ロードバイク寒さ対策|指先爪先の冷えは死活問題!モンベルで対策を

サイクリング

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

 

ご存じだと思いますが、わたしの最近の趣味は、モンベルだけでなく、ロードバイクがあるんです。最近、ロードバイクネタをブログに書かなくなってしまってますが、ちゃんと続けております。

 

始めたのが、1年以上前ですから、もう初心者と呼べないのかもしれません。昨年の走行距離も2000kmを越えたので、正直ここまでハマるとはおもってなかったです。

 

動機付けとなったのが、マンガの影響ですが、いい大人がマンガの影響で始めるってどうなの?って批判がありますが、そんなの、どうだっていいです。

 

 

 

きっかけはなんだって、楽しければいいじゃないですか?

 

とにかく、ベテランの域には達していないと思いますが、これからもロードバイク続けますよ。今年は、3000km走りたいって、目標をたてますからね(^o^)v

 

年間走行距離を稼ぐためには、休んでいる暇はありません。わたしの場合、基本的には週末のライドなので(平日は、いいわけですが、仕事で疲れているのでほとんどライドしません😵)春夏秋冬ノンストップです。

 

ロードバイクは服装や装備を間違えると、快適な走行はできなくなります。身体が丈夫なひとで、寒さ暑さなんかへっちゃらだ!というひとなら、あまり考えこむ必要ないかもしれません。しかし、わたしは身体が強くないので、寒さ暑さに敏感です。

 

ちゃんと対策を打たないと、すぐに体調を崩してしまうので。だから、装備はしっかり考えています。暑い寒いってわかってると、家を飛び出すモチベーションが下がりますしね。

 

現在は2月ですから厳冬です。となると、寒さ対策が重要になります。ロードバイクの冬の装備を考えます。

 

冬のロードバイクは防風と防寒対策したウエアを着て体温低下を防ぐ!

外に出て、ロードバイクを漕ぐと身体は暖まってきます。そのあと、次第に汗をかいてきますが、汗を上手に発散しつつ、防風防寒対策をやらないと、体温が急激に下がります。

 

体温低下しすぎると、運動するはおろか、生命の危険に及ぶことがあります。なので、しっかり対策してください。わたしは冬の間のウエアは寒がりというのもあるので、しっかりやります。

 

アンダーウエアは、モンベルのジオライン、アウターは同じくモンベルのサーマライドジャケットを組み合わせています。

 

 

ジャケットは防風防寒。ジオラインは防寒と汗の発散を考えての組み合わせ。サーマラードジャケットも汗の発散機能があるので、ロードバイクに乗って汗をかきながらも、蒸れ蒸れということはありません。

 

パンツのほうは、インナーにモンベルのサポーテックライトタイツ、を履いています。アウターは現状モンベルではないのが残念です( ´△`)。お値段はそれほど高いものではないですが、それなりに防風防寒してくれます。ロードバイク初心者でまず試してみたいというひとには、お手頃かもしれませんね。

 

 

ウエアの防寒対策だけでは不十分!冷えは末端から来るので十分な対策を

サイクルウエアの対策は、上記までやれば十分だとおもいます。しかし、それだけでは対策は70%くらいまでの感じです。

 

身体が直接受ける寒さは防げるのですが、まだ寒さから身を守るには不十分です。ロードバイクに乗ると当たり前ですが、風の影響をもろに受けます。外気温がヒトケタ、あるいは0℃、氷点下のときに走ると、ものすごく冷える部分があります。

 

それは、手と足。

 

ここもケアしないと、冬のロードバイクは厳しいです。わたしの実感ですが、ロードバイクのり始めて最初は全身が寒い感じがしますが、身体が慣れてくると、今度は末端が冷えてきます。手と足。本当に凍傷になるんじゃないかというくらい冷えます。

 

特に手はハンドルグリップを凍えすぎて握る力がなくなってきます。これは非常に危険です!なぜかというと、ブレーキ操作がやりづらくなるからです。気温の低い日に、寒いのとブレーキ操作ができないのとで、怖い思いをしたのは言うまでもないです。

 

一応、ウィンドストッパーサイクルグローブをつけて乗っているのですが、真冬にこれだけでは、正直厳しいです。

 

 

 

まだ購入できてませんが、手と足の末端の寒さに耐えられません!早急に対策したいなぁ、と思っています。それぞれ、以下のものを緊急で購入予定です。

 

 

首回りの対策も重要。ネックウォーマーがあるのとないので寒さが違う!

末端の冷えを防いだら、最後は首回りをケアしましょう。一枚あるのとないのとでは、暖かさが違います。

 

すれ違うロードバイク乗りをみると、ネックウォーマーをつけているひとを見かけるのが多いです。わたしも当初は不要かな?とおもって、つけてませんでしたが、つけ始めると、もうはずしてのることはできません。

 

顔は素肌をさらして走るのでどうしてもケアがおろそかになってしまいます。まぁ本格的にケアするなら全面マスクという手もあるんですが、わたしの場合はそこまでひつようないかな。でも首もとには欲しい。

 

軽くて薄くて暖かい。三拍子揃っているものがいいですね。モンベルのネックゲーター、いいですよ~。

まとめ

ロードバイクを快適に楽しむためには、服装をしっかりしたほうがいいです。私のように手と足の装備を怠ると、そちらに神経がいってしまい、本来のロードバイクの楽しみが失われてしまいます。

 

ここはしっかりケアして臨んでくださいね。防寒対策グッズを導入したら、レビューします!

 

それでは、また!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント