カルディのコーヒー全制覇への道|ウインターブレンド@ちょい濃い目


どうも。自称モンベリストの弱虫眼鏡です。

一部の方から大変好評をいただいているカルディのコーヒー全制覇への道シリーズ。しばらくぶりに復活します。

一段と冷える12月。心も体も冷えますね。

そんな時に、熱ーーーい、コーヒー飲みたくなりますよね。

コーヒーとは不思議な飲み物です。

好きな人には、魅了してやまない奥深さがあります。

テレビCMで必ず流れるのってなんだか知ってますか?

そう、缶コーヒーのCMです。

日本人って、缶コーヒー好きですよね。私も時々買います。

毎年のようにCMで新製品が出る缶コーヒー。

というか、コーヒー。

ちょっと刷り込み教育のような感じもします。

好きなコーヒーは、ブラック無糖

ミルクは入れたり、入れなかったり。

その時の気分で決まります。砂糖は入れません。なくても飲めますし、砂糖入れちゃうと、砂糖の味に引っ張られて、コーヒーの苦み、コクが感じられなくなっちゃうんです。

ということから関係しているのかもしれませんが、コーヒーは濃いめが好きです。

最近ファミレスに行って、ドリンクバー頼んでコーヒーを飲むんですが、店によってはエスプレッソが設置してあるので、そればかり飲んでます。

エスプレッソ、最高や~(/・ω・)/

また前置きが長くなりました(-_-;)

カルディのコーヒーですね。丁度前回のリッチブレンドがなくなったので、今回もカルディにて次のコーヒーを物色します。

今回はこれ、ウインターブレンドにしました!


カルディのウインターブレンドって?!

コチラが、ウインターブレンドのパッケージです。

いつものカルディの袋に、『Winter blend』のシールが貼ってある、なんともコストカットな一品です。いやいや、外観や外面で勝負が決まるわけではないよ。

本当に大事なものは目に見えない。

中身のコーヒーのお味がどうかというのが知りたいこと。

パッケージなんてどうでもいい。

とにかく、ウインターブレンドです。

カルディのホームページにはこうあります。

ビターチョコのようなほろ苦さと、ハーブを思わせるやさしい香り。果実味を感じる甘い余韻が特徴です。
出典:カルディ

また、評価表によると

・苦味寄り
・フルボディ寄り
・深煎り寄り

となっています。前回飲んだ、リッチブレンドよりも優しい味に仕上がっています。前回記事はコチラ

カルディのコーヒー豆全種類制覇への道|リッチブレンド

確かに前回のリッチブレンドに比べると、ほんのちょっと薄めです。でも濃いコーヒーなことは間違いないです。

バランス的には、ウインターブレンドのほうが優れているように思います。まぁ、これは好みの問題ですがね。

濃いめで飲みやすさを考えるなら、このウインターブレンドを試してみるのもいいかもしれません。勿論、濃いのがいい!というなら、リッチブレンドがいいですね。

ウインターブレンドの残念な点を語ります

ちょい濃いめのお味で、バランスの良さを感じるウィンターブレンドですが、弱点があります。それは

冬季限定商品であることです。

好きな時に、買えないんです(´;ω;`)

これはこのテイストが好きな人にとっては致命的です。

1年に冬の間だけしか買えない限定だからです。

これはどうにもなりません。

コーヒー豆って買いだめはしない方がいいです。特に挽いた後の豆は風味が徐々に落ちていくので、封を開けたら出来るだけ早く飲み切ったほうが最後まで美味しく豆を味わえる。

まぁ、逆に1年に1回、限定を待ってドキドキワクワクしているというのも気持ち的には分かりますが、我慢できますか?

カルディには、年中無休のウインターブレンドを出してもらうことを期待しています。

パッケージ裏のカルディ伝説が地味に面白い。

パッケージの裏なんかあまり見ないですよね。

でも意外と面白いことが書いてあります。『カルディ伝説』

もし読む機会があったら、読んでみてください。

どんな伝説に出会えるか、お楽しみに!!

まとめ

カルディのウィンターブレンドを紹介しました。

ちょい濃いめで、バランスの取れたお味は、結構イイです( ・∀・)イイ!!

期間限定なので、試してみたい方はお早めにどうぞ!

それでは、また!!


いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク