モンベリストの家電|サンルミエ赤外線ヒーター日だまりの暖かさ!


どうも。自称モンベリストの弱虫眼鏡です。

今年の冬はとても寒く感じますね。インフルエンザも大流行。そんな中、ではありますがそろそろ花粉症の季節でもあります。花粉症なのか風邪なのか、はたまたインフルエンザなのか?自分の体調には十分注意しましょうね。

体調を崩す原因として、寒さがあります。寒い外から家に帰ってきても、寒いままではいけません。できるだけ暖かい格好をするなりしないと。

わたしはモンベリストですから、部屋では色々なアイテムを活用しています。

上にはおるモノだけでなく、足元も冷えるので靴下をはきつつ、キャンプシューズを履いて過ごしています。

大体これで防寒対策はバッチリです。部屋のなかはもちろん、部屋の外へ出ても寒さはしのげます。

けど、やっぱり底冷えのする朝や、気温がマイナスを下回る日はやっぱり寒さを感じるもの。朝起きたときの冷えきり感は半端じゃないです。

この時期だけですから、やっぱり暖房をつけておいたほうが身体には良いと思います。

空調設備はエアコンが基本。だけどエアコンで暖をとるのは好きじゃない。

暖をとるために、空調設備であるエアコンを使うというひとも多いと思います。わたしの部屋にも1台ついています。しかし、暖房としては殆ど使いません。

なかなか暖かくならない割に電気を食う。

暖かさの質がしっくりこない。

なので、エアコン暖房は嫌いです。

特に足元の冷えに関してはエアコンでカバーできません。どうしても頭のほうが暖かい。

頭寒足熱

って、昔から言いますが、なかなかそういう風にはならないんですよね。だから、暖房はストーブかヒーターとなるわけです。

ひとり暮しで石油ストーブは危険?賃貸だと契約で使えないところが多い

一軒屋ならストーブ使おうが、暖炉を作ろうがいっこうに構わないですが、ひとりでアパート暮らしなら、石油ストーブは使えない場合が多いです。

火災の原因になるからということです。

あと石油を燃やすので、臭いもかなり出ます。昔のストーブよりも改善はされているようですが、それでも完全には取りきれません。

エアコン駄目、ストーブ駄目、ってなると、残りはもうそれほど選択肢ありませんね。電気ストーブを使うくらいしか手はありません。

電気ストーブも各メーカーそれこそ、しのぎを削って色々なものが出ています。正直混乱の種ですね。

そんな中、モンベリストのわたしが使っているのが、コチラ。

サンルミエ800SDです!

サンルミエ800SD|まるで日だまりの心地よさ

サンルミエ800SDってどこのメーカー?って思われますが、大手家電メーカー製のものではありません。日本遠赤外線株式会社のモノです。名前の通り、安心の日本製です(*´∀`)♪

どこ製かってあまり気にしません。モンベル製だったらもっとよかったんですけど、こういう類いの製品設定がモンベルにはないので仕方ないです。

遠赤外線効果で身体の芯まで暖かい!

サンルミエ800SDは、遠赤外線効果のあるパネルを使って、輻射熱で暖めます。ヒータ部分に近づけば当然暖かいですが、輻射熱で部屋全体をじんわり暖めます。結果、日だまりのような暖かさを得るのだとか。

実際使ってみると、エアコンやストーブのように、空気が熱いという感じはしません。なんとなく部屋が暖まっているようです。これが遠赤外線輻射熱の効果か!ってところですね。

部屋全体が暖まるのはちょっと時間がかかりますし、それほど大きな機械ではないので、使用目安として、6畳くらいの部屋ならいいのではないでしょうか?わたしの部屋も実際それくらいですし。

エアコン、ストーブがつかえる環境であれば、併用するのもいいですね。

温度調節可能。自動運転可能。でもボタンは4つ。

余計な機能は一切ありません。タイマーすらありません。左から弱中強そして自動の4つ。部屋の温度や好みにあわせて、選択します。

自動運転にすると、初めは強で運転し、部屋が暖まってくると、中、さらに弱に切り替わっていきます。

どうやって自動で弱中強を判断しているか謎ですが、恐らくセンサーが内蔵されているはずです。

ミニマリスト的にこの製品を見ると、余計なボタンがないので、好感が持てると思います。リモコンもありません。質実剛健です。

過加熱防止装置付き。安全性も問題なし。

ときどき、ヒーターの温度が上がりすぎて、過加熱防止装置が働く時があります。本体からピーピー音が鳴って、その後自動的に電源が切れます。

もう一度再開したいときは、写真にある過加熱防止スイッチを押して、ロックを解除します。解除せずに電源をいれても、またピーピー鳴って電源が切れるので、忘れずに解除してしまいましょう。

操作は本当にこれだけです。

あとは勝手に暖めてくれます。

寸法はコンパクト。キャスター付きなので持ち運びも楽々。

サンルミエ800SDのパネルの厚みは約8cmです。キャスターの足の部分は約24cmなので、コンパクトで薄い。あまり場所をとらないのもいいですね。

また写真にもあるようにキャスター付きで、部屋のなかを自由に転がしていくこともできます。もちろん、それほど重量物ではない(重さ:約6kg)ですし、本体に取手がついているので、持ち運びも楽です。

この冬イチオシの暖房器具です。ただ、サンルミエ800SDはインターネット限定の販売のみとなっているので、普通の家電量販店では買えません。興味のあるかたはコチラからどうぞ。

サンルミエ800SD。気になる電気代は?

暖房器具といえばどうしても気になるのが、そう、電気代。寒い時期ですから、ケチろうとは思っていませんが、電気代の請求が来てビックリしたくはありませんよね。

では、サンルミエ800SDでどれくらいの電気代がかかるのか?ちょっとシミュレーションしました。計算が面倒くさいので、コチラの電気料金シミュレーションをお借りして計算してみました。

サンルミエ
消費電力(W)

1時間当たり
電気代(円)
1ヶ月の
電気代(円)
400(弱) 10.8 324
600(中) 16.2 486
800(強) 21.6 648

※1日1時間使った場合の1ヶ月の電気代

どうですか?思ったほど電気代かからないんじゃないですか?エアコンだと消費電力がものにもよりますが1000~2000Wくらいありますし、それに比べればずいぶん安いですね。

使い方が違えば、電気代も変わるので、ご自分がどれくらい使うのか、シミュレーションしてみてくださいね😁

サンルミエ800SDよりも消費電力の少ない家電、こたつや電気カーペットがあるので、そっちのほうが電気代は安いです。それぞれ一長一短があるので、見極めが必要です。わたしの使い方では場所をとらない、サンルミエ800SDを選択しました。

サンルミエのデメリットは?

メリットばかりではなく、デメリットについても語るのがわたしの流儀。サンルミエ800SDのデメリットについてまとめました。

・値段が若干高い
・暖まるのに時間がかかる
・大きな部屋は暖まりにくい
・季節ものなので活躍期間が短い

季節家電の宿命ですが、夏場は活躍の機会がなく、完全にタンスの肥やしになってしまいます。モノを出来るだけ使わない、ミニマリスト生活をする上では、ちょっと残念ですが、寒いの、嫌いなので。

まとめ

サンルミエ800SDは、空気を汚さず部屋全体を日だまりのような暖かさで包んでくれる暖房器具です。これからまだまだ寒い時期が続きますが、こいつのおかげで今年も厳しい冬を乗り越えていけそうです。

それでは、また!!