『頑張れ』という言葉はもう断捨離!『頑張る』かどうかは自分次第!


どうも。自称モンベリストの弱虫眼鏡です。

いきなりですがみなさん、頑張ってますか?

勉学に。仕事に。育児に。遊びに。色々。大いに結構。

ふと思うのですが、自分が波に乗っているとき、他人から、頑張れーって言われることは少なくないですか?

逆に、中々波に乗れない、辛いときに、頑張れーって言われることが多いような気がするのは、私だけでしょうか?

そんな時にこの一言を言われたら、やっぱり頑張りますか?それとも諦めますか?

殆どの人はこう思うはずです。

『あぁ、俺って(私って)、頑張りが足りないんだ。もっと頑張らなきゃ…』

ちょっと待ってください。本当に頑張りが足りないのでしょうか?

あと、頑張れ!って言われて、楽しいですか?


ほとんどの場合、みんな『頑張って』きた

実は頑張れと言われてる前に、既に幾らか頑張ってきてませんか?

全く何もしないで、頑張れと言われる場合もあるかもしれませんが、そういうことは殆どないはず。

むしろ、『もうちょっとで◎◎できる』『あと少しで〇〇になれる』という時によく聞くのが頑張れという言葉ではないでしょうか?

本人的にはもう十分頑張ってきたのに、ダメ押しでいわれる頑張れ

何故か空しくなりませんか?

そこからさらに何かしなさいと背中を押されるというのは、中々気乗りしませんよね?自分が望んでやりたいと思うことだったら、頑張れと言われる前にもう行動しているはずです。

『背中を押された』という言葉もありますが『頑張れ』って言われたからですか?もっと、具体的に何かがあって『背中を押された』はずです。

頑張れるかどうかは結局自分次第、人に左右されるものではない

頑張るという言葉は、結局、自分自身が使う言葉です。

自分がやっているその行為、行動に他人がとやかく言う話ではないし、それをもっとこうしてやろう、ああしてやろうと思うかどうかは、その人自身の問題です。

やりたきゃやるし、いやならやらない。

頑張るかどうかは自分次第。

決して人に促されてやるものじゃない。

他人の頑張れ!で頑張っているうちは、自分が無いのと同じです。そして、頑張れって、結構無責任な言葉です。

いったい何を頑張ればいいんですか?

具体性が、無い。

根性出せ、とか、気合を入れろ、とか、頑張れ、とか。

どれも具体的な表現じゃないですね。日本語にはこういう言葉が多すぎます。そういうことを書くと、空気読め、とか、常識だろ、とか言われますがそれを読み取るのはなかなか難しい。

みんな頑張りすぎて疲れているのに、さらに追い打ちの頑張れ…

もう嫌です。

他人に対しての頑張れは極力使わないように断捨離しよう

そこで新提案!『もう、他人に対して頑張れは使わない』というのは如何でしょう?

いやいや頑張っても、嫌な思いをするし。

無理やりやっても、成果は出にくい。

自発的じゃないから、楽しくない。

他人のためを思うなら、頑張れという言葉は封印してしまうというのはどうでしょう?そうすれば、ギスギスした社会もなくなるかもしれません。

あ、あくまで他人に向けての頑張れは使わないということで、自分で頑張りたい!と思って、自分自身に発破をかけたい時は使ってOKです。

まとめ

私自身、頑張れ、頑張れ、といわれ続けて大人の仲間入りをしました。で、頑張ってきたその先に何があるのか?と考えたとき、やっぱりまだまだ頑張れ、頑張れ、と、頑張りが足りないようなのです。

正直、自分の身の丈以上に背伸びをし過ぎて、頑張り疲れしているような気がします。

ここでちょっと一息ついて、自分で一歩を踏み出すために蓄えるか?それとも今まで通り、お尻を叩かれて前に進むか?

選択肢が2つあるとするなら、私は前者を選びたい。

だから、他人にはもう、頑張れは使わないと心に決めた。

でも時にはそんな思いも忘れて、頑張れを使ってしまうかもしれませんが、それは長年染み付いたものが、取れていないだけだと思ってください。

それでは、また!!


いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク