モンベリストは孤独?ひとりじゃないと、極めることはできないよ!

考え方

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

 

モンベリストになるために、舵を切ってしばらくたちますが、それよりもミニマリスト歴のほうが長いです。もう1年以上はたったでしょうか?

 

モンベル製品を使うのは、モンベリストだから。

モノを減らすのは、ミニマリストだから。

 

この2つを自分の生き方の根幹に据えて、ブレることなく続けていきます。誰がなんと言おうと、やってやる!

 

という鼻息の荒い意気込みだけはまだあります(笑)

 

今ではすっかりミニマリスト生活も板に着き、とくにモノがなくても不便を感じなくなりました。

 

例えば、何度か出てきてますが、テレビ。テレビは本当に必要ない。貴重な時間が、テレビによってドンドン失われてく。これに気づいたときに戦慄すら覚えましたよ😫

 

 

テレビの代わりになるものは今ではいくらでもありますからね。テレビよりも読書の方が有意義な時間を過ごせたりしますし、情報が欲しいなら、ラジオを聞けばいいんです。まぁ、大概はネットを見ればことが足りるんですけどね。

 

ミニマリストをやり続けると孤独になる?

ミニマリスト&モンベリストをやり始めてから、よく聞かれるようになった質問があります。

 

モノがなくて寂しくないの?

孤独にならないのか?

ひとりで大丈夫なのか?

 

という質問。これってちょっと的はずれ。なんでミニマリストは孤独で寂しいことになるんですか?

 

どうやらミニマリストは世間では、孤独、寂しい、貧乏、変人、などまだまだ偏見があるみたいです。でも、同じミニマリストを志しているあなたならわかってくれるはず。そんな外野のコメントは捨ててしまえばいい!

 

 

常識に縛られるのはもうやめよう。

常識を断捨離する。

 

もう、非常識だっていいじゃないか。

 

わたしは別に孤独ではありません。サラリーマン勤めをしていますので、嫌でもコミュニケーションをとらないといけないシーンがあります。

 

友人もいないわけではない。

 

両親も健在です。時々コミュニケーションをとります。

 

こんな状態のどこが孤独ですか?

 

ミニマリスト=孤独という思い込みが間違いだと言うことがこれで理解していただけると思います。

 

ミニマリストになると、ひとりでいることが多くなる。

ミニマリストは孤独ではありませんが、ひとりでいることが多くなる。これは、あると思います。

 

でもそれが悲しいことでしょうか?

惨めなことでしょうか?

 

そんなことはありません。むしろ、自分で自由に使える時間が増えるじゃないですか。こんなに、自由になれる瞬間って、他にありますか?

 

やりたくないことはしなくていい。

会いたくない人と会わなくていい。

 

 

焼き肉だって、ひとりでいけば誰に気がねすることもなくただただ肉と自分のぶつかり合いすることができます。もちろん、わたしも人間ですから、焼き肉をつつきながら、他人との会話を楽しむ時間もありますよ。

 

でも、ただひたすらに、肉を食らう時間も体験してみて欲しい。これは、別に毎回でなくていい。1回でもいいと思います。

 

 

ひとりでこそ体感する時間が貴重であることを実感してもらいたい!愚直に、ストイックに。

 

みんなでワイワイやる宴会やバーベキューなども、そりゃ楽しいです。決して否定するつもりはありませんが、ひとりで体験するのも是非やって欲しい。

 

ひとりじゃないと、ミニマリストは極められない!

ミニマリストを極めようとするなら、ひとりじゃないとできない。なぜなら、1人以上になると、相手の価値観を考えなくてはいけなくなるからです。

 

結論を先に出してしまいました。

 

よく、一緒に断捨離しましょうよ。って言う人がいますがそういう人は、20000%、失敗します。

 

なぜなら、お互いの捨てる基準が違うから。

価値観が違うから。

 

わたしの身近な例で言うと、両親です。顔を会わせるたびに、断捨離している、片付けている、どうだ?凄いだろう?とわたしに自慢?してきますが、はっきりいって全く断捨離、できてません。

 

むしろ、年々モノが増えていきます。

 

お互いに断捨離を志しているはずなのに、です。原因は互いの価値観の違いが、妥協案を産み、結果的になにも捨てられない、という結論になるようです。

 

これでは断捨離はおろか、ミニマリストを目指すのは難しいですね。パートナーがいてかつ、ミニマリストを目指すのは贅沢なことなのかもしれません。

 

よっぽど、価値観の合う人がいて、共感ができる人でないと、一緒にミニマリストになろう!何て言うセリフは言えませんよ。

 

言えるのは、お互いの方向性があっているか、あるいは相手のやることに理解があるか?です。それがないと、ミニマリストになろうと思っても、回りから修正を食らいます。そんな状態で、他人と共同してミニマリスト生活をしていくなんて、至難の技ではないでしょうか?

 

わたしには難しい。

 

まとめ

ミニマリストは孤独ではありませんが、極めようとするならば、断然、ひとりでやる!方が楽です。

 

パートナーがよほど、価値観が共通化できるか、あるいは共感できなくとも、理解してくれるか、許してくれるか、がないと、ミニマリストに対して嫌悪すら覚えてくるようです。

 

まぁ、それでもスタイルを変えるつもりはありませんが、パートナーが欲しい人は考えざるを得ませんね。

 

じっくりと考えてみましょうね。

 

それでは、また!!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント