期日前投票して思うこと。世の中変わらなくても、明日の自分は変わる


どうも。自称モンベリストの弱虫眼鏡です。

明日は大きなイベントがあります。そうです選挙です。正式名称は『第48回衆議院議員総選挙』です。

私は訳あって、一足先に『期日前投票』に行ってきました。期日前に投票に行ったことは今までなかったのですが、いつもの選挙と変わりがあるわけではなく、投票自体はスムーズに行えました。

期日前投票と当日投票の違い

1点期日前投票では当日投票するのとでは違うところがあります。宣誓書を提出することになります。一応『しかるべき理由』があるという前提での投票になりますので、レ点チェックを入れて投票所にもっていけばいいです。

私は宣誓書に記入して持っていきましたが、投票所にも宣誓書を書くコーナーが設けられていたので、最悪投票用紙だけ持って行っても何とかなるかもしれません(投票所によっては設置されていない可能性もあるので注意)。

実際、投票所は大混雑!長蛇の列が出来ていました。どうやら明日の台風の影響による悪天候を回避するために、前もって投票に来ている人たちが多かったようです。


投票してきて改めて思う、政治に対する考え

ネットやメディアを見ると、今回の選挙に対して色々な報道が見ることが出来ます。大方の予想では与党優勢という見方が強いみたいです。

選挙期間中は、普段と情報の入ってくる量が違うのでので、嫌でも政治に対する『何か』を考えることになります。普段は全くと言っていいほど関心はありません。

そしてそんな中、一票を投じるわけです。

一票を投じる行為に対して『何も考えない、感じない』のであれば、わざわざ投票所に行って投票する必要もないかもしれません。

しかし投票用紙が回ってくるので『何か』を考えるきっかけになる。そして興味があれば、調べざるを得ない。

この選挙期間中だけでもいいので、普段考えない、感じない『政治』のことも考えてみるというのも、大事なことなんじゃないかな?と思います。

明日、選挙が終わっても、世の中は直ぐに何も変わらない

明日投票が終わっても世の中が劇的に変わるということも殆どないでしょうし、仮に予想に反した結果になって野党勝利なんてことになったとしても、直ぐに変わるというのは考えづらい。

となると、『生活は何も変わらない』となるでしょう。

どうせ何も変わらないと思いがちですが、政治や選挙に対して過度に期待するから、失望感が生まれるんじゃないでしょうか?

そんな過度の期待なんて『断捨離』した方がいい。

明日の自分が変わることに注力する

そんな期待よりも、これまでの色々な人の意見を聞いて『自分が変わる』ことに注力したほうが、いいと思います。

自分が変われば、
 
・生活が変わるかもしれない
・住むところや仕事が変わるかもしれない
・人間関係が変わるかもしれない
・もっと豊かになれるかもしれない

メリットが沢山出てくる可能性があるんです。勿論、その中で選挙の本題である『政治』のことについても、色々考える余裕も出てくるかもしれません。

自分の中の少しの変化が、大きな変化につながる可能性も秘めているとしたら、そっちに注力したほうが良くないですか?

まずは出来るところからやる!です。

『政治って・・・』って難しく考えるから嫌になるんです。だったら身近なところから始めてみませんか?

私だったら、まずは断捨離ですね。

まとめ

一般人が、世の中変えるなんて中々難しい。まずは自分を変えるところから始めるのが良い。そんなきっかけになるんだったら、選挙に行って一票を投じるのもアリだと思います。

明日は台風ですが、投票に行かれる方はお気をつけていってらっしゃい!

それでは!また!!


いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク