ミニマリストにプリンタは不要!約1年経って経験が確信に変わった!

断捨離

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

 

断捨離を考え始めたのが、ちょうど去年の今ごろでした。人生色々あり、なんかどうでもよくなって自暴自棄になりかけていた頃でもあります。

 

このままじゃいけない!とおもって何かを始めよう!と考えて、まずはモノを捨てることから始めました。

 

そんなときに目に飛び込んできたのがそう、プリンターです。

 

プリンターって、今では家庭にあるのが当たり前の商品です。大昔は、テレビ、冷蔵庫、洗濯機が『三種の神器』といわれました。

 

プリンタも出始めの頃は、恐ろしく高くて、庶民が手にできるようなシロモノではありませんでした。

 

しかし、今では、パソコンの普及と、パソコン本体の低価格路線に伴って、プリンタもかなり安く購入することができるようになりました。

 

メーカーから毎年のように発表される、プリンタの新製品、10年以上前には考えられなかった、機能がたくさん盛り込まれていて、技術の進歩に驚かされます。

 

そろそろ、年賀状をプリンタで作成する!と準備始めている人たちもいませんか?

 

年賀状作成、12月に入ったらあっというまに、時間が過ぎて、間に合わない!って感じですね。私もそうです。

 

ところで、そんなプリンターですが、プリンタの使用頻度ってどれくらいあるか、把握してますか?

 

いや、ウチはガンガン使ってる!

私は、週一で。

いや、使ったのいつだったっけ…

 

って感じではないでしょうか?

 

一度、目をつむって、考えてみてください。

 

どうですか?

 

以外と使用頻度少ない気がしませんか?

 

私はというと、すでにプリンタを断捨離していますので持っていないののですが、1年前にそうやって考えた時には、驚愕しました!

 

…年賀状を作るためだけ稼働

 

これが現実だったのです。

1年に1回しか使わないのに、多くの場所を占有している!

 

プリンタのサイズって結構大きくありませんか?世の中に普及は進みましたが、サイズに関しては、それほど変化していません。

 

何故でしょうか?

 

色々理由はあると思いますが、よくわかりません。ひとつは『多機能過ぎて、コンパクトに出来ない』のでは?と推測してます。

 

世の中の製品は、一旦普及が進むと、コンパクト設計というのが主流になります。単純にダウンサイジングする場合もありますが、体積そのままでも中を広くとるケースが多いです。

 

例えば、自動車はイメージしやすい。

 

よくCMで、『従来よりも広々!家族も満足!』というのを見かけたり、聞いたりしませんか?

 

プリンタも同じ運命をたどっているのではないか?

 

最初に誰かが決めた大きさそのままに、機能や何かをアップグレードしているから、大きさが変わらない。

 

そう思います。

 

もうひとつ、『世の中の常識として、プリンタはこれくらいの大きさ。そういうもんだ』という、ユーザーの意識が変わらないから。

 

もしかしたらこっちの方が大きいのかも。

 

私だったら、今のサイズの1/4くらい小さいプリンタが出てきたら、購入を検討するかもしれません。

 

そういうものも需要あると思うのですが。

メーカー各位は検討してみては如何でしょうか?
 

使用頻度が少ないのに、インク切れにマジギレする!

場所問題の次に、インク切れ問題があります。

 

まぁ、1年くらい放置しておいて、文句を言うのもなんなのですが、聞いてください。

 

一年使わないと、インクって乾くんですか?

 

結局、毎年のように年末にインクを買いにいくこと担ってしまいます。

 

えぇ、管理が悪いのは承知してます。

 

でも、声を大にして言いたい!

 

何とかならないものか?

 

これがビジネスだからしょうがないと認識しているつもりではあるのですが、やっぱりね…

プリンタをめぐる煩わしさから解放されたかった。

毎年の恒例行事と化していた、プリンタをめぐる攻防。これに終止符を打ちたいというのが希望でした。

 

最終的にプリンタを断捨離することになりましたが、なくしてしまっても、なんの問題もありません。

 

今では、煩わしさから解放されて、快適に過ごしています。

 

なぜ、あんなにも、プリンタを購入するのに一円でも安いものを購入するのに血眼になって探していたのだろう?

 

なぜ、毎年インク切れに憤りながらも、師走の忙しい中、インクを買いに家電量販店をかけずり回っていたのだろう?

 

もう、おさらばしました!!

プリンタがなくても問題ない理由をまとめておきます

そうは言っても、『不便なんじゃないの?』と思う人もいるはずです。

 

もとから使用頻度少なかったので、問題はないといいながら具体性に欠けるので、イマイチ、ピンと来ないものです。

 

なので、プリンタ不要論の理由についてまとめておきます。

 

スマホがあるので、紙に打ち出す必要がなくなった

今や、スマートフォン持っていない人がいないくらい普及してます。

 

中には2台持ち、3台持ち何ていうツワモノもいます。

 

例えば、クーポンを紙に印刷して持っていく、ということで、プリンタが必要ということも以前はありましたが、今では、スマホのアプリでそれを代用できてしまいます。

 

あるいは、タブレットを使ってもできます。端末自体がそれほど重たいものではなくなってきているので、紙の代わりに持って歩くこともできるようになりました。

 

要するに、紙を使わなくてもよい環境が増えているからです。

 

どうしても紙が必要なら、コンビニで印刷できる!

公的資料をコピーしたい時、たまにありますよね?そういうときは、プリンタがあれば便利です。

 

でも、ちょっと待ってください!

 

そういうものをコピーする頻度、よく考えてください。年に何回もありませんよ?

 

コンビニに行けば、コピー機がおいてあります。クオリティを問わなければ、10円払えば印刷できます。

 

10回利用したって、100円です。

 

プリンタでやった方が1枚当たりの紙代は安いです。でも、維持費を考えてますか?インク代やそもそものプリンタ導入費用、故障したら修理するか、入れ換えたり、出費はかさみます。

 

年賀状だって、コンビニでできますし、写真屋で頼めばまだまだやってくれます。最近では、ネットでデータをやり取りすれば、印刷してくれるサービスもあります。

 

プリンタ使ってまでやること、ありますか?

 

他にもアウトソーシングできるサービスはたくさんあります。そういうのを上手に利用すればいいのです。

 

私はよくコンビニ利用しますし、ついでにプリントすることもあるので、わざわざ家でやることもない。

 

煩わしさから解放された方がよくないですか?

まとめ

プリンタを断捨離した結果は、あくまで一例です。他にも常識的に『持つのが当たり前』『持ってないと恥ずかしい?』と思う一品は他にもたくさんあります。

 

そういうものを捨ててみて、改めて振り帰ると本当に必要だったのか?常識があってるのか?が見えてきます。

 

不要なものをなくして、浮いた時間やお金で別なことをやりましょうよ?

 

その方が有意義な人生を送れますよ。きっと。

 

勿論、モノを持っていた方がいい!という人もいますので、それは否定しません。私もモノを捨てることや、考え方を強制したくないですし。

 

世の中には私のような人もいるのだな、と参考にしていただければいいのです。

 

それでは、また!!

 

コメント