私がミニマリストからモンベリストに転身した真の3つの理由!

考え方

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

 

2017年も残すところ、あと2日となりました。振り返ってみると、今年一年、色々なことがありましたよね。明日、明後日は土曜日、日曜日なので、一応休日だよ!という人も多いのではないでしょうか?変わらずお勤めのかたは、ご苦労様です!!

 

年の瀬ですし、週末でもあるので、一年をゆっくり振り替えってみるのもよいと思います。私も、部屋の掃除をしながら(と言っても、断捨離してほとんどものがないので、そこまで気合いをいれてやってないです)、一人振り返っています。

 

私、弱虫眼鏡は、一応ミニマリストを志しています。昨年の今ごろと比べると、断捨離を続けてきたので、モノは8~9割は減ったとおもいます。もう、ミニマリストです!と言い切っても大丈夫かな?と思ってます。

 

まぁ、それはいいとして、もうひとつ志しているのがあります。そうです。モンベリストです。

 

モンベリストについては、以前の記事で言葉の定義を明確にしました。

そして、真のモンベリストという、またワンランクアップを目指して、立ち上がることにしました。

ミニマリストを志すのは、よくわかる話です。ある意味、流行りでもありますし、数年前の断捨離ブーム、そしてミニマリストという言葉。これだけ聞くと、『あぁ~、流行に乗っているだけだよな』何て思われても仕方のないことです。

 

でもそれだけではないはずです。

 

今日は、どうして私がモンベリストを志したのか?一度しっかりまとめておきたいと思います。

 

私がミニマリストから、モンベリストに転身した真の理由

近年、ミニマリストや断捨離はかなりの市民権を得ていて、それほど珍しいことではなくなりました。例えば、googleやyahooなどで、『ミニマリスト』と検索すれば、それはもう、数えきれないくらい、色々な人のブログ記事が出てきます。

 

同じく『断捨離』という言葉も、よく聞きますし、最近では、会話のなかでも使われる言葉となりました。私も『断捨離』という言葉を知ったのは、やましたひでこ氏の著書からでした。

 

余談ですが、当時本を購入したのは私ではなく、実家で見つけたのがこの本。親は断捨離ブームに乗っかり、この本で勉強したようですが、いまだに片付けは進んでません。帰省する度にモノが増えてます(笑)両親は片付けた、捨てた、減らしたといつも言い訳してますが…

 

ミニマリストのブログを見ると、色々参考になるところはあります。特に、無印良品はミニマリスト御用達何て言われています。確かに、無印良品はイイ(≧∇≦)b

 

それをあえて使わず、モンベルを使う。そこには理由があるのです。

 

その1・モンベル製品の質の高さに惚れこんだ!!

ミニマリストは、モノが少ない。その代わり、持っているものは厳選して、お気に入りのものを使う、そういう人が多いです。

 

私もその意見に賛成です。

 

少数精鋭で、生活を乗りきる!これがミニマリストの秘訣でもあり、醍醐味でもあると思います。そんな中で、気に入らないものを使い続ける意味はないでしょう。

 

となると次に、何を選ぶか?

 

私はモンベルを選びました。それは、一つ一つの製品の品質の高さ。勿論、お値段もそれ相応ですが、決して手の届かないものでもない。登山道具として培った技術で高品質を保っているのでしょう。

 

例えば、写真に出てきた靴下ですが、2足をヘビロテして使って1年以上使ってますが、まだまだ使えます!靴下は3ヶ月も使えば、仕事柄ヨレヨレ。最悪、かかと等に穴が開くのが、私の中での常識でした。

 

それをイイ意味で覆してくれました。

 

品質が信頼を生む。

これが、1つ目の理由です。

 

その2・回りのミニマリストと異なる個性を出したかった!

ミニマリストのブログや、本を読むと、よく出てくるのが無印良品。先程も書きましたが、無印良品は、その名の通り、良品です。シンプルで飽きの来ないデザインなので、人気が高いのも伺えます。

 

私もよく無印良品の店舗には足繁くかよって、どんなものが売られているのか?役立つアイテムはないか?探していましたが、最近はその機会も減りました。同じことを、モンベルショップでリサーチしてます。

 

ミニマリストなんだから、無地ラーでもいいし、ユニクラー?(ユニクリスト?)でもイイのですが、そこは回避しました。

 

なぜか?

 

ミニマリスト=無印、みたいな常識を捨てたかったから、人と同じのが嫌だったからです。

 

例えば以前に、非常識のススメを書いてます。

そもそも実生活で常識的に振る舞おうとして失敗してきたのに、それを捨てたくて、ミニマリスト始めたのに、ミニマリストが常識的なことをやっては、また失敗しそうです。

 

そうならないために、

自分がよいと思ったことをやる!それが非常識なことであっても!

それが2つ目の理由です。

 

その3・できるかできないか?ではなく、まず、やってみよう!

モンベルとミニマリストを融合してモンベリスト。こんなことを考える人は、あまりいないでしょう。モンベルは、生活雑貨に特化したブランドではなく、アウトドア専門メーカーです。そうなると、どうしても実生活では不都合が出てくる可能性はあります。

 

でもそこは、あえて挑戦してみる。冒険してみる。

 

できるかできないかではありません。

やってみる!

 

以前、ブログのタイトルを変更したことを書きました。まずやってみること、捨ててみることが大事。だからその心を忘れないように、ブログのタイトルにしたはず。

それなら、挑戦・冒険してみようじゃないですか!やらないで理由をつけるのはいくらでもできます。失敗するかもしれませんが、失敗したってイイじゃないですか!誰かが迷惑被るわけじゃないし。

 

挑戦・冒険。やってみよう!

これが3つ目の理由です。

まとめ

ミニマリストからモンベリストへ転身した真の理由を3つ書きました。まとめると

・モンベル製品の高品質と高信頼性
・他のミニマリストと違うことがしたかった
・まず、やってみよう!の精神

これが私がモンベルリストを目指す理由です。

 

まぁ、こうやって、モンベルをネタにすると、ブログ書きやすいというのもありますが、それだけでなく、実際製品を使ってみて、感じること、思ったことを整理して書いているので、仕事や実生活などにも、考えの整理の仕方スキルが身に付いて来ているかもしれません。

 

人間の中身もレベルアップできればいいんですけどね。

 

それでは、また!!

コメント