モンベルのトライパック30|ビジネスバッグとして真価を発揮する!


どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

モンベルは裾野が広い。たくさんのアイテムがあります。アウトドアでつかえるものが豊富なのはもちろんですが、それ以外にもいろいろつかえるんです。

だから、私が真のモンべリストを追求する理由のひとつにもなっています。

アウトドアと聞くと、カジュアルシーンでの使用がメインですね。非日常を味わうという意味では、そういうアイテムが豊富にあるというのは、いい考えです。

しかしそれだけでは、すべての生活を網羅することは出来ません。

私もサラリーマンですから、当然ビジネスシーンで使いたいというケーが少なからずあります。

でもそこは、モンベル、あります。

ビジネスシーンでつかえるアイテムはちゃんと用意されています。数は少ないかもしれませんがね。

今回はビジネスバッグをご紹介!

モンベルのトライパック30は大容量ビジネスバッグ!^^

コチラのビジネスバッグはモンベルのトライパック30といいます。

容量は30L入るので、2~3泊くらいの出張であれば、身の回りのものや仕事で使う書類、パソコン等も余裕で入る大容量です。

『mont-bell』のロゴが表面に施されているので、すぐにモンベルのものだというのがわかります(≧▽≦)

それが嫌だとちょっと困りますが、まぁそれほど主張はしていないので、問題ないでしょう。

ポケットの数が多いので、収納には困りません。逆にポケットがありすぎて、どこに何をしまったのか、よくわからなくなる場合があるのがタマに傷です。

素材は、撥水性も高いので、多少の雨では問題ないです。

ビジネスバッグとして、パソコンをどう収納するのか?というのがネックになるシーンがありますが、コチラのバッグはパソコン室がもうけられています。

クッション性も問題ありません。安心して持ち運びができます。

これもビジネスマンにとって、大きな嬉しい😃ポイントです。

3WAYなので、様々なシーンに対応ができる!

このトライパック30、3WAY対応なので、運びかたイロイロ対応することができます。

上の写真は、『肩掛け紐を装着した場合』です。というわけで肩掛けにすることもできます。

肩掛けにはパットが入っているので、長時間肩掛けで歩き回っても肩へのダメージも少し軽減されます。

もちろん肩紐の長さは調節可能です。

手提げ鞄としても使える多機能バッグ

あとトライパック30は、『手提げ鞄』としてもつかえるので、スーツ姿で歩き回っても、違和感を覚えることはありません。

荷物の少ないときは、写真でもわかるようにアジャスターがついているので、厚み方向の幅を調節して絞ることができます。写真のケースは絞って使っていますが、たくさんの荷物を積みたいときは、アジャスターを使って増やすことができます。

荷物の量に合わせて調整できるので、オススメ(*´∀`)♪

トライパックには30と40というサイズ違いがあるのですが、私の使い方であれば、30で十分ということで、30を選択しました。

容量に不満があれば40を選ぶ手もあります。

それほど巨大なバッグではないので、機内持ち込みはもちろんOKです。このバッグで普通に機内に入りましたが、CAから特に指摘を受けたりしません。

そして、もうひとつは『バックパックとしてもつかえる』です。

バックパックはビジネスマンには重宝されるモード!

そしてトライパック30は、写真のようにバックパックとしても使うことができます。使わないときは、肩紐を収納できますので、見た目はただのビジネスバッグと変貌します。

私の中で、このバッグを選ぶ決定的なポイントとなったのは

バックパックとして使える!

ところでした。

ビジネスシーンといえども、両手がフリーであるというのは非常にストレス負担が少なくていい。例えば満員電車に乗るケースがあるのですが、両手が塞がっていると、つり革に掴まるのもやりにくいですし、満員電車の身動きがとれない中で、自由が効かないのは不便です。

ビジネスで最高の?パフォーマンスを出すときに、移動や荷物の持ち運びで疲れてしまっていては、ダメですね。なので、少しでも負担を軽減したいというのは永遠の課題です。

と考えると、このトライパック30はバックパック状態に出来るので、素晴らしい機能です(^^)b

実際、使ってますが、長時間背負っていても、肩や首の疲れは少ないと感じます。モンベルは元々、登山用のバックパックの種類が豊富なので、

背負っていて疲れないバックパック

という製品に関しては、ノウハウを持っているのではないか?と思うくらいこのバッグから本気度が伝わってきます。

トライパック30のデメリットとは?

デメリットもご紹介するのが、私の流儀。

以下に私が思う、デメリットも書いておきます。

・手提げ鞄にしては、すこし大きくて嵩張る
・収納が多すぎて、行方不明になりがち
・収納は小分け室が少ない
・カラーが3種類のみ

あら探しすれば、欠点はいくらでも出てきますが、それを踏まえたうえで、納得して購入しているので問題ありません。それでも、デメリットは少ないアイテムです。

勿論カジュアルシーンでも普通に使っていても違和感ないですしね。活躍の場はビジネスシーンだけでなく、普段使い、旅行などにも使えますね。

ミニマリスト的には泊りがけの旅行といっても、必要最小限の荷物しか持って歩かないので、トライパック30くらいの大きさのバックパックで十分です。

このバッグでふらりと海外旅行に行く!というのもいいなぁ。。。

まとめ

如何でしたか?

モンベルはビジネスシーンでも十分に使えます。

ビジネスバッグは、サラリーマンにとって、お金を生むものです。

先輩からの受け売りですが、

『男がビジネスでいい仕事をするために、ビジネスバッグに金をケチるな!いい鞄が、いい仕事を生むんだ』

それに加えて、快適に使えるというのも大事なポイントだと思います。大事に使っていきたいと思います。

それでは、また!!