超軽量!質実剛健!モンベルのフェザースポークで食事はこれ一本でOK!


どうも。自称モンべリストの弱虫眼鏡です。

食事は生きる上で、欠かすことはできません。食べないと身体、動きませんよね。『モノを頂くときは、感謝して食べましょう』と教わったことありませんか?

最近の子供たちへの教育はどうなんでしょう?

教えてない、教えられていないことはないでしょうか?

ただ私が無知なだけなので、分からないだけですが。

食育という言葉を耳にする機会もあります。

食事が口に入るのが当たり前のような気がしますが、口に入るまでには気の遠くなるような苦労の末に、出来上がっているというのをついつい忘れがちになってしまいます。

えぇ、私もその一人です。

あらためて、感謝をもって頂きたいと思います。

さて、食べものを口に運ぶときにはどうしますか?手掴み、という人は少ないと思います。さすがに私も、ミニマリストを志す身ではありますが、手掴みで済ますという考えはありません。

しかし食器というのは毎日使うもの。

少し拘りたくなるのが、食器。

箸やスプーンなど、食事をする上ではなくてはならないものです。ですが、自称モンべリストとしては、ここも拘りたい!

先週、勝手にモンベル感謝祭で見つけました!

そこでゲットしたアイテムを紹介します!

フェザースポークというアイテムです!


モンベルのフェザースポークとは一体何?

モンベルのフェザースポークというのは、写真のものです。

簡単にいうと、スプーンとフォークが一体となったものです。スプーンの先端がフォークのように尖っています。

私が子供のころ、学校給食が出ましたが、その時使っていたのが先割れスプーンでした。ちょっと固いものなのが出たときには、先割れ部にさして使えるシロモノでした。

先割れスプーン、今でもあるんでしょうか?

モンベルのフェザースポークもこれに近い形をしてます。コレと、写真にもあるように、カラビナがセットで販売されています。しっかりモンベルのロゴが刻印されていますね。

私はとりあえず、家でつかうことを前提にしているので、カラビナは使ってません。他に活用方法があると思うので、カラビナについては、その時また紹介します。

フェザースポークはなんと、チタン製!驚異の軽さ!

このフェザースポーク、チタン製です!なんとも男心をくすぐる素材でしょうか?(いやいや、女心もくすぐるかもしれませんね。すみません)

重さなんと13g!

実際持ってみると、超軽い!見た目に反してものすごく軽いです!

何でフェザースポークという名前なのかよくわかりました。

『羽を持ちあげているような』感じを受けるからでしょう。

ちょっとチタンのウンチクですが、専門的なことを語ると長くなってしまうので、要約しますが、

・鉄よりも密度が小さい⇒同じ大きさで半分くらいの重さ
・強度は鉄に近い
・耐食性がある⇒サビにくい
・生体親和性がある⇒骨の代わりにチタン使っても大丈夫
・鉄よりは、価格が高い

といった特徴があります。スプーンだとステンレス鋼が一般的に使われますが、これをあえてチタンで作る。モンベルの気合を感じます。

まぁ、軽量ということで持ち運んで使うことを前提にしているので、チタンを選んでいると思います。登山なんかでは軽いほうが疲れませんからね。

登山だけではありませんが、プロは1g単位で持ち物を見直すとか。

要するにこのアイテムは、プロ仕様ということですね。

軽いだけではない、強度も十分アリ!

持ってみて、実際使ってみての感想ですが、軽いので華奢に感じますが、通常の使い方においては、折れそうということはありません。

柄の部分を曲げて加工しているので、強度が出ます。

こういう工夫はいいですね。

表面は少しザラザラしますが、特に気になりません。

また、テカテカ光沢はなく、逆に渋めの色合いです。

キズもつきにくく、強度もあるため長く使って行けそうです。

ミニマリスト的には、ここ重要です!

デメリットはちょっと洗いにくい

デメリットも上げるのが、私の流儀。

スポンジたわしで洗うのですが、表面の加工ゆえ、ちょっと引っかかります。強くこすると当然キズがつきそうなので、優しく洗うほうがよさそうです。いつものスプーンを洗う感覚だと最初は抵抗あるかもしれません。

モノをいたわって長く使いたいなら、優しく洗ったほうがいいです。

もしかしたら、今までのモノもそんなにゴシゴシ洗う必要も無かったのかもしれませんね。気づきませんでした(‘◇’)ゞ

まとめ

モンベルのフェザースポークを紹介しました。山でも使えますし、勿論、家でも使えます。これ一本あれば、殆んどの食事はまかなえるのではないでしょうか?

旅先にもっていって使ったり、キャンプなんかにもいいですね。

私も活用方法を色々考えます!

それでは、また!!


いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク