ミニマリストが断捨離するのは自分の器の大きさを見極めたいからだ!


どうも。自称モンベリストの弱虫眼鏡です。

ミニマリストを目指して、断捨離実行中ですが、今更ふと思ったことがあります。何のためにミニマリスト目指して断捨離しているのか?

あなたは、この問いかけに対して、明確に『〇〇だから、○○です!』ってこたえられますか?答えられる人は正直うらやましいです。

私も、『こうです!』って答えたい。

でも未だ、明確な答えが出ません。明確なイメージが出来てないと、ただ流行を追っかけているだけになってしまい、1年後、2年後、数年後もミニマリストとして活動し続けることが果たして可能でしょうか?

仕事でもそうですが、『目標(ビジョン)』『計画』が大事だと。

ミニマリストを目指すと、『計画』の方は何となく建てられるんじゃないかと思いますが、『ビジョン』の方は中々難しいです。

ちょっと難しい話をしますが、興味があれば記事読んでください。


ミニマリストが断捨離するのは、自分の器の大きさを見極めようとしている?

断捨離して、『あれやりたい』『これやりたい』というのも確かに『ビジョン』だと思います。

あれやこれやるためには、モノを減らして、身軽にして、やりたいことをじっくり考える、そして実行する。

でもそれだけでは無いんじゃないでしょうか?

モノの断捨離を通して、心の断捨離もする。

そして心の断捨離をしていくと、自分の器が見えてくる。

そして心の器の大きさが、分かる。

最後の心の器の大きさ、いいかえると『度量』というんでしょうか?そういうのが見えてくる。

『度量』の大きさが分かると、人にやさしくなれる?

モノも一杯、心もいっぱいいっぱいだと、自分の『度量』がどれくらいあるのかわからなくなってしまいます。

余裕がないものだから、神経質になったり、イライラしたり、怒りっぽくなったりしませんか?度が過ぎると、何も考えられなくなったり、妙にハイテンションだったりします。

そういったときに、人と接すると、どうでしょうか?

大抵、うまくいきませんよね?

私も全然うまくいきません(泣)

冷たくするつもりもなければ、横柄な態度をとるつもりもない。ただ心に余裕がないだけなんです。

自分の『度量』がわかれば、無理はしないし、ストレスも溜まらない。これって、すごくいいことじゃないですか。

自分の限界が分かっている、ってことなんです。きっと。

でも、みんなわかんないから悩む。

じゃあ、どうするかというと、まずモノを『断捨離』するんです。そして、不要なストレスをも『捨てる』。

器が空っぽになれば、大きいものに器を買い替えることも出来る

この器のように、空っぽであれば、器自体を『買い替えようか?』となります。大きい器が欲しければ、買い替えればいいし、『そのままでいいや』と思えば、それでもいいです。

でも、器にいっぱいいっぱいモノが入っている状態で、いきなり器を買い替えようとするとどうなりますか?

モノがあふれてしまいますね。

なかにはモノが入った状態で、買い替えるという猛者もいるかもしれませんが、私には到底できそうにもありません。ならば、一つ一つ、器の中身を確認して、必要なもの、そうでないものを分別して、必要ないものは捨てていく。

そうやって、器の空のスペースを少しずつ増やしていけば、身軽になって、器自体を変えることも楽にできるようになります。

最終的には、人としての『度量』が大きくなって、細かいことは気にならなくなるし、他人にも優しくなれるはずです。

まとめ

色々難しいことを書きましたが、断捨離を進めるということは、

自分の器の小ささを認める。そして、器を大きくしようと試みることなのではないかな?と考えます。

いつか『度量の大きな人』になれるといいな、と思いながら断捨離します。勿論、『頑張ってやる』つもりはなくて、自然にそうなればいい、くらいの気持ちで、ゆる~くやります。

それでは、また!!


いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク