モンベルのニットマフラー|寒い日が続く冬にやっぱり必要なアイテム

マフラー/ネックゲーター

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

 

日本列島に寒波が押し寄せています。日本海側では数年に一度の大雪に遭遇しているそうですね。JRが立ち往生してしまった!というニュースも流れてきます。

 

解放されるまで数時間を電車のなかで過ごすことになったということです。対応については賛否両論あると思いますが、いつでも、どんなときでも、耐えられる備えをしておくのは、日頃から考えておかないといけないかもしれませんね。

 

首都圏も、雪が積もるとすぐに電車がストップしてしまいます。雪国に住まわれている方々からすると、これくらいで??!と、疑問に思われるかもしれませんが、すぐに止まってしまうのは事実です。

 

私も通勤に電車を利用しているので、特に冬の積雪、夏の台風の時期は、ガクガクしながら通勤する日もあります((( ;゚Д゚)))

 

まぁ、電車が止まろうが、社畜サラリーマンは意に介さずに仕事を続ける、あるいは、台風が来て電車が止まるとわかっているのに、出勤しなければならない…

 

これを是とする、日本の社会、おかしくないですか?

 

もう、自己防衛、自己責任の範疇を越えているように思えてなりません。嫌なら、会社やめれば?といわれそうですが…

 

普段から備えといわれて思い付くのはなんですか?やっぱり食事でしょう!

 

腹が減っては戦ができぬ

と昔から言いますからね!

 

いつなんどき、すし詰めの電車のなかに閉じ込められるとも限りません。おなかがすいても誰も助けてくれないかもしれません。そんなとき、補給食を持っていると、少なくともイライラを押さえられるかもしれません。

今回の寒波を教訓に、モンベルのようかんを通勤鞄に常備しておこうと、思い立ちました。

 

でもそれだけではありません。

 

やっぱり、防寒は大切だなぁ、と、改めて思うわけです。防寒といえば、マフラーですね。

モンベルのニットマフラー フォレスト!

防寒ということについては、モンベリストとして今までにいくつかモンベル製品をご紹介してきました。

 

例えば、アウターならダウンジャケット

インナーなら、コチラ

などなど、モンベル製品は冬に活躍するアイテムが目白押しです。

 

ですが、これだけでは足りないところもありますよね?末端の保護も大事ですが、首回りも大事です。

 

このニットマフラー、首回りの暖かさは申し分ありません。デザインも素敵なので、結構ひとめぼれに近い形で購入しました。

 

素材はニットですが、首回りのチクチクは少なく、合格点を与えられてよい製品です!!

 

ネックゲーターを持っているのに、あえてマフラーを購入するに至った理由

ここまでで、違和感を覚えられた方、正しいです。

 

モンベリストの私ですが、すでに首回りの防寒対策ということで、それに見合うアイテムを実はすでに持っているのです。

 

以前に、首回りの防寒ということで、モンベルのネックゲーターをご紹介しました。

すでに、ネックゲーターを持っているのに、マフラーを買うなんて、ちょっと違和感を感じますよね?

 

おまえは、モンベリストなのに、首回りの製品をダブって買うのか?という疑問です。

 

無駄なものを買わない、というのはウソだったの?

 

そう思うのは仕方のないことです。

でも、私なりに理由があるのです。

私が首回りの製品をあえて、購入した理由

ネックゲータがありながら、マフラーを買うという、ミニマリスト、モンベリストにとっては悪魔的所業

 

それをあえてやったのには、理由があるのです。

 

ネックゲーターについては、今でももちろん有効に活用しています。ですが、ちょっと使い勝手が悪いときがあります。

 

それは、仕事時。

 

自称モンベリストではありますが、裏の顔では、まだサラリーマンをやっております。TPOを考えると、例えば、スーツにネックゲーターという組み合わせは、ちょっと体裁が悪いのです。

 

回りの目を気にしない!と心に誓っていきると決めてはいますが、さすがにTPOをわきまえなくてはいけないときもあります。

 

この場合、マフラーのほうが都合がいいのです。

 

ということで、マフラーを結局購入しました。

ネックゲータとマフラーを使い分けて、冬を乗りきろう!

マフラーとネックゲータ、どちらも首回りの保温として重宝していますが、きっちり併用して使っている人は少ないのではないでしょうか?

 

私は、どちらも使っています。

 

私の使い方ですが、以下のように使い分けしてます。

ネックゲータ:自宅、ロードバイク
マフラー:外出時、出勤時

部屋の温度が低いので、ネックゲータを装着して冬の寒さを耐えています。もうひとつは、冬にロードバイクに乗るときに、ネックゲータを着用してます。

 

これがあるとないのとでは暖かさが断然違います!😄

 

一方のマフラーの方は、先程述べたように、TPOを考えての着用です。こう考えると、合理的に使用していますので、無駄はないと認識してます!!

 

まとめ

モンベルのニットマフラーフォレストをご紹介しました。とにかく、首回りを暖めるのには、このマフラーもそうですが、冬を乗りきる重要なアイテムです。

 

どんなシーンでも暖かくして風邪等引かぬようにしたいですね。

 

それでは、また!!

コメント