つみたてNISA|楽天バンガードファンド、1ヶ月目の運用成績は?


どうも。自称モンベリストの弱虫眼鏡です。

つみたてNISAの取引が解禁になったのが、2018年1月。つまり、ちょうど今月で1ヶ月が経ったことになります。どうですか?あなたも、つみたてNISAやってますか?まだ、迷ってますか?

わたしはどうしたのかというと、つみたてNISA、始めました。昨年末ギリギリに申し込みをして、スタートしました。

つみたてを開始した、となるとやっぱりどれくらいの資産が積み上がったのか、気になりますよね?

つみたてNISAをあらためておさらい。年間40万円まで、非課税で20年間つみたて可能

つみたてNISAをあらためておさらいしておきます。

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。購入できる金額は年間40万円まで、購入方法は累積投資契約に基づく買付けに限られており、非課税期間は20年間であるほか、購入可能な商品は、長期・積立・分散投資に適した一定の投資信託に限られています。

出典:金融庁

つまり、非課税になるのは

・年間40万円まで
・20年間
・投資対象は、投資信託

です。

投資信託をつみたてる鉄則は、

・広く分散投資する
・インデックスファンドを選ぶ
・手数料の安さに徹底的にこだわる
・設定したら後はほったらかし

基本がズボラで、面倒くさがりなわたしですので、投資をするときも、時間をかけたくない。でも、しっかりつみたてたい!ということで、ほったらかしにできる方法でつみたてをしています。

つみたて投資信託の銘柄は楽天バンガード。全世界&全米に投資!

この資本主義の社会が、しばらく続き、世界経済が右肩上がりになるだろうと信じているなら、少額で積み立てていっても、大きく間違えることは少ないかもしれません。あくまで推測ですが。

そうであるなら、つみたてNISAは有利です。売買損益は非課税ですし、少額のつみたてなので、気楽に投資できます。銘柄を選べば、全世界にだって投資できちゃうんです。

わたしは、楽天証券にて、楽天バンガードファンドに投資しています。楽天とあのバンガードがタッグを組んで手数料の安い投資信託をリリースしてくれました。

銘柄 信託
報酬
買付
手数料
楽天・全世界株式
インデックス・ファンド
0.2396% なし
楽天・全米株式
インデックス・ファンド
0.1696% なし

2つのインデックスファンドを年間40万円になるように調整して毎日積み立てています。

今のところ、バンガードのインデックスファンドは楽天証券でしか、扱いがありません。購入を検討している人はまず楽天証券へ申し込みましょう!

2018年1月の資産運用結果はどうだったのか?

じゃあいったい、つみたてNISAの運用成績はどうだったか発表します。下の表を見てください。

時価評価額 評価損益
34,135 円 -137 円

評価損益がマイナスになっています。が、殆ど影響がないとみていいレベルでしょう。気にするほどのマイナスではありません。ここで一喜一憂していてはダメです。

勝負は20年後、と覚えておきましょう。

まとめ

楽天バンガードファンドをつみたてNISAを使って資産運用しています。これがどんな結末になるのか?実際に儲かるのか?今後もじっくり見極めていきます。

それでは、また!!