モンベルでビジカジ!買うべきコート候補は4つ。それぞれ特徴あり

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

モンベルでビジカジ企画。ネタがかなりなくなってきたような気がしますがまだまだいきます!アウトドア専門のモンベルでビジネス&カジュアルなスタイルが出来ないか?もっと言うと、ビジネスシーンでも、モンベルが使えないか?という疑問です。

何度も書いて恐縮ですが、真のモンベリストを目指して、モノというモノを全てモンベルに替えてしまおうというのが、根底にあります。これを達成する!まぁ、自己満足なのは分かっているんですけどね。決めた目標は、達成したいでしょう?そのために、やってます。

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 モンベル製品について、今まで色々ご紹介してきましたが、ここで、ちょっと宣言します。 真のモンべリスト、極めます! ここまで来たら、やっちゃおうかなと。 真のモン...

あまりかたくなっても、アレなので、もっと単純に考えて、モンベルでビジネスシーンを乗り越えられるのか?そうでないのか?を、検討してみよう!ということです。

とにかくここまで、色々ビジカジできそうなモノをまとめてきました。これまでを整理すると以下です。

・靴下 → 済

・靴 → 済

・上着 → 済

・シャツ → 済

・パンツ → 済

コート

・バッグ

・腕時計

次は、コートです。コート?モンベルでコートなんてあったかなぁ((( ;゚Д゚)))

ともかく、今回はコートを取り上げてみることにします。

スポンサーリンク

モンベルにコートあるの?どんなコート?

モンベルでビジネスシーンでも使えそうなコートってあるんでしょうか?ビジネス、つまりスーツ来た状態で、上からコートを羽織る。こんなシーンはいつでしょう?そうです。冬ですね。

春夏秋なら、コート着なくても、スーツだけで行動することも、まあ、出来ますよね。夏はジャケット着ると暑いので、最近、クールビズはもう市民権を得ていると思います。わたしの会社でもそうです。だから上下フルセットの時期は春秋そして冬。冬はさすがに、スーツだけでは寒いので、上からコートを羽織りたくなります。

ビジネスシーンで着るコートといえば、わたしのイメージだと、トレンチコートなどのロングコート。膝下くらいまである長めのモノが想像できますね。そんなの、モンベルにあったかなぁ?って。

一応、いくつかロングコートが出いるので、わたしの独断と偏見でチョイスしました。一緒に確認していきましよう(^^)/

ダウンライナーコート

高品質のダウンを超軽量素材のライナーベストに封入した軽やかなコートです。ライナーベストはジッパーで簡単に取り外しができ、寒暖差が激しい時期にもこのコート一着で対応できます。表地にポルカテックス®加工を施し、小雨や雪を弾き、汚れも付着しにくくなっています。左胸には、フロントボタンを開けることなくアクセス可能なナポ...

1つ目。ダウンライナーコート。コート表面は撥水性の高いモンベルのオリジナル素材、ポルカテックスで作られています。雨の日でもこれを着れば、濡れることなく、過ごすことが出来ますね。

またこのコートは、インナーとして、ダウンベストがついています。ダウン性能を示すフイルパワーは725あるので、かなり暖かいと想像できます。着脱可能なので、寒く無いときは外して使えばいいし、寒ければベストをつけて着ればいいわけです。長くつかえそうなのはポイント高いですね。

デザインもスーツにもジャケットにも合いそうなので、ビジカジのコートならこれを選ぶといいかも。

U.L.トラベルダウンコート

大変軽量でコンパクトに携行できるダウンコートです。軽量感と強度を併せ持つ極薄シェル素材を採用し、超高品質800フィルパワー・EXダウンをシングルキルト構造で封入。光沢を抑えた落ち着きのある表情でビジネスシーンでも活躍します。フロントはジッパー開閉式を採用。

2つ目。U.L.トラベルダウンコート。あのダウン素材をコートにしちゃいました。フイルパワーはわたしも愛用している、スペリオダウンジャケットと同じ800。軽量なのはいうまでもありませんね。

冬の間は兎に角お世話になったダウンジャケット。コートになっても、性能は問題なし!と実戦投入して、経験済みです。

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 10月に入って、気温がどんどん下がっています。こういう時期は体調を崩しやすくなりますが、あなたは風邪など引いてないですか?身体を暖かくして過ごしてくださいね。 気温自体...

ただ、春秋にちょっと羽織る使い方はあまり相応しく無い感じがしますし、見た目、ダウンなんでビジカジスタイルにマッチングするか…ちょっと考えモノですね。

3in1 トラベル ダウンコート

防水性のアウターとダウンインナーを分離できる、軽量コートです。アウターには世界最高水準の防水透湿性と軽量コンパクト性を実現したゴアテックス®パックライトファブリクスを採用。インナーには軽量な生地を使用し、中に超高品質ダウンを封入しています。簡単に取り外せ、単体でも着用できます。ビジネスにもマッチするデザインを採...

3つ目。3in1 トラベル ダウンコート。超撥水性素材、ゴアテックスのアウターと、ダウンジャケットが一体になったコート。もちろん、中のインナーダウンジャケットは取り外し可能。こちらもフイルパワー800のEXダウンを使っているので厳冬期の寒さ対策はバッチリですね。

アウターは撥水性抜群のゴアテックス。こちらも超有名な素材なので、水も漏らさぬとは、このコートかもしれませんね。ダウンジャケットを持っていなくて、アウターも一緒に欲しいと思うのであれば、購入してもよいかも。逆にどれか持っているよって思うのであれば、ちょっと手は出しにくいですね。なんせ、値段がかなりアレですから。

コンパクト トラベルコート

軽量コンパクト性に優れた、防風・撥水コートです。生地表面にはポルカテックス®加工を施しているので、多少の雨なら難なくはじき、汚れも付着しにくくなっています。コンパクトに収納でき、すっきりとしたシルエットなので、ビジネスや旅行に最適です。

4つ目。コンパクト トラベルコート。こちらは、軽量、コンパクトに収納できる撥水コートです。こちらは、わたしも実物を見てきたのでわかります。

確かに、上の説明通りなんですが、思った以上にペラペラ。厳冬期にこれ一枚で過ごすのは無理だと思います。春秋にちょっと雨が降って少し肌寒いから、ちょっと羽織るぐらいがいいでしょう。デザインは、うーんどうなんでしょう?わたしにはスーツやジャケットと併せて着こなす自信、ありませぬ(*_*)

収納コンパクトなので、雨合羽感覚で使うのがいいのかもしれません。

他にもコートはもちろん、設定あるみたいですが、カジュアルっぽかったり、値段がマッチングしなかったりななかかか選ぶのは大変そうです。

まとめ

モンベルのビジカジ。今回はコートを選んでみました。この中でイチオシは、ダウンライナーコート。ビジネス&カジュアル、どちらもイケるのはこれ!

まだ持って無いですけど。

それでは、また!

スポンサーリンク