モンベルのライトウインタートレッキンググローブ|真冬はちょっと?

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

厳しい寒さが続いてます。日本列島冷凍庫~!大寒波~!なんていうニュースが踊っています。先週の月曜日は、私の住んでいるところも久しぶりの大雪にみまわれました。

道路の雪はすっかり消えましたが、日陰や一部のところでは、残雪があります。そんなところを歩くときは、十分注意して歩きましょうね。

なれていない人は特に気を付けましょう。

できれば、そういうところは避けて通るべし。

大雪にはやっぱりモンベルですよ!これがあるかないかで、寒さを感じる度合いが違います。

特に寒い冬は、キチンと装備を整えた方がよい。冷えは身体に大敵。風邪も引きやすくなる。そして、今年はインフルエンザが大流行。統計以来過去最大の患者数を越えたようです。まだまだ流行のシーズンはこれからです。キチッと対策しましょうね。

出典:yahooニュース

寒いとき、手袋つけてますか?手袋しない、という人もいますが、手、冷たくないですか?

どうやって暖めてます?

ポケットに手を突っ込んでるからいい?

ポケットハンドはやめた方がいいですよ?

特に慣れてない雪道をポケットハンドで歩くなんて、絶対にやめましょう!!

スポンサーリンク

ポケットハンドは危ない!怪我のリスクが倍以上!

躓いて、コケる、滑ってコケるとき、時間どれくらいかかりますか?おそらく1秒もないでしょう。一方、両手をポケットにいれた状態から、手を出すのにかかる時間はどれくらいでしょう?まぁ、意識してやれば、1秒位で手が出せるかもしれません。

では、とっさのときにポケットから1秒以内に手を出せる自信、あるでしょうか?

ポケットに手が引っ掛かるかもしれない。

両手を一気に出せるか?

コケたときに、とっさに対応できるか?

脳が危ないと判断してから、手に指令がいくまでに、どれくらいかかりそうですか?とっさのときはそのタイムラグが、手をポケットから出す時間に加算されます。

すると、手を出して防御体制を取るのは間に合いません。結果、手が出せずに重大な怪我に繋がりかねません。

手が出ていれば、手の骨折だけですんでいたのに。

ポケットハンドする理由は3つあると思います。

・手が冷たい
・ポケットがいい位置にある
・手袋をするのが面倒くさい

ここは面倒臭がらずに、事故から身を守るため、ちゃんと手袋しましょう!

モンベルのライトウインタートレッキンググローブ

私は手が冷たいのに耐えられないのと、ポケットハンドしなくてもすむように、手袋はしっかりつける派です。現在使っているのが、このモンベルのライトウインタートレッキンググローブです。

mont-bellのロゴがあったのですが、早々に剥がれてしまいました(>_<)。菱形マークは残ってますけどね。

防風・保温に優れたグローブです。少し防水性もあるみたいで、雨の日につけても、グローブが中までしみるということはありません。

秋口から冬前半にかけては、重宝します。やっぱりあっったかいですね😊

では、真冬にこれで十分かということですが、残念ながらこれでは不十分です(-_-;)

というのも、最近これをつけて歩いているのですが、特に早朝や夜だと、完全に手が冷えきってしまうことがわかりました。

雪が降るくらいの低温では、この手袋では役不足?

モンベルのライトウインタートレッキンググローブを真冬でも使っていますが、この手袋を使っていても、手が冷えきることが多々あります。つまり、真冬では耐えきれないことを実感しました。

例えば、通勤時に使いますが、駅までいく間に指先が痛くなり、完全に冷えきってしまっています。これって、真冬の寒さを乗りきる、十分な保温効果がないことを示しています。

モンベルの公式ホームページにも、この製品の説明には、こうあります。

トレッキングや散策などで気軽に使用できる防風・保温グローブです。表地にはしなやかな生地、裏地には柔らかな起毛地を使用し、暖かく快適な装着感です。また、袖口にストレッチ性がある素材を使用し、冷気の侵入を防止します。コンパクトにまとまり携行しやすいので、旅行や日常での使用にも適しています。

出典:モンベル

つまり、文章からは雪が降るような厳冬期に使えるという記述はないので、感じかたは人それぞれですが、真冬の使用はカバーできない可能性もあります。

残念ながら、私の使い方では性能不十分でした。

ええ、モンベルが悪いのではないですよ。

イケる!と思い込んだ、自分が悪いんです。

だって、どこにも、真冬に使えるってコメント、ないでしょ?

それなのに、メーカーにクレームをつけるのはおかしい。店員さんに十分な説明をしてもらって、『この手袋、真冬でもバッチリですよ!!』って、説明を受け、納得して購入したのなら、クレームをつける、というのもアリかもしれませんが、そんなことしてませんし。

ということは、購入したのは自己責任ということになりますね。真冬で思ったほどの効果を感じられないというのは、メーカーの責任ではないです。

最近の風潮ではなんでもかんでも、メーカーにクレームをつければいいという考え方が、まかり通っているような気がしますが、ユーザーがもうちょっと、手に取った製品が、どういう機能を持っていて、どこまで使えるのかを踏まえた上で、使わないと、日本の産業、死んでしまいますよ。

だから、いい勉強代だと思って、受け入れることも大事だと思います。

なぜか、スマートフォンの操作ができない?

最近のグローブで、必須の機能として、手袋をはいたまま、スマートフォンが操作できるというのがあります。

モンベルのライトウインタートレッキンググローブもスマートフォンに対応。と書いてあるんですが、残念ながら、どうやっても私のスマートフォンには反応してくれません😭

なぜなんでしょう?

できれば購入するときに、動作確認をしてもらった方がいいかもしれませんね。機種によっては反応したり、しなかったりするのかも知れません。おそらくすべてのスマートフォンに対応しているわけではないのでしょう。

結局スマホを操作するときは、手袋を脱いで操作をせざるを得ません。極寒の寒空のなか、ちょっと操作したくても、手袋は脱がざるを得ません。

モンベルさん、できれば改善をお願いします。

手袋を買い換えないと死活問題。もっと保温性の高いグローブを探す!

ライトウインタートレッキンググローブでは、真冬の寒さには耐えられないことがわかりました。そうすると、やっぱり、買い換え画筆ようになると思います。

雪国ではないから、厚手のグローブでなくても大丈夫だろうと、誤った判断をした私の自己責任です(-_-;)

じゃあなにがいいかと、検討してみました。モンベルから候補に上がるのは、

これくらいのクラスのグローブを選ばないと、やっぱり厳冬期の寒さに対しては、太刀打ちができないのかもしれませんね。

まとめ

ライトウインタートレッキンググローブで真冬の寒さを乗りきろうと考えましたが、いくら雪国ではないとはいえ、少し役不足でした。

もうちょっとリサーチが不足していました。でも、これでいい経験になりました。モンベルといえども、適材適所があるということがありました。

おそらく近日中に買い換えることになると思いますが、しっかりと見極めてから、導入したいですね。

それでは、また!!

スポンサーリンク