人の心を動かすためには信念と真心そして言葉が重要とあらためて感じた


どうも。自称モンベリストの弱虫眼鏡です。

Twitterで何度もつぶやいていますが、今日は『東京大作戦1014』が行われました。私もこういうイベントには今まで参加したことなかったのですが、今回思うところがあって、参加してきました。

今回参加してみて思うところがあったので、記事にしておきたいと思います。

街頭演説を真面目に聞くのはいい経験になった

行ってみてまず思ったのが、ものすごい人の数!最初は野次馬かな?と思ってみてましたが、みなさんちゃんと聞いてましたし、ヤジる人もいなかったように思います。

あと、こういう選挙の街頭演説というのを今回のように真面目に聞いたことは殆んどありませんでした。が、チャンスがあるなら、こういう機会が身近にあるのならば、聞きにいったほうがいいな、と思いました。

たまに駅前でしゃべっているのを聴いていると『何話してんだろ?朝からご苦労様』くらいにしか思ってませし、さほど関心もありませんでした。

いつも関心を持とうという気はありませんが、せめて国政を担う選挙前なら聞いておいて損はないと思います。

だって、ある意味私たちの将来がかかっているんですから、だれが何を言っているのかを把握しておく方がいいと思いませんか?


人の心を動かすためには、信念と真心を言葉に乗せて訴えることが必要

政策の中身については、あと一週間ありますので、よく吟味して共感できる部分があるかどうかを個々人で考えればよいと思います。そして投票に行けばいいと思います。

今回の街頭演説で、私と同じように心を動かされた人も少なくないのではないか?と思います。

じゃあどうしてそう思ったのか、それは『言葉にチカラ』があったから、具体的には『信念と真心』があったからではないか?と思います。

それよりも、なんというか、当たり前のことを言っている風なのですが、どこか説得力があるように聞こえる。じゃあ、その源泉が何かというと『信念と真心』が人々の心に届いたからかなと思いました。

政策に関しては全て共感できるか?と言ったら現時点では答えはNOですが、何故共感できないのかをこれから考えればいいことです。

人の心に届くブログ発信力を身につけるのも『信念と真心』が必要なのかも知れない

ブログのアクセスアップも、考えてみると自分の記事にどれだけファンになってもらえるか?が重要ですが、それを達成するためには、人の共感を得られるかどうかにかかっていると思います。

そうなるとブログ記事に『信念と真心』が宿れば、共感を生み結果的にアクセスアップにつながるかもしれませんね。

まとめ

政治家から学ぶということは今までありませんでしたが、今回の経験はもしかしたら、ブログ執筆の上でも貴重な体験をしたかもしれません。私も負けずに『信念と真心』をもって書き続けます。

って、選挙演説みたいですが、堅苦しく気張らずにやっていきます。

それでは、また!!


いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク