトル。小型軽量の扱い易いやかんです😄

 

おっ!と思う間にすぐに沸く。モンベルのアルパインケトル
どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 2017年もあと半月でおしまいです。今年一年以下がでしたか?まだあと、2週間ばかりありますので、駆け込みで、あれやりたい、これやりたい、あ...

 

お湯が沸くまで、準備を進めます。袋を開けて、中にある乾燥剤を取り出しておきます。

 

このときから、ニンニクのいい香りが漂ってきます。ニンニク好きなので、食欲をそそります。

 

お湯が沸騰したらいよいよ制作に入ります。まず、お湯を注いでいきます!レッドラインまで、注いでいくんでしたね。

 

ここまで、問題点無し!

 

次は、10秒かき混ぜる!

 

モンベルのフェザースポークを使って10秒くらいかき混ぜます。かき混ぜると、すぐに粘り気が出てきました。これは、前回と違って期待出来る予感が!

 

結果、上手にできました!

 

モンベルのガーリックリゾッタ。そのお味は?

リゾッタとしては、2回目で普通にできました。普通は一発で出来て当たり前ですが、そんなことは気にしない!気になるのが、そのお味。

 

早速実食します。

 

ガーリックなのでニンニクのにおいがもっとキツいのかと思ってたけれども、そこまで強くは無かったです。生ニンニク食べるよりは、かなり抑えられているように感じました。明日デートだったとしても、気にならないかな?でも、明日、人と会う予定があるなら、避けておいたほうがいいかも。

 

好みもありますけど、わたしは前回のカレー味と今回のガーリック味、甲乙つけるのは難しいですが、軍配はガーリック味のほうが好きです!

 

あと、リゾット具合ですが、納得の食感に仕上がりました!美味しくいただけるかどうかは、その人次第。なんか、いろいろアレンジしてみるのも、楽しいかも。

 

まとめ

ようやく、リゾッタ本来の楽しみ方が出来るようになりました。モンベルの食品もなかなかいいですよ。

 

それでは、また!

コメント